採用ご担当者様へ

clear
  1. 転職・応募に役立つ情報をいち早くゲットできる!
  2. 気になる企業に直接エントリーができるようになる!
  3. 履歴書・職務経歴書がカンタンに作成できる!

clear

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. ご入力いただいたメールアドレスが既にご登録いただいている
clear

clear

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

12.31

sat
PROFESSIONS

インフラエンジニアの記事

2016.12.31

インフラエンジニアの記事2016.12.31

未経験からでも目指せる

【各種エンジニアについて】インフラエンジニアとは?

keyword: インフラエンジニア 開発 webサービス アプリ ベンチャー

このエントリーをはてなブックマークに追加
IT企業には、さまざまな種類のエンジニアがいますが、中でもインフラエンジニアとは一体どのような仕事をしているのでしょうか。ITにおけるインフラとは何か、インフラエンジニアは、開発においてどのような役割を果たすのか、ベンチャー企業でのインフラエンジニアの重要性や、インフラエンジニアになるための資格はあるのかなどについて調べてみました。

2016.12.31文章 / PARAFT編集部

ITを支えているITインフラとは何か?

ITインフラとは、ネットワーク、サーバー、ソフトウェアなどのインターネットサービスの提供に欠かせない基盤のことを言います。この基盤をもって、ユーザーに対してwebサービスやアプリを提供しています。

ITインフラには、さまざまな通信ルールやサービスがありますが、クライアントとサーバーがデータをやり取りするためのシステム全体を、ITインフラと呼びます。インフラエンジニアは、会社や組織で目的をもってITインフラを作っています。その目的に対し、どのような機能や性能が必要なのか、要件として書き出していきます。

要件が決まったら、どのようなインフラなのか、どのくらいの予算に設定するのか、どのくらいの期間で作るのかを設計図に書いた後、作り始めます。

インフラエンジニアの役割とその仕事内容とは

インフラエンジニアの役割は、大きく3つに分かれます。まずはインフラ設計です。情報システムの基盤を作るために必要な通信ネットワークやコンピュータの導入や調整を考えながら設計書に落とし込みます。次にインフラ構築を行います。作成した設計書をもとに、必要となるソフトウェアの発注から機器の組み立て、取り付け、設定を行います。最終的に負荷テストを行い、構築したインフラによって問題なくシステムが稼働するかを確認します。また、システム構築が終了しても、運用・監視・保守・障害対応が発生します。障害が発生したときは、素早く復旧作業を行い、修正点があれば都度改善を行います。

インフラエンジニアは、必要な機器を現場に運搬し、組み立て作業を行うこともありますので、パソコンの前に座って頭を使うだけの仕事ではありません。実際の配線を行うこともあります。全体を見通す目と、細部まで見極める目の両方が必要になる仕事です。

インフラエンジニアに求められる能力と資格とは

インフラエンジニアに求められる能力は多岐にわたります。クライアントが必要としていることをヒアリングするための高いコミュニケーション能力、そのニーズを具体的な要件に落とし込む企画力、誰が見ても分かりやすい設計書の作成能力、ITインフラの専門知識と経験、作業効率化、大勢での作業のための管理能力、実際に機器を扱ったり配線などを行ったりするための体力……つまり、総合的な能力が必要なのです。

インフラエンジニアが持っていたほうが良いとされている資格には、いくつか種類があります。企業や通信事業者向けの機器の製造と販売を行っているCisco Systems関連資格、1992年にUNIX互換のOSとして開発されたLinux関連資格、世界最大のデータベースソフトメーカーであるOracle関連資格、そしてITパスポートなどの情報処理技術者試験です。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

インフラエンジニアは、幅広い知識と能力、そして経験が必要とされる職業です。もし、未経験からインフラエンジニアを目指したい場合には、ベンチャー企業など、インフラエンジニアの需要が高い職場で経験を積んでいくことがお勧めです。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。

“PROFESSIONS”

未経験からでも目指せる

RELATED POST