ロゴ | PARAFT [パラフト]
clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
ドローン登場によってどんな仕事がなくなり、生まれるか:r000016001400 | PARAFT [パラフト]

出典:Pexels

ドローンの記事

ドローン登場によってどんな仕事がなくなり、生まれるか:r000016001400 | PARAFT [パラフト]

2016.10.19

ドローンの記事2016.10.19

ドローンで常識が覆される?

ドローン登場によってどんな仕事がなくなり、生まれるか

keyword: ドローン 仕事 運送 人材 操縦士

このエントリーをはてなブックマークに追加
近未来のツールだと思われていたドローンですが、アーティストのライブパフォーマンスで使われたり、ネット注文の配達に近々使われるようになるとウワサされたり、近頃どんどんと身近になってきています。ドローンがものを配達するなら、もう運送のドライバーはいらないのでは? など、ドローンの登場によってなくなる仕事が出てくる予感も。ドローン普及による影響を、予想してみました。

2016.10.19 文章 / PARAFT編集部

空撮や警備、農業の分野にドローンは進出中

出典:Pixabay

ドローンが私たちの生活に関わってくるのはまだ先の話と思ったら大間違い。すでにさまざまな仕事で、ドローンは取り入れられているのです。

その一つが空撮です。映画やテレビばかりか、ドローンを使った空撮映像を卒業記念のアルバムやDVDに使う小学校や幼稚園もあるほど、ドローンによる空撮は当たり前のものになりつつあります。

また、警備にもすでにドローンは力を発揮しており、セコムやALSOKなどの警備保障会社が、ドローンを使った監視サービスをスタート。日本はドローン飛行の規制が厳しく、夜間の工場や商業施設、太陽光発電所など、基本的には「無人地帯」の飛行を前提としています。

ほかに農薬をまくなど、農業にもドローンが進出しています。ただまくだけではなく、農産物の成長を見守りながら、段階に合わせて農薬を散布するなど、効率よく農産物を育てられるため、ドローンの活用がますます進むと考えられています。

ドローンに仕事を奪われる人が出てくる!?

出典:Pixabay

空撮にせよ農薬散布にせよ、あるいは注文品の配達にせよ、今まで人間がやっていた仕事をドローンが代わりに行うようになれば、ドローンに仕事を奪われる人も出てくるかもしれません。

ロンドンを本拠地とする世界有数のコンサルティング企業、プライスウォーターハウスクーパースの調査結果によると、ドローン産業の市場予測は今後数十年で13兆円以上に達し、さまざまな産業でのサービスや労働が、ドローンに取って代わられると予測しています。

ただし、ドローンが普及することによってなくなる仕事ばかりではありません。ドローンは空の産業革命といわれるほど、新規ビジネスの可能性を秘めているといわれています。今までは存在しなかった、新たな仕事が生まれる可能性も高まっているのです。

ドローンは空の産業革命! 新たな仕事も誕生する

出典:Pixabay

ドローンの普及によって誕生する仕事の一つが、ドローンの製造開発です。また、ドローンを操縦することができる人材のニーズも高まるでしょう。空から撮影した画像データの処理・解析する技術、ソフトウェア開発など、派生して新たに誕生する仕事は多岐に渡ると言われています。

各国ではすでに、ドローンの操縦者が不足し始めていて、ドローンの操縦を学べる訓練学校が大盛況なのだとか。日本にも、ドローン操縦士養成を目的としたスクールが、全国各地にできはじめています。

また、ドローンを町おこしに活用しようと考えている市町村も存在します。徳島県那賀町もその一つ。この町は過疎化の進みが深刻でしたが、人口密度が少ないことをウリに、日本一ドローンが飛ぶ町を目指しているのだそうで、来たる2016年12月11日開催の「全国ドローンレース選手権」の会場にもなっています。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

2016年12月11日「全国ドローンレース選手権」は、日本全国4エリアで同日同コースで開催される初めてのドローンレースだそうです。実は、筆者の友人がこのレース開催のために奔走しておりました。各国で活況のドローンレースを参考にしたイベントも企画中とか。アーリーアダプターとしてドローンの最新事情を抑えたい人にはおすすめのイベントです!

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
ドローン登場によってどんな仕事がなくなり、生まれるか:r000016001400 | PARAFT [パラフト]

BALANCE

ドローンで常識が覆される?

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]