ロゴ | PARAFT [パラフト]
clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

ものづくりの記事

日本のものづくり!服飾系の職人になるには?:r000016001585 | PARAFT [パラフト]

2016.11.10

ものづくりの記事2016.11.10

大好きな服作りを仕事に

日本のものづくり!服飾系の職人になるには?

keyword: ものづくり 職人 地方 工場

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本は昔からものづくり大国と呼ばれ、現在もさまざまな分野でその道を極めるプロフェッショナルな職人が精力的に働いています。その中でも服飾系の職人は細部までにこだわりを見せ、見事な縫製技術で世界にひとつだけの洋服を作り上げているのです。服飾系の職人になるためにどんな道を歩んできた人が多いのでしょうか。仕事内容とあわせて紹介します。

2016.11.10 文章 / PARAFT編集部

弟子から入って服飾系の職人を目指す

現在では徒弟制度をとっている職人もかなり減少しましたが、地方の工場ではまだまだ弟子を取っている職人が存在します。弟子入りを志願する人の多くは将来的に独立し店を構えることを目標にして、服作りをいちから学びます。徒弟制度をとる職人はその人でしかできない特殊技術を持っていたり、強いこだわりを持っていたりすることが多いため、得るものが多いでしょう。

しかし、はじめから難度の高い技術を教えてもらえるわけではありません。基礎的な技術はもちろんのこと接客や掃除などの雑用を任されることがほとんどです。レベルが上がれば上がるほど難しい仕事も任されるようになり、早い人であれば数年で独立することができます。

その一方で弟子として入るとお給料が低額であることがほとんどであるため、覚悟をする必要があります。

地方のものづくり学校で伝統的な技を学ぶ

職人が少なくなってきているという日本の現状から、職人を養成するための学校が建てられるようになってきました。カリキュラムは一般的な大学と似ていますが、本格的にものづくりを学ぶという意味では専門学校に近いものがあるでしょう。

服飾系では兵庫県神戸市にある神戸ものづくり大学が有名です。2000年に設立されたこの大学では開港以来神戸に伝わる神戸服や神戸靴、神戸家具の伝統的な作り方を習います。兵庫県洋服商工業協同組合や神戸靴メーカー協同組合など各組合や業界がバックアップをしてくれるため卒業する頃には立派な職人になれるでしょう。

18歳以上30歳以下であれば入学できるため、大学を卒業してから職人を目指して入学する人も少なくはありません。

企業に入ってから一流の職人をめざす

出典:

近年では服飾メーカーに就職してからものづくりの職人を目指す人も少なくはありません。企業に属していれば生活できる賃金が保証されている上に、多くの人と関わるので幅広い視野を養えるメリットがあります。

日本にも大小さまざまなアパレルブランドが存在します。ほとんどのメーカーではただ洋服を作ればいいのではなく販売戦略を考えたり製品管理をしたり、ときには営業をしないといけないときもあるでしょう。職人には関係のない仕事と思われるかもしれませんが、いくら良い洋服を作っても購入してくれるお客様がいなければ意味がありませんよね。さまざまな仕事に関わることで職人として大切なことは技術だけではないと学ぶことができるでしょう。

デザイナーやパタンナーを目指している人はある程度服飾に関する知識が必要なので、あらかじめ勉強しておく必要があります。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

日本で編み出された素晴らしいものづくりの技術を継承する職人が減ってきています。しかしその状況から現在は学校の設立などを補助する動きも見られるため、職人を目指しやすくなっているのです。自分にあったスタイルで職人を目指すのが一番良いと言えるでしょう。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
日本のものづくり!服飾系の職人になるには?:r000016001585 | PARAFT [パラフト]

OTHERS

大好きな服作りを仕事に

RELATED POST

関連記事はありません

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]