ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
各国の平均勤続年数を比べてみました:r000016001638 | PARAFT [パラフト]

出典:PARAFT

新卒の記事

各国の平均勤続年数を比べてみました:r000016001638 | PARAFT [パラフト]

2016.12.03

新卒の記事2016.12.03

1つの企業には何年勤める

各国の平均勤続年数を比べてみました

keyword: 新卒 海外 平均勤続年数 転職 会社

このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたは、新卒入社した会社に何年いましたか? もう退職したという方は、何年在籍していましたか? 今回の記事では、日本と海外の平均勤続年数を取り上げ比較してみます。 近年日本の転職市場は活況なこともあり、1つの会社で勤め上げる人は減っているといいますが……。ぜひ将来のキャリアの参考にしてくださいね!

2016.12.03 文章 / PARAFT編集部

日本の勤続年数はまだまだ長かった!1~3年未満が多い国も

出典:Pixabay

独立行政法人労働政策研究・研修機構が発表した『データブック国際労働比較2016』では、「従業員の勤続年数」として日本やアメリカ、カナダ、イギリスなど16カ国のデータが取り上げられています。

日本で最も多いのは「5年以上10年未満」の層で22.5%、10年以上働く層を合わせると44.8%という結果に。一方で、各国の「10年以上」をみてみると、アメリカ29.1%、イギリス32.0%、ドイツ41.1%と、長く勤める人の割合が日本よりも少ないことがわかりました。

日本で転職市場が活発になっているとはいえ、5年以上勤務する人の割合は6割以上。カナダ・イギリス・デンマークなどは3年未満の割合が4割を超えていることからも、日本よりも短いスパンでキャリアチェンジをしていることが分かります。

20代で転職するなら、何年目がタイミングが良い?

出典:Pixabay

では、新卒入社した会社を辞めて新たな仕事を探したい場合は、何年目が良いのでしょうか。

未経験の仕事に挑戦するならば、新卒から3~4年後、25歳~26歳程度で転職をするのが良いでしょう。入社して半年や1年で転職をすると、若くて柔軟性はあるが継続性がないと判断されることがあるからです。“新人”から抜け出せることまで、少しでも多くの実績をもっているほうが転職には有利でしょう。企業が新卒ではなく第二新卒を採用するメリットは、若年でありながらビジネスマナーや社会人の基礎力がついていることだという点も押さえておきましょう。

同業でキャリアアップをしていくのならば、6~7年目、28歳~29歳、つまり30歳にギリギリ到達しない程度の年齢での転職がおすすめです。経験者としてアピールできる実績を作っておきましょう。

転職をしないキャリアはいけないのか?

近年、日本でも転職することが珍しいものではなくなってきました。人材紹介会社などのテレビCMや雑誌、インターネット広告を目にする機会が増え、海外でのキャリアアップの情報が気軽に得られるようになると、転職をしなければいけないのかなという気持ちになることも。

今の状況に満足しているのであれば、一社で活躍し実績を残し、会社と社会に貢献してきたキャリアは何ものにも代えがたい価値あるものです。自分のやりがいや、生活スタイルとあった働き方ができる環境をいち早く見つけられた、幸運なキャリアだったとも言えるでしょう。

これからは、社内の情報だけでなく世の中全体の流れや社外の人とのコミュニケーションがイノベーションを生むと期待されています。転職をしないとしても、経済や業界の最新情報について常に学習し、魅力的な人材であり続ける努力をしておきたいですね。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

海外では、日本よりも平均勤続年数が短いことが分かりました。転職活動がメジャーになり、キャリアの選択肢が増えてきた今、あらためて自分に合う働き方、望むキャリアのかたちを思い描いてみましょう。自分にピッタリの働き方をみつけ、毎日を充実させていきましょうね。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
各国の平均勤続年数を比べてみました:r000016001638 | PARAFT [パラフト]

TIME

1つの企業には何年勤める

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]