ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
文系も「プログラミング」を理解する!|『ルビィのぼうけん』:r000016001655 | PARAFT [パラフト]

出典:PARAFT

コミュニケーションの記事

文系も「プログラミング」を理解する!|『ルビィのぼうけん』:r000016001655 | PARAFT [パラフト]

2016.12.07

コミュニケーションの記事2016.12.07

絵本で学ぶ論理的思考

文系も「プログラミング」を理解する!|『ルビィのぼうけん』

keyword: コミュニケーション プログラミング 論理的思考 子育て ビジネススキル

このエントリーをはてなブックマークに追加
プログラミングは2020年に小学校での必修化が検討されており、ビジネスパーソンにはすでに必須スキルです。『ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング』(リンダ・リウカス/翔泳社)は、子どもも読める絵本ながら、プログラミングの本質に迫った良書。物語を読み進めるうち自然と論理的思考法を学べ、複雑なコードも出ず、文系の人でもスッと頭に入ります。会社のシステム部とのやりとりを難しく感じる方は必読です。

2016.12.07 文章 / 平原学

女の子と宝石を探す冒険へ。さりげなく織り交ぜられた論理的思考のヒントとは

出典:PARAFT

主人公のルビィは、ある日のお留守番の間、パパが残した手紙を見つけます。そこには宝石を探す冒険への誘いが。けれど、何をやればよいか明確なことは何も書かれていません。また冒険へ出た先々では、さまざまな問題を抱える個性的なキャラクターたちが登場します。賢いけれど、小さくまとめられた問いかけにしか答えられないペンギンたち。畑仕事が大好きなのに、ボスがいい加減な命令を出すため、散らかし放題のキツネたち。ルビィはそれら一つ一つに注意深く接し、問題を解決しながら宝石を集めていくのです。

ルビィの真摯な問題への接し方こそ、論理的思考のヒント。あなたがIT企業の営業部だったとして、クライアントからの要求がわかりづらいこともあるでしょう。わかったとしても、それをどう自社のプログラマーに伝えればよいのか。またシステムに問題が発生したとき、どこに問題があるのか、わかっているのとわからないのとでは、顧客への説明の仕方も変わってしまいます。

ついつい感情的にもなりがちな問題を、一つ一つ冷静に解決していくための重要アイテムこそ、論理的思考法。可愛らしいイラストに引き込まれるうち、いつしか読者もその便利な道具を手に入れていることに気づくでしょう。

指示は明確に、齟齬をうまないように命令することが大事

では、ストーリーの中で学べる論理的思考の具体例を紹介しましょう。畑を散らかし放題のキツネたちが表すのは、未完成のプログラムそのもの。仕事好きゆえ、一つの命令をくだせば、終わるための条件を満たさない限り永遠に繰り返してしまいます。また、その上で新しい指示を出そうものなら、最初の仕事が中途半端なままでも別の作業に移ってしまいます。

そんな彼らを観察しながら、ルビィは役割分担を決めます。まずタネをまく係には、「タネの入ったふくろを持って、畑の穴が空っぽだったら、にんじんのタネをまいて」と指示。すでにタネがまかれた穴にも繰り返しタネをまいていたであろうキツネたちへ、「畑の穴が空っぽだったら」という仕事の条件を与えます。

タネをまいて次へ進むには、「もうタネが穴にあったら、次の穴へどうぞ」。さらに「列のはしっこまで来たら、次の列へどうぞ」と列を移る条件も追加。最後は「今まで言ったことを、5回くりかえしてね」の命令で、列の最後の5列目まで同じ作業を反復させることを指示。うまくプログラムを動かすためには、ここまで細かく、齟齬がないよう指示を出す必要があるのです。

ただ、プログラミングの正解は一つだけではありません。続いて草むしり係にも指示を出しますが、作業を終える条件などに少しアレンジを加えています。プログラムをうまく動かす方法が一つではないことに、ここで気づかされるでしょう。

論理的思考にニガテ意識のある人や子どもも気に入り、読んでくれる一冊

出典:freepik

「指示を細かくする必要があるなんて、やはり論理的思考は面倒だ」と苦手意識をぶりかえしてしまった方。大丈夫、本書は絵本なので、理解を助けるための図やイラストもたくさん載っています。

また本のパートは、宝石を探すルビィの冒険を描いた物語部分が前半パート。後半パートは物語に関連する練習問題が掲載されており、物語だけを読んであまりピンとこなかった方も、理解が深められるようになっています。

特に5歳以上のお子さんがいらっしゃる方には、親子で一緒に解いていくのがおすすめ。子どもは好奇心が高いので、大人もそれに刺激されて、自然と学びたい気持ちが芽生えるでしょう。また大人に向けては、問題の一つ一つに「おどうぐ箱」というメモが書かれており、その問題から何が得られるのか、何を目的とした演習なのか、あらかじめ知ることができます。頭が固くなりがちな大人に向けたハンデでしょうか?

もちろん、「そんなの必要ない」という方は、読まずにどうぞ。楽しく問題に向かううち、手に入れた論理的思考も自然と強化されることでしょう。

WRITER

コラムニスト、ライター

平原学

社会に出てから初めてプログラミングを学んだ私は、面白さを感じるより、なぜ今まで学ぼうとしなかったのかと悔しさが込み上げたのを覚えています。ただ、今はそのとき学べて良かったと思います。歳を取れば取るほど、新しいことを学ぶハードルは上がるからです。IT業界の第一人者たちがおすすめするこの絵本は、どの年齢の方に対しても、論理的思考を学ぶハードルを下げてくれます。普段は本を読まない方もわずかな時間で読破できてしまうので、「私には無理だ」と思っている方もまずは手に取って、可愛らしいイラストを楽しむことから始めてみては。

■収益金について
本のある生活はあなたの人生を豊かにします。パラフトは、あなたの行動により生まれた収益金のすべてを寄付し、次世代を担う子どもたちの人生をより豊かなものにします。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
文系も「プログラミング」を理解する!|『ルビィのぼうけん』:r000016001655 | PARAFT [パラフト]

BOOKS

絵本で学ぶ論理的思考

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]