ロゴ | PARAFT [パラフト]
clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

ビジネススキルの記事

ワンランク上を目指したいビジネスマンが新聞を読むべき理由:r000016001244 | PARAFT [パラフト]

2016.10.14

ビジネススキルの記事2016.10.14

紙面を広げる醍醐味ココにあり

ワンランク上を目指したいビジネスマンが新聞を読むべき理由

keyword: ビジネススキル 新聞 ビジネスマン 新卒 経済 仕事

このエントリーをはてなブックマークに追加
年々、新聞の購読者が減っていることが報じられますが、今回は新卒・ベテラン、正規・非正規社員、会社員・フリーランス・個人事業主にかかわらず、新聞を読むことをオススメします! 話のネタが必要な営業や接客業の方はもちろん、リモートワークや在宅勤務といった一見、コミュニケーションが少なそうな仕事の方も、ご紹介する新聞を読むメリットを見てみてくださいね。

2016.10.14 文章 / PARAFT編集部

なぜ新聞購読数は減っているのか

社団法人日本新聞協会が2015年に行った調査によると、2000年に約5,300万部あった発行部数は、2015年には約4,400万部まで落ちているとのこと。特に若者は新聞を読まないと言われていますが、その理由の一つとして「お金がかかる」という点があげられます。

実際に、M1・F1総研が2010年に発表した「若者と新聞」によると、20~34歳男性の62.6%が、「料金がかかるから」を新聞を読まない理由として挙げました。また、24.5%が「ほかのメディアから得られる情報で足りているから」、22.8%が「ゴミが増えるから」と回答しています。こうした点から考えると、無料で後処理の必要もないweb記事の方が、情報収集の手段として現代のニーズにマッチしているようです。

web記事もいいけど…新聞購読をすすめる理由

では、新聞はwebのニュースサイトに負けているかというと決してそんなことはありません。新聞購読をすすめる理由の1つ目は、webでは興味のあるニュースしか読みませんが、新聞を手にすればあらゆるニュースに触れることができるから。それを機に自分には無縁だと思っていたテーマが頭に入ってくることがあり、思いがけず興味を持つ可能性があるのです。

また2つ目は、webでは速報性が重視されるあまり記事の正確性に欠ける場合がありますが、その点、新聞は正確性に長けているから。ノウハウを積んだ大手新聞社、そして確かな経験を積んだ記者の”プロ視点”からみる記事は、まだweb記事が追い越せていない壁だと言えるでしょう。

ビジネスマンとして”多様なジャンル”で”正確な情報を得ている”ことは何よりも大切です。客先や取引相手とのちょっとした会話の中で、新聞から得た様々な分野の正確な知識を話せれば、それはすなわちアナタへの信頼へとつながります。

三日坊主にならないためには「読む時間帯を決める」

いざ新聞を読み始めようとしても、初めのうちはなかなか続きません。特に仕事が忙しいビジネスマンは、時間の算出が難しいものです。

おすすめは、朝イチの時間帯に「新聞を読む時間」を作ってしまうこと。30分早起きして目を通せば、その日の会話のネタになりそうなニュースを知ることができます。フレックスタイムが導入されている会社であれば朝でも時間がとりやすそうです。次のおすすめが、移動時間。時間が区切られているので、ダラダラと流し読みせずに済みます。

大切なのは、「この時間に読む」と決めておくこと。資格試験の勉強などで似たような経験があるかもしれませんが、「時間が空いた時に」という考えでは、実行することのないままになってしまいます。毎日この時間は新聞を読むと決めたら、そのルールを守るようにしましょう。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

手軽ですぐに見れるweb記事と異なり、新聞からは徹底した取材によって作られる正確な情報を得ることができます。新聞社によっては、取り上げるテーマの分量を曜日ごとに変えているところもあり、長く読むごとに面白さが増していきますので、ぜひ1日数十分から始めてみてください。副業・複業を始めようかと思っている人にも、新たな仕事の種を見つける糸口になるはずですよ。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
ワンランク上を目指したいビジネスマンが新聞を読むべき理由:r000016001244 | PARAFT [パラフト]

BIZ ETIQUETTE

紙面を広げる醍醐味ココにあり

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]