ロゴ | PARAFT [パラフト]
clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

賞与の記事

日本は変わっている?海外との賞与・ボーナス制度の違いについ:r000016001246 | PARAFT [パラフト]

2016.10.14

賞与の記事2016.10.14

江戸まで遡るボーナスの起源?

日本は変わっている?海外との賞与・ボーナス制度の違いについ

keyword: 賞与 海外 ボーナス 日本 外資系

このエントリーをはてなブックマークに追加
年に2回のお楽しみ、「賞与」。しかし近頃では、業績により”支給なし”にする企業が出てくるなど、確実にもらえるものだとは言えなそうです。新卒入社した会社によって、20代後半には大きな収入差を生む賞与ですから、気になるところですよね。実は日本の賞与・ボーナス制度、海外からすると少し変わっているのだとか。日本の賞与の歴史と、海外との違いについて知って会社選びの参考にしてみてください。

2016.10.14 文章 / PARAFT編集部

日本最初のボーナスは、奉公人のお小遣いだった?!

日本最初のボーナスは、なんと江戸時代ごろに始まったと言われています。当時、住み込みで働く商家の奉公人が実家に帰れるのはお盆と年末だけだったのですが、その時に商家の主人がもたせてくれた新しい着物やお小遣いを「お仕着せ」と呼び、これがボーナスの起源になったとされています。

そして武家社会では盆と正月に新しい着物を身につける風習があり、季節に応じた着物の現物支給があったようです。盆と暮れの物入りの際に、主人が奉公人に対してちょっとしたものをあげていたことが始まりになったんですね。

また、三菱会社(現・三菱グループ)が業績好調を受け臨時で給与を支給したことから、会社の状況に応じて社員に還元する文化が生まれました。盆と暮れの年2回、収益を上げた社員をねぎらうという目的で徐々に賞与・ボーナス制度が社会に定着して行ったのです。

ボーナスがたっぷり出る? いえいえ、給与が少ないんです。

現在、日本人の年収は【給与12ヶ月分+年2回ボーナス】が一般的。毎月の給与は一般的には生活費として、賞与・ボーナスは大きな買い物や貯蓄用として使われることが多いですよね。

賞与・ボーナスはその名称から”特別なもの”と思っていますが、そもそも日本の給与体系は賞与・ボーナスを含めた金額設定がされているため、そもそも用意されたものであることを忘れがちです。企業側が給与額を簡単に下げることはできないのですが、ボーナスであれば会社の業績によって金額を変更したり、払わないことも可能です。ですので、給与の金額は少なめで見積もっておいて、 業績さえよければ賞与・ボーナスでまかなうからねというやり方なのです。

もし企業の業績が悪化してボーナスが出なくなると、年収自体がガクッと下がってしまう日本の賞与・ボーナス制度は、安定した業績を上げている大企業にはおいしい制度かもしれませんが、そうでない企業で働く社員にとってはなかなか大変な制度なのです。

完全成果報酬! 海外のボーナスは一握りの人しかもらえない

それでは海外のボーナス事情はどうでしょう?

アメリカのボーナスは、管理職や中間層以上の、企業の収益UPに貢献したと考えられるごく一部の人しか受け取ることはできません。年末のボーナスは年収の5%〜40%と差も大きく、ボーナスによる格差というものが確実に存在するようです。

そもそも、アメリカの年収は成果・実力によって決まります。学歴や保有資格によって大きく変化しますし、企業の業績に貢献すれば年齢関係なく年収も上がります。アメリカで高い年収を得ている職種というのは、学者、プログラマー、エンジニアやコンサルタントだそうです。一見すると、コンサルタント以外は日本ではあまり稼いでいなさそうなイメージがありますが、ここにも日本古来の風習によるものがあります。日本全体として「組織の中にいた方が安全」という考え方が根強くあるため、実は個人で実力を発揮した方が稼げる人も企業の中で定額の給与で働いてしまっているのです。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

日本の給与体系は、一昔前と違いさまざまなスタイルが出てきています。国内には外資系企業の進出も増えている今、どのような給与体系であれば納得感をもって働けるか、転職活動を通じて調べてみるのも効果的ですね。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
日本は変わっている?海外との賞与・ボーナス制度の違いについ:r000016001246 | PARAFT [パラフト]

CAREER CHANGE

江戸まで遡るボーナスの起源?

RELATED POST

関連記事はありません

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]