ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
エンジニアが抑えておくべきオフショア開発の特徴・メリット:r000016001501 | PARAFT [パラフト]

出典:Pixabay

オフショア開発の記事

エンジニアが抑えておくべきオフショア開発の特徴・メリット:r000016001501 | PARAFT [パラフト]

2016.11.13

オフショア開発の記事2016.11.13

もはや常識?オフショア開発

エンジニアが抑えておくべきオフショア開発の特徴・メリット

keyword: オフショア開発 エンジニア 海外子会社 働き方 アウトソーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加
オフショア開発を導入する企業がもはや珍しくなくなってきています。海外の優秀なエンジニアにソフトウェア開発を依頼でき人件費は抑えられることで大幅なコストダウンが可能となるオフショアですが、闇雲に依頼すると思わぬ失敗をすることがあります。この記事で紹介する導入事例や成功事例を知れば、成功の秘訣が見えてくるかも……!

2016.11.13 文章 / PARAFT編集部

オフショア開発の定義と日本の発注状況

出典:Pixabay

今の時代、社内で使うソフトウェア開発をエンジニアに外部委託する企業は数えきれないほど存在します。

しかし当然のことながらエンジニアに依頼をするときには費用がかかります。この費用をできるだけ安価に押さえたいという考えから、海外子会社やエンジニアにシステム開発を依頼するオフショア開発が注目されるようになりました。

現在世界中に浸透しているオフショア開発。アメリカではIT技術に長けた人材が多いインドに依頼する企業が多数ですが、日本では中国に依頼する企業が圧倒的です。
コストダウンできるメリットがある一方で取引相手が外国人であることから、さまざまなリスクがささやかれています。その対策成功事例は次章で説明します。

オフショア開発の注意点と打開策

出典:Pixabay

インドや中国などのIT人材育成に力を入れている国にオフショア開発を依頼することでコストダウンできるのは大きなメリット。しかしその一方で不安材料も指摘されていました。

最も多いトラブルは日本の常識が通用しないという点にあります。日本人同士の取引であれば言葉で伝わらない微妙な指示を雰囲気で察知してくれることが多いものですが、海外が相手となると日本の常識が通用しません。依頼側の希望がかなわず、結局日本人エンジニアに再依頼となるとコストダウンどころかかえって費用が膨れ上がってしまいます。

こうした失敗を避けるために考案されたのがラボ契約・ラボ型開発と呼ばれるもの。この契約を交わすことによって半年または1年間の最低仕事量が保証され、希望に沿わないときにもやり直しがきくのです。定期的にオフショア開発を利用する企業から人気のある契約形態です。

今後はどのように拡大していくのか?

出典:Pixabay

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の調べによると日本IT企業のなかで実に4割以上がオフショア開発を導入している様子です。このデータも2010年に実施された調査結果なので、IT技術の高まり日本の働き手が減少する昨今、ますます増えていることが予想されます。

日本のオフショア開発依頼先は中国が圧倒的であると説明しましたが、ここ数年ベトナムにも注目が集まっています。高いIT技術を持った人材が多いベトナムは高騰する中国市場に比べて安価であることも魅力のひとつです。アジアへのアウトソーシングはこれからさらに広がりを見せ、モンゴルやミャンマー、フィリピンなどに依頼する企業も増加するのではないかと予想されています。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

海外にアウトソーシングするオフショア開発や、日本国内の遠隔地に委託するニアショア開発がさらに活発化すると、企業側のコストダウンというメリットはもちろん、エンジニアの働き方も多様化されるというメリットもありそうです。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
エンジニアが抑えておくべきオフショア開発の特徴・メリット:r000016001501 | PARAFT [パラフト]

BALANCE

もはや常識?オフショア開発

RELATED POST