ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

ホワイトカラーエグゼプションの記事

米生まれ「ホワイトカラーエグゼンブション」とはどんな制度?:r000016001237 | PARAFT [パラフト]

2016.10.09

ホワイトカラーエグゼプションの記事2016.10.09

残業代ゼロは本当?

米生まれ「ホワイトカラーエグゼンブション」とはどんな制度?

keyword: ホワイトカラーエグゼプション 脱時間給 働き方 アメリカ 労働時間

このエントリーをはてなブックマークに追加
アメリカで生まれた労働法の制度のひとつ「ホワイトカラーエグゼンプション」。日本でも「脱時間給」「残業代ゼロ法案」などとして導入が検討されています。労働法の規制を免除・緩和することで、労働者の労働時間や給与などを守る役割が期待されていますが、働く側への認知度はそれほど高くないようです。今回は、ホワイトカラーエグゼンプションについて紹介します。

2016.10.09 文章 / PARAFT編集部

そもそも、ホワイトカラーエグゼプションとは?

ホワイトカラーエグゼンプションとはアメリカで生まれた労働制度の一種。デスクワークなどの仕事を中心とするホワイトカラー労働者に対し、「免除・控除」を意味するエグゼプションがついた言葉です。労働者は労働基準法により保護されていますが、ホワイトカラーエグゼンプションにより労働法の一部規制を免除、もしくは緩和するものです。

なぜ労働法で守られているにもかかわらず免除・緩和するのかというと、労働価値を時間の大小では計ることができない職種・状況があるからです。例えば、同じ仕事を能力が高い人と低い人にさせた場合、能力が低い人は高い人よりも長時間を要するため、能力が低い人の方が得をしてしまうことになります。このようなことから、能力の高い人は本人の自己責任で労働時間を管理できるようにし、結果として労働時間の短縮が期待できるというものです。

ホワイトカラーエグゼンプションの日本での背景と経緯

ITの発達など時代の流れとともに、時間や場所に縛られない働き方が可能になり、こうした現状に対応する新たな労働法のニーズが生まれるようになりました。

日本では2005年に経団連が提言を行い、厚生労働省において導入が検討されました。2006年の第1次安倍内閣において注目を集めていきましたが、残業代がなくなる側面ばかりが注目され「残業代ゼロ法案」として広まり、野党・労働団体・国民から反発の声が強くなっていきました。

2007年に対象者として「年収900万円以上」「企画・立案・研究・調査・分析の5業務に限る」という基準を作りましたが、法案は通りませんでした。2009年に政権交代したため、法案が議題として上がらなくなりましたが、2015年に「残業代ゼロ」制度として再び労働法改正案として復活しました。2016年の労働基準法改正の際に導入見込みでしたが、見送りとなっています。

制度導入における日本での問題点

▼ 雇用者側の不一致

ホワイトカラーエグゼンプションに関して雇用者側の意見が分かれています。日本経団連は全面的に賛成であるのに対し、経済同友会や日本商工会議所は中小企業の実態に即していないなどの反対意見から対立しています。

▼ 日本になじまない

日本人は個人ではなくチームで仕事をする傾向があり、成果主義を強めるホワイトカラーエグゼンプション制度は、日本では単なる賃下げで終わる可能性が高いと言われています。

▼ メディアによる情報が不十分

新聞・雑誌などのメディアではたまに掲載されていたようですが、TVメディアではほとんど報道されていないため、ホワイトカラーエグゼンプションに関する情報を全く知らないという人が多いのが現状です。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

ホワイトカラーエグゼンプションは労働法の制度であり、特定の職種の能力のある人には自己責任のもと労働時間を管理できるようにするために作られています。いまだ議論が続いており、問題点が多いのが現状ですが、社会全体の労働者にとってよりよい制度となるよう期待しましょう。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
米生まれ「ホワイトカラーエグゼンブション」とはどんな制度?:r000016001237 | PARAFT [パラフト]

CAREER CHANGE

残業代ゼロは本当?

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]