clear
  1. 転職・応募に役立つ情報をいち早くゲットできる!
  2. 気になる企業に直接エントリーができるようになる!
  3. 履歴書・職務経歴書がカンタンに作成できる!

clear

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. ご入力いただいたメールアドレスが既にご登録いただいている
clear

clear

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

10.31

mon
RULES

クレジットカードの記事

2016.10.31

クレジットカードの記事2016.10.31

準備は独立前から始めよう

フリーランスも可!クレジットカードを作るコツとポイント

keyword: クレジットカード フリーランス 審査 法人化 個人事業主

このエントリーをはてなブックマークに追加
インターネットショッピングやオンライン決済が当たり前になりつつある現代、クレジットカードは生活に欠かせないアイテムとなりました。しかし安定収入の証明が難しいフリーランスにとっては、カード会社の審査通過が難しいことも。今回はフリーランスや個人事業主がクレジットカードを作るときのコツとポイントをまとめました。

2016.10.31文章 / PARAFT編集部

審査を通過するためのポイントをおさえよう

審査を通過するためには、いくつかのポイントがあります。あなたは以下のポイントをクリアできていますか? まずはそこからチェックをしてみましょう。

① 安定した収入が見込める

収入が増加傾向または横ばい(減少していないことが重要)である場合は、審査が通りやすくなります。その際に収入証明書の提出を求められるので、フリーランス1年目はカード作成を見送るのが無難。1年目はしっかりと収入実績を積み、フリーランスとして生きていくための基盤作りに励みましょう。

② フリーランスとしての活動期間が長い

①にも関わりますが、やはり活動年数が長ければ実績も証明しやすいですし、審査をする側の信用度も高くなります。理想は3年以上フリーランスで活動していること。最低でも1年は必要です。活動実績を積む間に、ある程度固定された収入が得られるようにしましょう。

③ 同居する家族がいる

万が一本人が返済不能に陥っても、同居する家族に代理で返済してもらえるという考え方があるため、自身が世帯主ではない場合は世帯主の信用情報に頼ります。主婦でフリーランス活動を考えている方は世帯主を記載すれば審査に通りやすいことも。

④ 法人をたてている

フリーランスとして活動するということは個人事業のイメージが強いですが、個人事業と法人では社会的信用度が異なります。法人をたてることで個人ではなく組織として認識され、また第三者公的機関にも認められる存在となるため信用度が高まるのです。これを上手に利用して法人カードを作るのも手段の一つです。もちろん法人設立には時間と手間とコストがかかることも事実。設立は慎重に行いましょう。

⑤ 個人信用情報機関に事故情報がない

これはフリーランスに限ったことではありません。ローンや家賃、公共料金の支払いに滞りがないか一度確認しておきましょう。一度や二度なら問題はありませんが、毎月遅延を起こすと事故情報として記録されてしまいます。

フリーランスがカード会社を選ぶなら?

上記のポイントをきちんとおさえていれば、カードの作成は難しいものではありません。それでもやはり、カード会社によっては審査が厳しいところもあり、上記の条件はクリアしていても審査通過できない場合があります。フリーランスの人でも比較的カードを作りやすい会社を知っておくことも大切ですね。

まずは、カードごとにどんな層をターゲットにしているかを調べてみましょう。学生やフリーター、主婦の方でも作れるタイプのカード会社はフリーランスでも審査に通る確率が高いからです。また、インターネットの口コミサイトなどを参考に、客層やカード発行の実績をチェックしてみましょう。

次に重視したいのは、特典やポイント還元が充実しているかどうか。入会金や年会費が無料のものや旅行保障が充実しているものを選ぶことで、初期費用を抑えられたり後に節約に役立てることもできます。フリーランスで活動するにあたり、サービスの充実やポイント還元も重要になってきますね。

カード作りは、フリーランスとして独立する”前”に!

最後に、現在会社勤めをしていてゆくゆくは独立も……と考えている人は、”退職前”にクレジットカードを作成してしまいましょう。会社員であれば、当然信用度も高く審査から発行まで滞りなく進みますし、一度カードを作成すれば自動更新で新しいカードが手元に届きます。フリーランスとして独立した後も、そのカードを使い続けることができますよ。

申し込み申請を行う場合は、余裕をもって退職の2週間前までに済ませておくとよいでしょう。それが難しい人は、最低でも1週間前までに申し込むことをおすすめします。独立後に新しく作ることももちろん可能ですが、社会的信用度が構築されるまでのつなぎのカードとして1枚手元にある方が何かと便利です。計画性をもってフリーランスへの道を進んで下さい。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

近年は、場所や時間にとらわれない働き方としてフリーランスを選択する人が増えてきています。しかし、その自由な環境を手にする代わりに、社会的後ろ盾はなくなってしまうため、クレジットカードを作る際に必要な社会的信用度が低くなってしまうということは事実。コツをおさえてスムーズにフリーランスとしてのキャリアをスタートさせましょう。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。

“RULES”

準備は独立前から始めよう

RELATED POST