ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
バランスの良い会話は反面教師で学ぶべし|『会話のしくじり』:r000016001430 | PARAFT [パラフト]

出典:PARAFT

コミュニケーションの記事

バランスの良い会話は反面教師で学ぶべし|『会話のしくじり』:r000016001430 | PARAFT [パラフト]

2016.11.16

コミュニケーションの記事2016.11.16

会話ベタのお悩み解消!

バランスの良い会話は反面教師で学ぶべし|『会話のしくじり』

keyword: コミュニケーション 面接 会話 政治家 芸能人

このエントリーをはてなブックマークに追加
お互い笑顔で終えた面接、「よろしく!」と固い握手で別れた商談。なのに、その後連絡がない理由は? ひょっとしたら、会話の最中に「しくじり」があったのかもしれません。“政治家でもないし、芸能人でもないから、多少の「会話のしくじり」ぐらいは、見逃してもらえる。そう思ったら大変なことになります”と述べる『会話のしくじり』(梶原しげる/SB新書)。本書から、「反面教師の会話学」を紹介します。

2016.11.16 文章 / 平原学

「気の利いた言葉を言うべき」という危ない思いこみは捨てる!

出典:Pixabay

面接でも商談でも、初対面の相手を前にしたら、何か「気の利いた言葉」を使おうと考えてしまう。そんな人は、私だけではないでしょう。「僕に任せていただくことが御社の幸せにつながります」「あなたとは前世でも会っていたような気がします」など。どう考えても恥ずかしいセリフですが、実際それに近いようなことを言い、乾いた笑いを返されたことも何度かあります。

芝居がかり過ぎているからよくないのか。じゃあもっと自然に言えるよう、ドラマを見て演技を学んで……などと考えてしまうと、より深みにはまるだけ。「何を勘違いしているんだろう、この人。自分のことをキムタクだとでも思いこんでいるのかな」と、ますます距離を置かれてしまいます。

そもそも「気の利いた言葉」を言おうとしている時点で、すでにしくじっていると本書は唱えています。

“なぜなら、カッコいい言葉を言おう、言おうとしている人は、相手のことが目に入っていないからです。完全に自分都合で、自分が気持ち良くなることしか考えていません。”

面接などでもよくありがち。「今のセリフ、キマった!」と自分では思っても、その後で面接官をよく見ると、一見ウケているようで目の奥は笑っていない。「はっはっは……ダメだな、不採用」などと思われているかもしれません。

初対面では特に、自分がどう見られたいかより、相手が何を求めているかを探ることが大切です。「あ、その仕事は得意です。そういうケースでなら、私がお力になれると思います」など相手をよく見て発言し、「なるほど、この人だったらウチのことをちゃんと考えて仕事してくれそうだな」と思わせることがうまい会話のやり方なのです。

「言い訳」から入るのは、実はただのわがままな気持ちの表れ

出典:Pixabay

相手が見えていない独りよがりな会話には、もうひとつ「言い訳をする」というしくじりがあります。わからないことについて「それって何ですか?」と聞くのは自然な流れですが、ついついこんな発言をしたことはないでしょうか。

「あのう、世間的にはそれってよく知られてるものだと思うんですけど、私って趣味が偏ってて。もちろん、ちょっと耳にしたことぐらいはあるんですけど、間違って覚えてるとよくないので、要するに、それって何ですか?」

こんなに長々と喋ってしまうのも、相手の気持ちを考えず、馬鹿で世間知らずだと見られたくないと、自分のことだけを考えて取り繕ってしまうから。

相手も長々と言い訳をされているうちに、「この人、何が言いたいんだろう?」と困惑するばかり。しかも「言い訳」されている間は、会話の流れを止められ、ストレスを募らせてしまいます。せっかく新しい仕事の話だったとしても、「もういい、君より別の人に頼んだ方が早そうだな」と、話を切られてしまうでしょう。

“会話はキャッチボールと言われるように、「相手に一つ投げたら、次は相手の球を待つ」という「バランスのいいやりとり」ができたとき、会話が弾むと言います。”

もし「それって何ですか?」の後に「え、知らないの!」と言われたら、「いや、もちろん聞いたことぐらいはありますよ」と続ければよい話。最初から予防線を張り巡らせるような話し方をしていては、「なんだか面倒くさいひとだな」と呆れられるだけです。

丁寧なのに傲慢に聞こえる「よろしかったでしょうか」

出典:Pixabay

最後に。どんな仕事においても確認は大事ですが、その際、つい出てしまうのが「よろしかったでしょうか」。居酒屋やファーストフード店などの接客の際にもよく使われ、「バイト敬語」「マニュアル敬語」などとも呼ばれているそうです。

“丁寧な物言いに聞こえますが、不用意に連発していると「自分はこう考えているけど、それでいいよね」と押しつけがましく聞こえます。”

と、本書。なぜそう聞こえてしまうのか、過去形で聞いてしまっていることがその理由です。すでにこちらでは判断を済ませており、相手には事後承諾を得ようとしているような印象を与えてしまうからです。

確認したいならば「よろしいでしょうか」と現在形で使うこと。また、飲食店の場合だと「追加でポテトはよろしかったでしょうか」のように、もはや確認ではなく店の都合をただ押しつけるような誤った使い方もあります。「ポテトはいかがですか」と勧めるならともかく、注文することが前提であるような言い方をしないこと。

以上、よろしいでしょうか?

WRITER

コラムニスト、ライター

平原学

「スピーチが得意な人はいても、会話がうまい人というのはいないのだ」と、ある方に聞いたことがあります。会話は自分と相手がいて初めて成り立つもので、相手が自分の声に耳を傾けてくれなければ、どんなに自分だけ雄弁に語っても続かないからです。とは言え、会話こそが仕事の基本。本書から何が「しくじり」だったかを反省し、次に繋げていきましょう。

■収益金について
本のある生活はあなたの人生を豊かにします。パラフトは、あなたの行動により生まれた収益金のすべてを寄付し、次世代を担う子どもたちの人生をより豊かなものにします。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
バランスの良い会話は反面教師で学ぶべし|『会話のしくじり』:r000016001430 | PARAFT [パラフト]

BOOKS

会話ベタのお悩み解消!

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]