ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
「コワーキングスペース」日本と海外との違いとは?:r000016001621 | PARAFT [パラフト]

出典:freepik

コワーキングスペースの記事

「コワーキングスペース」日本と海外との違いとは?:r000016001621 | PARAFT [パラフト]

2016.12.28

コワーキングスペースの記事2016.12.28

場所にとらわれない働き方に最適

「コワーキングスペース」日本と海外との違いとは?

keyword: コワーキングスペース 海外 日本 働き方 場所

このエントリーをはてなブックマークに追加
「コワーキングスペース」という言葉を聞いたことはありますか? コワーキングスペースとは、電源やWi-Fi環境が設備されたオフィス空間のことで、一般的なレンタルオフィスと大きく異なるのは、作業をする空間が壁や扉で仕切られていないことと、カフェのような開放感のある場所で、他の人と空間を共有しながら仕事をする点です。日本でも浸透しつつあるコワーキングスペースですが、海外との違いについて探ってみました。

2016.12.28 文章 / PARAFT編集部

日本国内では350以上のコワーキングスペースが稼働中

出典:freepik

日本国内には、350~400のコワーキングスペースがあると言われています。利用者の多くは、企業に属せずフリーで働いている人で、IT系やクリエイティブ系の職種の人が多いとか。それまではSOHOなど、自宅をオフィスにしていたり、カフェで仕事をしていたけれど、家から一歩も出ない生活にさみしさを感じたり、Wi-Fi環境の良いカフェを探すのが大変、といった問題を解決できる場所として重宝されています。

日本の場合、自宅以外で仕事をする場所がほしい、仕事環境の整った空間がほしいといったニーズが高いため、利用料金が手軽であることや、アクセスしやすい立地条件などが、人気のコワーキングスペースとなる必須条件と言えます。

ホテルやジムの併設も!? 海外のコワーキングスペースは個性的

出典:freepik

海外のコワーキングスペースに目を向けてみると、その中心は欧米です。世界初のコワーキングスペースである「シチズンスペース」が誕生したアメリカをはじめ、世界各国には約6000のコワーキングスペースがあり、利用者は約30万人にものぼります。

1か月単位で借りれば利用料金は数万円、1日利用なら数千円、1時間単位なら800円~1,000円程度。場所によっては、ワンドリンクを頼むことで数時間使えるWi-Fiのパスワードを教えてもらえる、という場所もありますが、利用料金に大きな違いはないようです。

また、海外のコワーキングスペースは、ホテルと一体型になっていたり、スポーツジムの設備も整っていたり、ボルダリングの壁が設置されていたり……。かと思うと、だだっ広い倉庫のような場所に作られていたり……。実に個性豊かです。

海外ではビジネスチャンスを広げる場所として利用されている

出典:freepik

日本と海外のコワーキングスペースで異なるのは、利用する人々の意識と言えます。

日本の場合、現状では施設の利便性という利点を求め、コワーキングスペースに人が集まってきているのに対し、海外では、ビジネスパートナーとの出会いの場や、新しいビジネスチャンスを発見する場という意味合いが強いのが特徴です。そのため、それぞれのコワーキングスペースに、コンシェルジュのような役割をするスタッフがいて、「あの人は今こんなビジネスをしている」「紹介するから話をしてみたら? 」など、利用者同士の仲介をしてくれる場所もあります。例えば、アメリカ国内や国外5か国にも店舗を持つ、世界を代表するコワーキングスペースチェーンでは、定期的なイベントで会員企業同士のつながりを深める取り組みを行っているほか、会員だけが使えるSNSを提供しています。また、オランダのあるコワーキングスペースのホームページには、利用者が顔写真と自己紹介を掲載している会員紹介のページがあり、利用者とスペースとの信頼関係を表しているように感じられ、利用者同士のコミュニケーションに一役買っているという印象です。

コワーキングスペースを、単なる仕事の場としてとらえるのではなく、ここで出会った人とビジネスを起業し、いずれコワーキングスペースを卒業して自分のオフィスを構える、というのが、利用者の目標だということです。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

日本でも、コワーキングスペースで起業のための説明会が行われたり、異業種コミュニケーションのイベントが開かれたり、さまざまな取り組みがなされてきています。そういった流れがもっと加速することで、コワーキングスペースがオープンスペースに作られている真の価値が、発揮されていくのかも知れません。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
「コワーキングスペース」日本と海外との違いとは?:r000016001621 | PARAFT [パラフト]

LOCATION

場所にとらわれない働き方に最適

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]