clear
  1. 転職・応募に役立つ情報をいち早くゲットできる!
  2. 気になる企業に直接エントリーができるようになる!
  3. 履歴書・職務経歴書がカンタンに作成できる!

clear

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. ご入力いただいたメールアドレスが既にご登録いただいている
clear

clear

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

11.06

sun
SKILLS
KEY
WORD

プレゼンの記事

2016.11.06

プレゼンの記事2016.11.06

プレゼンスキルを上げるには

プレゼン上手の共通点とは?キーは「掴み」と「話し方」

keyword: プレゼン ピッチ 共通点 スキル キャリア

このエントリーをはてなブックマークに追加
プレゼンは好きですか? 苦手意識を持っている方のほうが断然多いですよね。大勢の人の前で成果の発表をしたり営業をしたりするプレゼンは、緊張もしますし、どうすればいいのか悩んでいる方も多いのではないかと思います。人を引き付けるプレゼンには、ちょっとしたコツがあるのです。ぜひ、試してみてください。

2016.11.06文章 / PARAFT編集部

プレゼンでは何よりも掴みが大事!

プレゼンで人が集中してくれている時間はどれくらいあると思いますか? 何と、たったの20秒と言われています。 この間に聴衆をぐっと引き付けることができれば、プレゼンは成功したも同然です。

プレゼンの掴みがうまい人の共通点は、最初の一言目に工夫があることです。質問を投げかける、秘密を打ち明ける、インパクトのある事実を伝える、エピソードを話す、などのテクニックがあります。

この文章の冒頭も質問文ですが、質問で始まると、聞いている人は「なんだろう? 」と思って引き付けられるのです。他にも秘密やインパクトのある事実は、プレゼンにおいてここでしか聞けない限定感を出すことができるので注意をひくことができます。最後にエピソードですが「私も以前はプレゼンが苦手で、人前に立つと緊張で汗だくになってしまっていました。」などの親近感がわくような話、クスッと笑える話などがあれば掴みとして最適です。

大事なのは話す中身だけではなく、話し方

話す内容が大事なのはもちろんなのですが、プレゼンの際には話し方もとても重要です。人の注目を集めるためには話し方に抑揚をつけたり、「あー」や「えー」などのノイズを減らすことも大事になってきます。このノイズは、考えがまとまっていない時に間を保とうとして発される音なのですが、聞いている側にはかなり不快に感じられます。この音が入っているせいで内容がきちんと伝わらなくなってしまうこともありますので、癖になっている方は自分のプレゼンを録音して聞いてみるなどしてノイズを減らしていけるように練習しましょう。

喋るピッチや声の高低で注目を集めることもできます。喋る速度をあえて遅くすることで重要である雰囲気を出したり、熱意を伝えるために速く話したり、最後の提案部分では低い声で話して重みを出したり、もし、プレゼン中に退屈そうにしている人がいたら声を高くして注意をひくなどの様々な方法があります。

伝えたいことは明確に、理解しやすい順番でプレゼンを!

掴みや喋り方のスキルを磨いただけではプレゼンは成功しません。プレゼンの内容は相手に何を伝えて、最終的にどう思ってもらうのかのゴールを設定しておいて、そこに到達できるような流れで構成しておかなければなりません。良くも悪くも、何も考えずに見ていてもゴールに到達できるプレゼン作りが必要です。

掴みも話し方も、全てはプレゼンの内容を伝えるためにあります。プレゼンができる人は職場の人にも取引先の人にも信頼される傾向があり、キャリアアップにも一役買います。大勢の人の前で自分の思ったように話し、伝えるべきことを伝えられる人は仕事を行う上でとても魅力的ですよね。プレゼンは練習次第で必ずできるようになります。自分の姿を映像に撮り、見直し、改善していく、人に見てもらうのも大切なことです。恥ずかしがらずにスキルを磨いていくようにしましょう。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

プレゼン中のあなたは俳優! できるビジネスマンを演じ切って、プレゼンを成功させましょう。分かりやすいプレゼンは見ている人も楽しんでくれます。楽しく聞けるということは、プレゼン内容に対する印象も良くなるということです。練習しましょう!

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。

“SKILLS”

プレゼンスキルを上げるには

RELATED POST