ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

海外旅行の記事

有給を使って海外旅行へ! 海外保険は加入した方がよいの?:r000016001678 | PARAFT [パラフト]

2016.12.31

海外旅行の記事2016.12.31

旅行中も備えあれば憂いなし

有給を使って海外旅行へ! 海外保険は加入した方がよいの?

keyword: 海外旅行 有給 海外保険 加入 手続き

このエントリーをはてなブックマークに追加
夏期休暇や年末年始休暇と有給休暇を合わせて長期休暇にし海外旅行へ出かける方も多いのではないでしょうか。長期間、海外へ行くとなると気になるのが、海外保険です。旅の途中で体調を崩したり怪我をしたりした場合、ホテル館内のインテリアに傷をつけてしまった場合、自分のカメラを盗まれてしまった場合、飛行機に預けた荷物が受け取れない場合などに保険に加入していると安心です。どのように手続きを行えば良いのでしょうか。

2016.12.31 文章 / PARAFT編集部

海外保険でカバーされる範囲はどこまで?

海外保険には、留学生やワーキングホリデーのための海外留学保険、海外に駐在して働く方のための海外駐在員保険、そして個人的な旅行で利用するための個人型の海外旅行損害保険があります。

海外保険でカバーされる範囲は、主に傷害死亡・後遺障害、治療・救援費用、疾病死亡、賠償責任、携行品損害となります。死亡に至るような事故に遭う可能性はそこまで高くないかもしれませんが、旅行先によっては、スリや盗難に遭う可能性が高い地域もあると思います。携行品損害が充実している保険であれば、いざというときの安心材料になります。

また、航空機寄託手荷物遅延に対する保険が付帯されているものであれば、航空機に預けた荷物が目的地に到着しない場合や遅れた場合に、身の回りの必要な品を購入した金額が保険金として支払われます。数か国を旅するときは、航空機遅延に対する保険があると安心です。搭乗予定の航空機の到着が遅れた場合や、搭乗していた航空機が目的地に到着するのが遅れた場合、追加でかかった宿泊費や食費などが保険金として支払われます。

旅行出発後に加入できる海外保険も!

意外と知られていないのが、海外旅行へ出発してからでも加入できる保険です。病気や怪我をした後からでも適用できるものもありますので、状況に合わせてサイトを確認してみてください。病気や怪我以外にも、海外旅行中、虫刺されで酷く腫れたり熱が出たりしたときでも、病院でかかった治療費に保険を適用させることができます。

https://www.worldnomads.com/

こういった海外保険は便利ですが、サイトのページは英語表記で日本語での説明がないため、英語力に自信がない人にはあまりお勧めできません。そのため、事前に国内でサイト上の内容をよく確認し、自己責任のもと、海外保険の手配をしておくことをお勧めします。

クレジットカードに付帯されている旅行保険も

海外旅行損害保険に加入しておけば、いざというときに安心だということはお伝えしたとおりですが、もちろん料金が発生します。保険の種類にもよりますが、例えば4泊5日のアメリカへの旅行で、5,000円~10,000円は見ておいたほうがよいでしょう。海外旅行にはよく行くので、その都度払うのはもったいないという方には、旅行保険付きのクレジットカードを持つがお勧めです。

旅行保険が付いていることで有名なクレジットカードは、アメリカン・エキスプレスカード、ANA VISAカード、ダイナースクラブカード、ライフカードです。年会費がかかるものもありますが、年に2回以上海外旅行へ行く方であれば、この旅行保険の付帯分で十分に元が取れます。

クレジットカードに旅行保険がついていると、毎回わざわざ手続きをする必要もないので、とても楽です。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

以上、海外旅行へ行く際の旅行保険について解説してきました。いざというときがやってこないことが一番ですが、備えあれば憂いなしです。旅行保険の中には、出発直前や、空港で加入できるものもあるので、楽しく安全な旅行をするためにも、海外保険についてもきちんと検討しておきましょう。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
有給を使って海外旅行へ! 海外保険は加入した方がよいの?:r000016001678 | PARAFT [パラフト]

OTHERS

旅行中も備えあれば憂いなし

RELATED POST