ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

薬剤師 の記事

「薬剤師」の仕事内容、働き方、平均年収、資格など紹介:r000016001121 | PARAFT [パラフト]

2016.09.11

薬剤師 の記事2016.09.11

変化に応じ長く働ける薬剤師

「薬剤師」の仕事内容、働き方、平均年収、資格など紹介

keyword: 薬剤師 大学 国家資格 病院 製薬

このエントリーをはてなブックマークに追加
薬剤師の仕事というと、病院で作成された処方箋を元に薬を調合し、患者さんに渡す業務がよく知られています。しかし、他にも薬剤師の資格を活かせる仕事はいろいろあります。今回は、あまり知られていない薬剤師の仕事や平均年収、資格を取る方法などを紹介します。社会人入試を行っている大学もあるので、興味を持ったらぜひチャレンジしてみてください。

2016.09.11 文章 / PARAFT編集部

薬剤師資格が活かせるお仕事には、このようなものがあります

▼ 調剤薬局勤務
→病院で作成された処方箋を元に、患者さんに薬を渡す仕事です。

▼ ドラッグストア・薬店勤務
→調剤コーナーがある店・ない店があるのですが、患者さんにとって適切な市販薬を勧めるのが一番の仕事です。

▼ 病院勤務
→医師の処方箋を元に、薬の調剤を行う他、病室で患者さんへの薬の説明・医師と治療方針を相談するなどの業務も行います。病院によっては、在宅医療の患者宅を訪問し、薬を適切に飲んでいるかなどの管理業務を行う場合も。

▼ 製薬企業勤務
→MR(医薬情報担当者)が薬剤師の資格を活かせる主な仕事です。医師や薬剤師・医療関係者に新しい薬の導入を提案したり、情報を知らせたりします。
薬の研究者になる方もいます。

▼ 治験コーディネーター(CRC)
→新しい薬の治験に立ち会い、患者さんへの聞き取り調査やケアなどを行います。

▼ 公務員
→厚生労働省の医薬・生活衛生局などで、国民の健康に関する問題を解決していく仕事です。ちなみに、麻薬取締官も薬剤師の資格が活かせます。

▼ ケアマネージャー
→介護のプランを組み立てる仕事です。

薬剤師の働き方にはどんなものがある?

① 薬剤師の勤務形態

▼ 調剤薬局
→病院の処方箋に基づいて薬を処方する仕事なので、会社員のように平日の日中に仕事するケースが多いです。

▼ 診療所勤務
→平日の日中勤務のケースが多いです。

▼ ドラッグストアや薬店
→土曜・日曜・祝日が忙しいので、平日以外に働くケースも多いです。

▼ 病院勤務
→シフトによって夜勤や土曜・日曜・祝日出勤が入るケースもあります。

▼ 製薬企業勤務や公務員
→原則は平日勤務ですが、業務内容によっては休日勤務も。

② 女性薬剤師の働き方

結婚や産休のタイミングで仕事を辞めたり、パート・派遣社員になる方が多いです。その場合、子育てが一段落した後、正社員・パート・派遣社員として再就職するケースも。産休中は収入は少なくなりますが、在宅ワークを行う方法もあります。病院などは女性の割合が多く、産休や育休制度が整っている勤務先の場合、時短勤務や夜勤・休日勤務の免除などが可能な職場もあります。

薬剤師になる方法や平均年収について

① 薬剤師の平均年収は?

薬剤師の平均月収は、人事院の平成27年職種別民間給与実態調査によれば、平均年齢36.4歳・369,217円です。ボーナスを年2回×2か月分で計算したところ、年収平均は約590万円になりました。会社の規模が大きいほど、より平均年収は高くなります。

② 薬剤師の年齢別割合は?

年齢別では、30~39歳(25.5%) 、40~49歳(23.8%)、50~59歳(20.8%)の順に多く、70歳以上も4.7%いるので、資格を持っていると長く働くことができます。

③ 薬剤師の主な就職先は?

薬学教育協議会の薬学出身者、平成28年3月卒業生および大学院修了者の就職動向調査結果報告書によると、薬局への就職者が34.0%で一番高く、ついで、私立大学病院付属病院・一般病院・一般診療所の薬局への就職者が19.3%、医薬品関連企業のMRが3.5%となっています。

④ 薬剤師になるには?

薬剤師の資格を得るには、6年制の薬学部を卒業し、毎年3月に行われる薬剤師の国家資格受験に合格しなければなりません。4年制の薬学部の場合、平成29年度までの入学者に限っては、卒業後、修士課程を修了し、薬剤師に必須な実習などをすることで、最短7年で薬剤師の国家資格受験が可能です。大学を卒業した社会人の場合、編入試験を受けることで、大学の2~4年次から通うこともできます。その代わり、募集が若干名なので狭き門となります。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

薬剤師の資格を持っていることで、結婚や出産などにより一旦仕事を辞めたとしても、特に地方では再就職率は高くなっています。有効求人倍率はまだ高水準をキープしていますし、薬剤師が求められる仕事も多様化していますので、女性には特にオススメの資格です。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
「薬剤師」の仕事内容、働き方、平均年収、資格など紹介:r000016001121 | PARAFT [パラフト]

OTHERS

変化に応じ長く働ける薬剤師

RELATED POST

関連記事はありません

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]