採用ご担当者様へ

clear
  1. 転職・応募に役立つ情報をいち早くゲットできる!
  2. 気になる企業に直接エントリーができるようになる!
  3. 履歴書・職務経歴書がカンタンに作成できる!

clear

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. ご入力いただいたメールアドレスが既にご登録いただいている
clear

clear

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

12.05

mon
SKILLS

コミュニケーション学の記事

2016.12.05

コミュニケーション学の記事2016.12.05

コミュニケーション学ぶ学部も?

ビジネスにも深い関係「コミュニケーション学」はどんな分野?

keyword: コミュニケーション学 コミュニケーション論 学部 学問 研究

このエントリーをはてなブックマークに追加
コミュニケーションを専門的に学ぶ「コミュニケーション学」を聞いたことはありますか? 対個人のものから社会全体に関わるものまで、幅広いコミュニケーション学ですが、生活に密接に関係しているものでもあります。どんな学問で、どんな研究が進められているのか、気になる「コミュニケーション学」についてまとめました。

2016.12.05文章 / PARAFT編集部

コミュニケーション学とはどんな学問?

コミュニケーションとは感情や考えを伝達することですが、学問として学ぶ際には「対人コミュニケーションからマス・コミュニケーションなど複雑多岐にわたるコミュニケーション現象」を対象に研究を進めることになります。(東京経済大学コミュニケーション学研究科(博士)より)

伝達に関する研究の歴史はとても古く、古代ギリシアで盛んだった「修辞学」もコミュニケーション学と言えます。これは演説や弁論などで、相手をあるいは聴衆を説得するための学問です。感情や状況をどんな言葉で表現するか、効果的な身振り手振りはどんなものか、そういったことを学ぶのですが、そのテーマは現代に通じるものがあります。
※ 修辞学の解説は「日本大百科全書」を参考

コミュニケーション学【その①】基礎研究分野

コミュニケーション学で研究する分野を大別すると、基礎研究分野と個別研究分野に分けることができます。基礎研究分野には以下の学問が含まれます。

▼ 語学

相手と意思の疎通を図るには、どんな言葉で伝え、相手の言葉をどれだけ理解できるかが重要です。外国語を学べば外国人とのコミュニケーションも可能になります。

▼ 心理学

人間の感情や行動を研究します。感情は意思の疎通により動くこともあるため、心理学もコミュニケーション学の一分野になります。

▼ 社会学

人間が社会と関わることで起きる物事について、その背景や仕組みについて研究するのが社会学です。コミュニケーション学において重要な学問です。

▼ 文化人類学

国や民族、地域ごとの文化や考え方を研究し、それをほかの文化と比較研究します。行動パターンの解明などもこの学問の研究によります。

コミュニケーション学【その②】個別研究分野

個別研究分野には以下のような研究があります。

▼ 異文化コミュニケーション

異文化圏の人とのコミュニケーションで起こる問題について研究し、解決策を探るものです。学ぶ場所としては、異文化コミュニケーション学部という学部もあれば、文系の学部の中に異文化コミュニケーション学科がある場合もあります。

▼ 社会コミュニケーション

人間が営む行為に広く該当するコミュニケーションを研究対象としており、特にビジネス等の“交渉”という側面が含まれているのが特徴※。
※ 国立情報学研究所共同研究、2001年度『社会コミュニケーションの研究』より引用

▼ 人間コミュニケーション

言葉の言い回しや身振り手振りなど、言語的コミュニケーションと非言語的コミュニケーションの文化による違いを研究します。徳島大学では人間同士がとるコミュニケーションについて「福祉学・情報科学・心理学の立場から」学ぶとあります。

▼ 情報コミュニケーション

本やインターネットなどを介して得る「情報」と、人と人が会話や身振りを通じて交流する「コミュニケーション」を『切り離すことができない、一体化したプロセス※』として学ぶ学問です。高度で複雑化した情報社会が発展していくこれから、欠かすことのできない分野だと言えます。
※ 明治大学 情報コミュニケーション学部「学部概要」より引用

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

コミュニケーション学と一言で言っても、実際は幅広い分野が含まれます。そのため、国内に留まらず国際的な仕事でもコミュニケーション学が活用されることが多く、今後更に多くの業界で必要とされる場面が増えると言われています。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。

“SKILLS”

コミュニケーション学ぶ学部も?

RELATED POST