ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
理想的なリーダー像?サーバントリーダーシップの考え方とは:r000016001410 | PARAFT [パラフト]

出典:Pexels

サーバントリーダーシップの記事

理想的なリーダー像?サーバントリーダーシップの考え方とは:r000016001410 | PARAFT [パラフト]

2016.11.04

サーバントリーダーシップの記事2016.11.04

意識で変わるリーダーシップ

理想的なリーダー像?サーバントリーダーシップの考え方とは

keyword: サーバントリーダーシップ 組織 マネジメント 部下 チーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
社会人として働いていると、組織、チームで動く機会が必ず訪れます。そうして働くときは、必ずリーダーが必要。一言にリーダーと言っても、様々なタイプがありますが、今回はいま注目の「サーバントリーダーシップ」についてご紹介します。

2016.11.04 文章 / PARAFT編集部

サーバントリーダーシップとは?

出典:Pexels

どんな職業であれ社内で年次と実績を積んでいくと、プロジェクトや部署のリーダーを任される機会が増えてきます。それまでは上司から任された仕事を言われたやり方で遂行していればよかったのに対し、リーダーというポジションになるとチームのマネジメントも行わなくてはいけません。そんな状況の方に、「サーバントリーダーシップ」について解説します。

「サーバントリーダーシップ」とは、リーダーが進んで奉仕者となるという考え方です。一般的にリーダーというと先頭でチームを引っ張るというイメージがありますが、サーバントリーダーシップを発揮するリーダーは、メンバーと同じ目線でもしくは縁の下の力持ちとして組織を支え、活躍します。これはAT&Tという大規模通信会社でマネジメントの研究と教育に携わったロバート・グリーンリーフが提唱した考え方です。彼は、「真のリーダーはフォロワーに信頼されており、まず人々に奉仕することが先決である」提言しています。

サーバントリーダーシップと支配型リーダーシップの考え方の違いについて

出典:Pixabay

「サーバントリーダーシップ」と対極の考え方が「支配型リーダーシップ」です。支配型のリーダーが率いるチームは、行動の動機が恐れや義務感といったもので、基本的には指示を受けてから動き始めます。また、何かをするにしてもそのやり方やタイミングは指示通りで、全体としてどこへ向かっているかといった意識は持っていません。リーダを信用しているというよりも、従っている感覚を持っています。

一方「サーバントリーダー」が率いるチームは、常にメンバーが主体的に行動することが特徴です。なので、メンバーのモチベーションが高く、指示待ち人間は少ないでしょう。全体の状況や達成すべき目標を常に意識しながら、自分なりに工夫できるところを探します。リーダーが同じ目線でいてくれるためメンバーとの隔たりも少なく、信頼関係を築けていることでしょう。こうした環境では、メンバーたちは自分たちの仕事に活動的に向き合います。

サーバントリーダーシップを持つために

出典:Pexels

サーバントリーダーを持つために、目の前のことだけではなく「仕事の全体像や目標を分かりやすくメンバーに共有すること」が大切です。そうすると、例えば何か仕事を1つ頼むにしても、メンバーは言われたから嫌々それをやるのではなく、自分がその仕事を遂行することで全体にどう影響を与えられるのかが理解しようとするため、モチベーションが高い状況で、主体的に取り組むことができると言えます。

また、相手に寄り添って話を聞く「傾聴力」も必須スキルです。メンバーのやる気が上がらないのであれば、それを上から叱りつけるのではなく、その原因は何なのか、今どんな不満や不安を持っているのか、を聞いてあげる必要があります。より高い給与がほしいのか、人間関係に悩んでいるのか。そうした点を明らかにするためにも、個人個人に寄り添ってみましょう。

また、「全体の納得を得ながら計画を進めていく」ということも大切です。リーダーだからといって強権を発動するのではなく、目的達成のためにどのようなルートが最善か、全体で話し合ってメンバーが納得を得た意思決定をするようにしましょう。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

「自分はリーダーの立場ではないし、関係ないや」と思う方もいるかもしれません。しかし、「メンバーのために奉仕する、寄り添って支援する」という考え方は、リーダーに限らずチームで働く上で、すべての方に必要な考え方といえます。意識で変えられる部分ですし、そうしたメンバーがで構成されたチームはきっと強い組織となることでしょう。自分のチームへの関わり方をいま一度、振り返ってもらう機会となってもらえたら幸いです。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
理想的なリーダー像?サーバントリーダーシップの考え方とは:r000016001410 | PARAFT [パラフト]

BALANCE

意識で変わるリーダーシップ

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]