ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
雇用契約先の違い?人材紹介と人材派遣の違いを解説:r000016001269 | PARAFT [パラフト]

出典:Pexels

人材の記事

雇用契約先の違い?人材紹介と人材派遣の違いを解説:r000016001269 | PARAFT [パラフト]

2016.10.17

人材の記事2016.10.17

人材紹介と人材派遣違いは?

雇用契約先の違い?人材紹介と人材派遣の違いを解説

keyword: 人材 人材紹介 人材派遣 雇用契約 斡旋

このエントリーをはてなブックマークに追加
働き始めてみたものの、理想と違う現実に転職を考え、求人を見ている方は多いでしょう。フルタイムで働く正社員だけに限らず、人材紹介や人材派遣などを利用することも視野に入れてみてください。こうした会社を利用することによる、独自のメリットがあるのです。

2016.10.17 文章 / PARAFT編集部

人材紹介会社を使うメリットとは?

出典:Pixabay

人材紹介会社を通じて働く場合、求職者が雇用契約を結ぶのは実際に働く企業です。人手が足りない企業は人材紹介会社に依頼し、人材会社は企業に対し様々なスキル・キャリアを持った人材を紹介します。就職や転職を検討している人は、人材紹介会社を利用すれば効率的に情報収集できる上、複数企業の働き方を比較できるメリットがあります。

最近ではインターネットを通じた転職活動がスタンダードですが、膨大な情報量から自分の働きたい会社を探すためには、想像以上の労力がかかります。そんなときに人材紹介会社を利用すれば、公募されていない求人を知ることができたり、プロとの面談を通して自分でも把握しきれていなかった要望に気づける可能性も。

また、面接の日程や条件の調節も人材紹介会社が代行してくれるので、最小限の労力で転職活動を行えます。企業にとっても、ニーズに合った人材を探すコストを抑えられるメリットがあります。

人材派遣会社を使うメリットとは?

出典:Pexels

人材派遣会社を通じて働く場合、求職者が雇用契約を結ぶのは派遣会社です。その上で派遣会社と企業が労働者派遣契約を結び、派遣会社から斡旋された求職者が企業で働くという関係になっています。正規・非正規社員の観点から派遣会社の利用は嫌厭されがちですが、求職者は自分のやりたい職種につけるというメリットがあります。

企業側へのメリットは、企業が特定の業務に従事する人を求めているとき、派遣会社が企業と求職者の希望をマッチングしてくれ、互いにとって好条件で雇用できる人材を斡旋してもらえること。

派遣という言葉だけでマイナスイメージを持つ方もいますが、最近ではフリーランスや地方・海外移住をしてのリモートワークなど、多様な働く形が受け入れられています。そうした時代の流れもあることから、”派遣=ネガティブなもの”という図式はかならずしも正しいとは言えないでしょう。

人材紹介会社と人材派遣会社のどちらを使うべきか

出典:Pexels

人材紹介会社を通じて企業に就職するか、派遣会社に斡旋してもらうかは、これからどんな人生を送っていきたいかといった”希望や理想”によるところが大きいです。正社員としての立場を求めているのであれば、もちろん人材紹介会社を利用するほかありません。特に正社員から正社員への転職希望者は、面接前後のすり合わせを人材紹介会社が代行してくれるのは大きなメリットになるでしょう。高給やフレックスタイムなど、人材会社が求職者の理想の職場を理解しながら企業探しをしてくれるのもポイントです。

一方、正社員にこだわらないのであれば派遣会社の方が好ましいこともあります。例えば正社員の場合、副業・複業が禁止されている場合がほとんどですが、派遣の場合はその規定にあたらないこともあります。また、将来的にフリーランス・個人事業主を考えている人にとっては、特定のスキルを伸ばせる派遣としての就業の方が役立つでしょう。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

一口に「働く」といっても、その方法は様々です。自力だけで職を見つけるよりも、こうした人材紹介会社や人材派遣会社を利用したほうが、効率的な就職活動が可能になります。就職・転職を考えている人は、ぜひ一度こういった会社への登録を検討してみてはいかがでしょうか。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
雇用契約先の違い?人材紹介と人材派遣の違いを解説:r000016001269 | PARAFT [パラフト]

BALANCE

人材紹介と人材派遣違いは?

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]