ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

カラーコーディネイターの記事

「色」の専門家! 色彩検定やカラーコーディネイターとは?:r000016001218 | PARAFT [パラフト]

2016.10.09

カラーコーディネイターの記事2016.10.09

多方面で活躍色の専門家

「色」の専門家! 色彩検定やカラーコーディネイターとは?

keyword: カラーコーディネイター 資格 求人 専門家 色彩検定

このエントリーをはてなブックマークに追加
色に敏感な女性にとって特に有利な資格・カラーコーディネーター。カラーコーディネーター関連の資格として主に色彩検定とカラーコーディネーター検定がありますが、この2種類にどのような違いがあるのか。これらの資格を取ることでどのような仕事の求人があるのか、今回は以上の内容に迫ってみたいと思います。

2016.10.09 文章 / PARAFT編集部

① 色彩検定ってどんな資格なの?

色彩検定は、公益社団法人色彩検定協会(旧・社団法人全国服飾教育者連合会)により開催される検定試験です。1990年に1回目の試験が行われ、1995年に文部科学省認定の検定になりました。試験回数は試験によって異なり、3・2級は年に2回(夏と冬)、1級は年に1回(冬)開催されています。そのため、1級と2級、2級と3級は同じ日に受験が可能です。

特徴としては、一番初級の3級の試験は高校生・専門学校生・大学生など学生の受験者の割合が多いです。カラーコーディネーター検定に比べると、合格率は高い傾向にあります。服飾関係の団体が始めたこともあり、3級の時点からファッションに関する問題などが出題されるなど、ファッション系に強いです。1級の2次試験では、カラーカードを使用した出題もあります。

カラーコーディネーター関連の資格では、一番知名度が高い検定です。

② カラーコーディネーター検定ってどんな資格?

カラーコーディネーター検定は、東京商工会議所が主催の検定です。色彩検定よりも試験内容が理論的な傾向にあります。1995年に1回目の試験が行われました。試験回数は級ごとに異なり、3・2級は年に2回(夏と冬)、1級は年に1回(冬)開催されています。1級と2級、2級と3級は同じ日に受験が可能です。色彩検定よりもビジネスに強い資格と言われています。そのため、色彩検定よりも試験の難易度は高めです。

1級はファッション・商品・環境の3つの分野の中から1つを選んで受験します。同時受験はできませんが、翌年に他の分野の受験をすることも可能です。合格者称号付与制度があり、1級合格者は1級カラーコーディネーター(ファッション色彩・商品色彩・環境色彩)、2級合格者は2級カラーコーディネーター、3級合格者はアシスタント・カラーコーディネーターと名乗ることができます。認定講師制度もありますよ。

③ カラーコーディネートを活かした仕事とは?

色に関する専門家であるカラーコーディネーター。その資格を活かした仕事としては、以下のようなものがあります。

▼パーソナルカラー診断

→肌・髪・目の色により、その人に合った色をアドバイス。

▼企業のイメージカラーアドバイス

→企業の制服やオフィス・ロゴなどの色をアドバイス。

▼商品カラーデザイン

→パッケージデザインやディスプレイなどの提案。

▼空間デザイン

→建築計画や街づくりについての調査・コンサルティングなど。

▼色彩の講師

→子供に色の大切さを教える教室・会社向けのカラー研修・資格取得を目指す人向けの講師など、幅広い分野で活躍ができます。

▼カラーセラピスト

→オーラソーマなどスピリチュアル関連とユング心理学など心理学アプローチのものがあります。

それ以外にも、デザイン・ファッション・インテリア分野でこの資格は役立ちますし、デパートや花屋などの小売業、一般企業のデザイン・広告部門にも活かすことができます。カラーコーディネーター検定の場合、環境色彩の試験があることから、塗料などの科学分野や建築関係にも強い傾向にあります。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

色彩検定やカラーコーディネーター検定の資格は、士業のようにこの資格がなければ仕事できないわけではありません。しかし、資格を取得するために得た知識は、仕事をする上のみならず、ふだん洋服やメイクなどをする上でも役立ちます。もし興味があれば、資格取得を考えてみてはいかがでしょうか。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
「色」の専門家! 色彩検定やカラーコーディネイターとは?:r000016001218 | PARAFT [パラフト]

OTHERS

多方面で活躍色の専門家

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]