ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

報道記者の記事

「報道記者」の働き方と情報収集3つのコツとは?:r000016001324 | PARAFT [パラフト]

2016.10.24

報道記者の記事2016.10.24

今起きていることを正確に伝える

「報道記者」の働き方と情報収集3つのコツとは?

keyword: 報道記者 スクープ 情報収集 働き方 スキル

このエントリーをはてなブックマークに追加
日々のニュース番組の取材・原稿作成を行い、世の中で今この瞬間何が起きているのかを伝える報道記者。一体、どのような働き方をしているのでしょうか。報道記者になるために必要なスキルや、情報収集のコツとは? 報道記者を目指すなら考えておきたいことを調査してみました。

2016.10.24 文章 / PARAFT編集部

報道記者は一次情報を伝えるため、飛び回ることも

新聞、テレビ、雑誌、インターネット……私たちは日々当たり前のようにニュースに触れていますが、こうしたニュースづくりに携わる報道にまつわる仕事とは、どういったものなのでしょうか。

今回取り上げる報道記者は、予測不能な事態を取り扱うことが多く、事件や災害が起こると昼夜を問わず現場に向かいます。大きな事件や災害であれば、状況を把握して現状を伝えるために現場に残り、何日もそこで取材を続けることもあります。伝えるべきことがある限り動きつづけるため、オフィスワークよりも不規則な勤務時間になることは避けられないでしょう。また、自分の担当番組に関わる出来事がない時には、翌日以降の準備をして帰宅することも可能ですが、忙しい時とそうでない時の差が激しい職業でもあります。

仕事の内容は担当するニュース番組が扱うジャンルによって大きく異なりますが、基本的にはそれぞれの分野で、今、起こっていることを視聴者に伝えることが仕事です。

報道記者に求められるスキルや情報収集のコツとは

報道記者である限り、勉強して得られる知識より、今この瞬間に起こっている出来事を誰よりも早く知ろうとする好奇心と、その出来事を噛み砕いて理解する能力が必要です。いちはやく理解し、それを人に伝えるための文章力も必須でしょう。人と関わることが多くなる仕事なので、人との距離を縮められるコミュニケーション能力があるとなお良いでしょう。

報道記者として情報に触れる上で、細心の注意を払わなければならないのが「裏取り(情報が正しいことの証拠を集めること)」です。報道記者として日々飛び回る人たちは、「自分の情報が社会を動かすのだ」という使命感と責任感を持っています。正確な情報をできる限り迅速に報道することが、報道記者の役割だといえるでしょう。

報道記者に近道はない、ひたすらに経験を積もう

報道記者になるための道として一般的なのが、テレビ局へ入社すること。キー局、準キー局、ローカル局のいずれかを目指しましょう。最近では契約社員や派遣社員で入社してから、活躍を認められて正社員になるというケースも増えているようです。報道記者はなろうと思ってすぐになれるものではなく、現場経験を重ねて、自分の中でノウハウを蓄積し、成長していくものです。報道記者になりたいという方は、採用形態にこだわらずにまずは報道記者として働ける環境に身を置くことが大切です。

とにかく挑戦し、経験や実績を積み重ねていく地道な仕事です。始めたばかりの頃は右も左も分からず苦労するでしょうが、経験を積んでいくことで情報収集もうまくなりますし、人脈が作られていくと取材も依頼しやすくなったりします。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

報道記者の仕事内容と働き方、仕事のコツについて紹介しました。地道な経験がものをいう世界です。報道記者になりたいという方は、”まずやってみる”チャレンジ精神と行動力を持つ必要があるでしょう。努力がそのまま自分に返ってくるという点では、やりがいも大きな仕事です。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
「報道記者」の働き方と情報収集3つのコツとは?:r000016001324 | PARAFT [パラフト]

OTHERS

今起きていることを正確に伝える

RELATED POST

関連記事はありません

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]