採用ご担当者様へ

clear
  1. 転職・応募に役立つ情報をいち早くゲットできる!
  2. 気になる企業に直接エントリーができるようになる!
  3. 履歴書・職務経歴書がカンタンに作成できる!

clear

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. ご入力いただいたメールアドレスが既にご登録いただいている
clear

clear

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

12.26

mon
SKILLS
KEY
WORD

女性の記事

2016.12.26

女性の記事2016.12.26

主婦の居稼ぎに欲しいスキル

主婦しながら本気で居稼ぎするために身に着けておきたいコト

keyword: 女性 働き方 ライター 初心者 スキル

このエントリーをはてなブックマークに追加
在宅で家事のかたわら、ちょこっと稼ぐ「居稼ぎ」で上手に稼げる主婦になりたい。こんな願いをスムーズにかなえるためにはどんなスキルが必要でしょうか? できれば仕事を始める前から意識しておいてほしいもの、働きながら身に着けていくことができるもの、素敵な主婦・イカセギストになるためのスキルをご紹介します。

2016.12.26文章 / Ruaha 裕子

スキルはある方がいいけど無くても始められる

自分の気に入った場所を仕事場にして、いつでも、どこでも働くことができる「居稼ぎ」。自由度の高い働き方は、魅力的であるはずなのに、イザ、やってみよう!となると、なかなか一歩目が踏み出せない人が多いようです。その理由は、

「在宅ワークをスタートさせるには、何か特殊なスキルが必要なんじゃないの?」

という不安感です。

確かにプロフェッショナルな在宅ワーカーとしてバリバリ稼いでいる方には、プログラマー、システムエンジニア、イラストレーター、Webデザイナーなどなど、カタカナ職業で何か特別な技術を習得した人が多いことも事実です。こちらのルートを歩いている人は、学校や資格スクールで技術を磨いて、もしかしたら、どこかの会社での仕事経験を経て独立した人たちでしょう。

居稼ぎ=独立起業とは限りません。中にはリモートワークのような「雇用型テレワーク」に分類される在宅勤務もあります。税務上は個人事業主に分類される働き方であっても、仕事を請け負うためにマニュアルなど、必要な情報提供はしてくれるクライアントが多くなっています。

「無資格からできる居稼ぎ」もちゃんとありますから、最初から「スキルがなければ!」と身構えなくても大丈夫です。

最初から高額報酬をゲットはできない代わりに、誰でもやれる、始められる居稼ぎもちゃんとあるんです。内職やハンドクラフト系の仕事で居稼ぎする場合は、研修つきの仕事を選ぶと初心者でも安心してスタートできます。

スキルはあったほうが望ましいですが、無くても居稼ぎは始められます。

初心者の時期は、研修つきの内職のような、ビギナー向けの案件を選ぶことで徐々に仕事に慣れていくことができて、順調なスタートが切れると考えます。

初心者主婦ならブログ代行からスタートがオススメ

実際に「とにかく、スタートさせてみた」という先輩ママ・イカセギストたちが手っ取り早くつかんだ仕事はどんなものが多いのでしょうか?

調べてみると、「副業紹介サイト、クラウドソーシングサイトを利用した、ブログ代行」などが圧倒多数のようです。

大手クラウドソーシングサイトのランサーズ、クラウドワークス、女性向けテレワーク紹介サイトのキャリア・マムなどを見ると、初心者向けとして掲載されているお仕事には、「女性向けブログの代行」の募集が必ず登場しています。

個人ブログの経験や、SNSで400文字以上の文章をある程度まとまった本数書くことができる人なら、そんなに苦労せずに請け負うことができるのでオススメです。これらは固定のクライアントが見つかるまでが、ちょっと苦労があるかもしれません。

