ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

名刺交換の記事

名刺交換での雑談コミュニケーション、どんな話題を引き出せる?:r000016001358 | PARAFT [パラフト]

2016.10.27

名刺交換の記事2016.10.27

はじめましてからの雑談力

名刺交換での雑談コミュニケーション、どんな話題を引き出せる?

keyword: 名刺交換 営業 コミュニケーション 雑談力 話題

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビジネスマンにおいて大事な名刺交換。特に、営業先などでは顔と名前を覚えてもらうための必須事項になってきます。そんな名刺交換ですが、名前を覚えてもらうには、「人となり」を記憶にとどめてもらえるよう、コミュニケーションの中で雑談力を発揮する必要が! 話す中で使えるような話題などを、今回はご紹介します。

2016.10.27 文章 / PARAFT編集部

まずは名刺交換の基本的なマナーを知っておきましょう

名刺交換には一定のマナーが存在します。営業先で相手に不快な印象を与えてもいけないので、まずはしっかりと交換する際のマナーを押さえておきましょう。

まず、名刺を交換するときは基本的には立って行います。テーブルなどを挟んでいる場合は、自分が受け渡しがしやすいように立ち位置を変える配慮をします。

名刺の受け渡しをする際は、必ず自分の名前と社名を名乗りながら差し出します。このとき、相手の顔をしっかりとみながら交換することを心掛けましょう。このとき注意したいのが、名刺交換の際に目下の人が目上の人に先に名刺を渡すという点です。目上の人に先に名刺を出させてしまわないよう、タイミングには十分注意しましょう。

名刺をもらう際は、相手の社名や名前に指が掛からないように名刺を頂戴します。相手の名刺を受け取ったとは、きちんと社名や名前を確認してから着席をするようにしましょう。

相手の名刺に興味を持つことがコミュニケーションのポイント

名刺を交換する際には、名刺交換に併せて自分のことを覚えてもらったり、相手の企業をきちんと知るよう努めましょう。もらった名刺はすぐにしまうのではなくて、何か特徴がないか調べてみたり、社名に込められた想いを尋ねてみるのもよいでしょう。名刺のデザインやロゴにこだわっている可能性もあります。目につくデザインならば話題にしない手はありません。どのようにして名刺を作ったか聞くだけで話も弾むでしょう。

また、いただいた名刺に書かれてある苗字や名前が珍しい場合もあります。苗字が有名人と同じ、地方名である、特殊な職業を表すなど苗字には特徴があります。そうした苗字や名前の場合は、相手にさりげなく聞いて雑談につなげます。そこから相手とのコミュニケーションが始まります。

名刺から話題を広げて雑談するためのコツ

名刺の特徴やデザインなどで話を振ってみた後、そこからさらに社名や業界のことについて雑談を広げてみるのが理想です。単に相手の名刺をほめるだけでなく、先方が普段どのような仕事をしているのか知っておくことや、興味を示すことも営業では大事な発想です。

できるだけ多くの話題を持っておくことも大事ですが、まずは目の前に現れた名刺からどんな雑談をしようとするのか考えるのが重要です。やみくもに話題を投げてもコミュニケーションにはなりませんので、目についたものと自分の知識がくっつくような訓練をしておくのが雑談力向上のコツです。

普段から雑談をするのが苦手な人は、自分が見たものを言葉にする訓練をしておくと雑談力も上がってきます。普段からアンテナを張り、人の個性や印象的な部分を褒めるような発想から入るのがおすすめです。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

今回は名刺交換における雑談力についてご紹介しました。営業の際に、ただ名刺交換で終わるのはもったいないです。名刺を交換していただいた際には、相手とコミュニケーションを計り情報交換できるぐらいまでの雑談力は持っておきましょう。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
名刺交換での雑談コミュニケーション、どんな話題を引き出せる?:r000016001358 | PARAFT [パラフト]

BIZ ETIQUETTE

はじめましてからの雑談力

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]