ロゴ | PARAFT [パラフト]
clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
長く居稼ぎをし続けるために必要なモチベーションキープ術:r000016001592 | PARAFT [パラフト]

出典:Pixabay

居稼ぎの記事

長く居稼ぎをし続けるために必要なモチベーションキープ術:r000016001592 | PARAFT [パラフト]

2017.03.13

居稼ぎの記事2017.03.13

居稼ぎのモチベーションキープ法

長く居稼ぎをし続けるために必要なモチベーションキープ術

keyword: 居稼ぎ モチベーション コミュニケーション 仕事力 スキル

このエントリーをはてなブックマークに追加
自分の好きな時に、好きな場所を仕事場にして働くスタイルをメインにしている「居稼ぎ」では、通常のオフィス勤務とは違うモチベーションキープが必要になります。時に孤独な作業になったり、仕事スタイルから生じる思わぬリスク、居稼ぎに必要なスキルや居稼ぎ向けの性格など、モチベーションをキープするためのコツをまとめました。

2017.03.13 文章 / Ruaha 裕子

機器より重要なコミュニケーションスキル!事情や状況を上手に伝える

出典:Pixabay

いつでも、どこでも、自分の居たい場所で仕事をこなせる「居稼ぎ」を実現するためには、仕事を行える条件を自分で整える必要があります。この「条件」とは、大別してハード面とソフト面の2つに分けられると思います。

ハード面とは、一言でいえば機器類のこと。仕事に必要なスペックのパソコンやタブレットと、通信環境です。自宅で仕事をするのであれば費用さえ確保できればさほど難しいことではありません。

機器類のスキルはパソコン教室や在宅就労ワークショップなどで身に着ける方法もあれば、費用はかかるけれど、転職をキッカケに資格スクールで学んで大幅なスキルアップを狙う方法もあります。つまり、ハード面に関する技術はスキルアップの方法がいくつかあり、仕事を始めてからでも身に着けられるのも多いといえます。極端なことを言えば、その時点でこなせる技術力に合った仕事だけに的を絞ってスタートしたっていいわけです。

これに対して、ソフト面のスキルである「コミュニケーション技術」は、ある程度コツを叩き込んでおかないと、すぐにトラブルの原因になります。。

居稼ぎでは、クライアントと対面して指示を仰ぐとか、打ち合わせをするチャンスが極端に少なくなります。メールやChatwork、LINEやFacebookメッセンジャーなどの文字だけのやりとりや、SkypeやLINEでもビデオ不使用が多い傾向です。顔も知らない相手と、報告・連絡・相談を確実に行えることが仕事をスムーズに進めるポイントになってしまうのです。

居稼ぎで必要なコミュニケーションスキルとは、「状況をなるべく迅速に伝えるチカラ」です。仕事に影響が起こりそうなプライベートの状況を、プライバシーを守りつつ、相手を不快にさせないで伝える技術が必要になってくるのです。

【上手な伝え方の基本】
・5W1Hを明確に
・言葉遣いは「丁寧」が基本(なれなれし過ぎない)
・プライベートの用事で連絡がつきにくくなる時は、あらかじめ伝えておく

実は一番難しいのは「断り方」です。お金を払う側は、仕事の範囲を都合よく解釈して、何でもかんでもやらせようとしてくる場合があるからです。必要な時はきっぱりと断れるか? どこまでが許していい範囲か? キチンと見極めて一種の「けじめ」をつけることが、長く働くうえでは大切になっていきます。

自分の「仕事力」はどのくらい?こなせる量とスキルをチェックする

出典:Pixabay

居稼ぎをスタートさせよう!と決めて、初めてのクライアントから、

「この仕事をお願いしたいんだけど、いくらで頼める?」
「ここにあるものをベースに、ここまでを修正してもらいたいんだけど、いつまでで完成できる?」

などなど、仕事の「費用」「期限」について問い合わせを受けた場合、あなたは、即座に返事ができますか?

居稼ぎビギナーの場合、こういう悩みで躓いてしまい、先へ進めない人がしばしばいるようです。

これはつまり、

▼ あなたの仕事は時給換算いくら?
▼ あなたの技術料は、単価いくら?