居稼ぎでの人間関係は、あくまでも「仕事上の付き合い」と、ある意味ビジネスライクでドライな関係を基本とする人が多いような気がします。顔が見えないチャットやメールでは信頼関係を築く条件も厳しくなります。無茶ぶりするクライアントも一定数存在します。しかしどんな職場でも、自分と気が合う人ばかりではありません。

仕事を始める上でしっかり意識しておくべきことは、

・納期や約束事を守る
・必要な報告、連絡、相談は忘れずに
・言葉遣いはていねいに
・できないことははっきりNOと言える

などの点が、リアル以上に厳しく求められる、と思って間違いありません。

仕事に不慣れな中高年代に入ってからの居稼ぎでは、ジェネレーションギャップでショックを受けるようなこともあるかもしれません。それなりの経歴を積んできた人では、相手の対応に腹だたしい経験をするような場面も考えられます。

そんな時、忘れてはいけないのは、それでも自分は「この仕事の初心者」だということ。

ビギナーだからこそ、気づかないでしている失敗や、知らないでしている失礼はあるかもしれないのです。逆に、相手が人を軽んじる考え方をしているなら、不快な目に遭う人が多くなるうち、自然に淘汰されていきます。めげずにリトライする気持ちをキープする工夫は大切だと考えます。

「向いてる?向いてない?」前職のスキルも活かし資格が取れるならもっといい

実際に居稼ぎを始めてみた、「先輩イカセギスト」に意見を聞いてみると、居稼ぎを始めるために必要なのは、

・家事との配分を考えて時間をやりくりするスキル
・思い切って始めてみよう!という前向きな考え方
・クライアントとのコミュニケーションスキル


などなど、例えばパートを始める時にも必要になりそうな、ごく一般的な「気構え」のほうが重要そうです。

ただし、一般のパートと違って、居稼ぎの場合は実作業は独りぼっちになりやすく、困ったときに相談相手が見つけにくい、同じような働き方をしているモデルが身近にあまりいない、といった難しさはあるため、

行き詰ったときに一気に孤独感や落胆が押し寄せて身動きが取れなくなってしまう

というリスクは確かに存在します。

辛い局面を脱出するための足掛かりになるのが

・本人の性格
・仕事を有利にする資格

です。


性格は持って生まれたものもありますし、環境が性格以上に影響してしまう場合もあって、一言でいえば「簡単に変えられない」ところもあると思います。

一方、資格はその気になって時間とお金とチャンスがあれば、割と誰でも挑戦できるスキルアップだといえます。特に、前職で事務などをしていたママであれば、その経験を活かして、ステップアップで資格を取ることで、よりハイスキルな居稼ぎができる人と認識してもらえるチャンスにもつながります。

居稼ぎを職場復帰への中間的な仕事で使いたいと考えている人には、一番適した方法でしょう。

性格的に「自分は向いていないのかも」と思っていても、家庭の事情から外に出るより居稼ぎの方が適してる場合もあると思います。そういう場合でも資格が取れると自信がついて、前向きになれるメリットもあります。

一部の通信教育の資格スクールや、オンラインの講座などでもライティングやWeb関連の資格、マイクロソフト社のOffice関連資格の格安講座が開設されています。民間資格であっても「●●講座修了」とプロフィールに書けることは信頼度UPの効果にもつながり、損にはなりません。

WRITER

ライター

Ruaha 裕子

居稼ぎを始める時に、特別なスキルは必要ではありません。ビギナー向けのお仕事を中心に探して、とにかく少しずつでも初めてみることで、徐々にスキルアップもできるようになります。ちなみに筆者はWebライティングを始めた時、ブラインドタッチができませんでした(笑)。お金をもらう仕事だと思えば、タイピングは早い方が稼げます。作業時間をはかるためには、自分の処理能力を知ることも必要です。目標額を設定して仕事をしていたことで、無意識に努力していけて、徐々にできるようになった感じです。継続は力なり!で諦めず頑張ってみるのもスキルの一つですね。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。

“SKILLS”

主婦の居稼ぎに欲しいスキル

RELATED POST