ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
iPhoneにmacbook、アップルは働き方をどう変えたか:r000016001185 | PARAFT [パラフト]

出典:Pixabay

Appleの記事

iPhoneにmacbook、アップルは働き方をどう変えたか:r000016001185 | PARAFT [パラフト]

2016.10.08

Appleの記事2016.10.08

カギは圧倒的な拡張性にあり

iPhoneにmacbook、アップルは働き方をどう変えたか

keyword: Apple スティーブジョブズ iPhone クリエイティブ デザイン

このエントリーをはてなブックマークに追加
スティーブジョブズが創設した米・Apple社。iPhoneやMacbookなどのヒット商品を次々と生み出してきた大企業ですが、その歴史が始まったのはわずか約40年前。会社設立当初、スティーブジョブズはわずか21歳でした。そんなAppleが世界有数の大企業に成長するまでの40年間の歩みと、働き方に与えた影響を探ってみます。

2016.10.08 文章 / PARAFT編集部

Appleはガレージから誕生!? 起業したのはたったの3人

出典:Pixabay

Appleは世界的に知られたスティーブ・ジョブズ、スティーブ・ウォズニアック、それに資金を提供したマイク・マークラの3人が立ち上げました。

まず、ジョブズとウォズアニックが「Apple Computer I」を、ジョブズの実家にあるガレージで作ったといわれています(後にウォズアニックは「ちょっとした作り話」とそのことを否定しましたが)。当時、ヒューレットパッカードで働いていたウォズアニックは会社に商品化を提案しますが、却下されます。そのため、ジョブズとウォズアニックは自分たちで販売することを決意。ジョブズは自分の車であるワーゲンを、ウォズアニックはプログラミング電卓を売り、コンピュータの部品を買うための資金集めをしたというのは有名な話です。

その後、投資家であるマイク・マークラが加わり1977年1月3日、Apple Computerを法人化し、正式にApple社としての歴史がスタートしました。

しかし、Appleの歩みが順風満帆だったわけではありません。1984年にはスティーブジョブズがMacの需要を見誤り、過剰な在庫を抱えるという事態に陥りました。その影響もあり、ジョブズはAppleから追い出されてしまいます。

Appleを離れたジョブズはNextという新しい会社や、ルーカスフィルムのコンピュータ関連部門を買収したピクサーを立ち上げます。ピクサーは言わずと知れたアニメーション映画『トイ・ストーリー』の製作に成功し一躍有名に。

その後1997年2月、AppleがNextを買収し、ジョブズは非常勤顧問としてAppleに復帰します。ジョブズの復帰後、Appleは1998年にimacを発表、2001年には携帯音楽プレイヤーiPodを発売、2007年にはiPhoneを発表と、ヒット商品を生み出し続けてきました。

Appleが追求した、小型化と徹底的な機能美

出典:Pixabay

Appleの製品の特徴といえば、パソコン機能を持ったデバイスを手のひらサイズに納めた「小型化」。テクノロジーやインターネットは今や生活になくてはならないものになりましたよね。

また、シンプルでありながら高い機能性を持つデザイン。スティーブジョブズはインタビューで「私たちはデザインを見た目の美しさではなくどのように機能するかを一番に考える」と語っています。

MacbookでもIPhoneでも、分厚い取り扱い説明書はついていません。子どものおもちゃについてくる取扱説明書程度のボリュームしかないのです。それでも多くの人が商品を使い始めることができるのは、触っていれば直感的に使い方が分かるからでしょう。「多分これが正しい」と導くデザインの力が、製品に備わっているといえます。

それこそがAppleが理想とする優れたクリエイティブデザインといえるのかもしれません。

拡張する、スマートフォン市場と関連産業

出典:Pexels

Apple製品自体のもつ優位性の他に、アプリ開発など関連産業の発達と雇用の広がりも見逃すわけにはいきません。

日本では2008年以降にiPhoneが大流行し、人々の間に急速に広まっていきました。アプリやソフトウェアなどに関心をもつ人が増え、それに比例して技術者の数も増えていきました。また、スマホケースやイヤホンジャックなど、アクセサリーの開発も進みます。それらをデザインし製作する仕事ももちろん、iPhoneをきっかけとするスマートフォンの大流行がもたらしたものです。手のひらサイズの小さな機械は、人々のクリエイティビティを刺激して、世界をぐんぐん広げていきました。

また、世界中を惹きつけてやまない理由の1つには、こうした革新的技術を生み出したスティーブ・ジョブズが、高学歴・ハイキャリアといった層の出身ではないことも影響しているかもしれません。オリジナリティあふれるアイディアをもとに、日本でもベンチャー企業やスタートアップといった小規模企業に注目が集まるようになってきています。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

スティーブジョブズは2011年10月に亡くなりました。その日、Apple社の公式サイトは、トップページにジョブズのモノクロ写真を掲載。彼の死を追悼しました。ジョブズが亡くなっても彼の理念はAppleに受け継がれ、これからも私たちをワクワクさせてくれる新製品を生み出してくれることでしょう。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
iPhoneにmacbook、アップルは働き方をどう変えたか:r000016001185 | PARAFT [パラフト]

LOCATION

カギは圧倒的な拡張性にあり

RELATED POST

関連記事はありません

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]