という質問です。さて、あなたは、自分自身の仕事の速度と、スキルに見合った「自分の価格」を出すことができるでしょうか?

あなた自身の「価格」は自分の自由で決めていいのですが、そこには使う機器の費用や、電気代、場所を確保する費用、出かけるための交通費など、仕事をこなすためにかかる費用も全て含まれています。そのうえで、あなた自身の「人件費」が加算されるわけです。

そうしてみると、「自分の値段」を計算するためには、

・時間当たり、どのくらいの作業量をこなせるか?
・仕事そのものの難易度を正確に把握することができるか?
・その仕事を完了するまでに、時間、経費がどのくらいかかるか?
・現時点で自分が持っている資格やスキルで対応可能か?


などを把握できている必要があります。あまりに効率が悪くて手間ばかりかかり、自分の手に余るような仕事なのに安い場合は、思い切ってお断りしないと、ワーキングプア路線を爆走することになってしまいます。

費用面の相場や適正価格を計るのは意外と難しく、仕事の種類(プログラミング、イラスト、ライティングなどの分野)でも変わってきます。本業で価格相場を把握していないと、自分の受注価格が適正であるかを判断するのが難しいかもしれません。

こういう時に便利なのが、受注価格から経費をひいて時給換算してみる方法です。算出した時給換算価格が、その地域の最低賃金よりも多いか?は一つの目安になります。

クラウドソーシングの場合、価格は全般的に低め傾向でワープア路線に陥りやすいため、注意が必要です。

「居稼ぎに向いてる?」自分の性格もチェックしてみる

出典:Pixabay

居稼ぎをやってみたい……でも、できそうな気がしない。そんなときは、一旦自分の性格面をチェックしてみるのもよいかもしれません。

居稼ぎの働き方は、自営業、請負、委任などに分類されます。俗な表現でいえば「ひとり親方」であり、仕事の進め方やボリューム、その仕事の代価(価格)も、基本的には自分で交渉したり、調整したりすることになります。仕事を探してくる「営業」も、フリーランスとしてのイメージを確立する「セルフブランディング」や「PR」も、時間配分を決める「スケジューリング」も、基本的には全て一人で行っていくことが求められます。先輩イカセギストから助言を貰えたとしても、最終的な決断は自分自身になります。

また、実作業は一人になりやすいですから、孤独な環境を苦手とする人も、反対に極端に他人とのかかわりが苦手な人も、いきなり一人で居稼ぎは辛いかもしれません。ダメな時はダメ、とある程度はっきりした意思表示を伝えられる冷静さも、時には必要になります。

こうした面から考えると、居稼ぎ向けの性格は、

独立独歩型の一匹狼タイプで、自己管理スキルが高い人が、一番向いているような気がしますね。

ただ、自分がこのタイプに該当しないから、といってがっかりして、居稼ぎをあきらめる必要はないと思います。居稼ぎの働き方は、自営業だけには限らないからです。居稼ぎはあくまでも働き方の一つであって、リモートワークチームで働くことで、在宅就労を居稼ぎする選択肢もあるからです。

また、居稼ぎに向いている人に、男女の別はあまり関係がないように思います。子育て経験がある女性は男性よりもマルチタスクスキルが高いと言われていて、家事の傍ら居稼ぎをこなすには有利かもしれません。一方、男性特有の視野の広さは、ネットワーク上だけで仕事をこなしていく時、全体の把握をしやすいメリットがあります。それぞれに良い点があると考えておくほうが実情に合っているのではないでしょうか。

WRITER

ライター

Ruaha 裕子

居稼ぎを進めていくのに必要なのは、機械に慣れることよりも、コミュニケーションスキル、実力の把握、性格特性の把握などの「自分を知ること」の方が重要になると思います。自分の能力、性格を客観的に見られるかが仕事を成功させ、長くモチベーションを保って行くことに役立つことになります。 ママさんワーカーさんの場合、「自分へのご褒美」もちゃんとキープしていくことも、長く続けていくコツの一つです。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
長く居稼ぎをし続けるために必要なモチベーションキープ術:r000016001592 | PARAFT [パラフト]

LOCATION

居稼ぎのモチベーションキープ法

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]