ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 転職・応募に役立つ情報をいち早くゲットできる!
  2. 気になる企業に直接エントリーができるようになる!
  3. 履歴書・職務経歴書がカンタンに作成できる!

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. ご入力いただいたメールアドレスが既にご登録いただいている
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
グローバルに活躍したい学生が選ぶ、語学+αが身につく大学とは:r000016001758 | PARAFT [パラフト]

12.05

mon
SKILLS
KEY
WORD

グローバルの記事

グローバルに活躍したい学生が選ぶ、語学+αが身につく大学とは:r000016001758 | PARAFT [パラフト]

2016.12.05

グローバルの記事2016.12.05

学ぶべきは英語だけじゃない

グローバルに活躍したい学生が選ぶ、語学+αが身につく大学とは

keyword: グローバル 東京外国語大学 国際基督教大学 語学力 上智大学

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本人は英語ができなくて世界で損をしていると言われています。高いスキルや良い商品があるのに、英語ができないことで、それらを海外で活かすことができていないのです。グローバルに活躍したい人にとって、語学力はぜひとも身につけておきたい能力です。今回は、語学教育に力を入れている大学と、その取り組みについて紹介します。

2016.12.05 文章 / PARAFT編集部

27もの専攻言語! 東京外国語大学

東京外国語大学は、その大学名のとおり、外国語教育に力を入れている国立大学です。特筆すべきは、その専攻言語の数で、言語文化学部では球の全地域を網羅する14地域の27言語の学ぶことができます。メジャー言語はもちろんのこと、ビルマ語・ウルドゥー語・ベンガル語などといったマイナー言語まで学ぶことができ、語学力をつけたい人にとっては、これ以上ない環境といえるでしょう。

言語教育に関する取り組みとしては、グローバル人材育成言語教育プログラム(以下、GLIP)というプログラムを行っていて、東京外国語大学のホームページによると、GLIPはグローバル化が進む現代の国際社会で必要とされる職業人を育成するためのプログラムで、そこでは英語力を磨くためのGLIP英語科目と、国際的な教養を英語で身につけるための英語による科目を提供しているとされています。

国際基督教大学(ICU)の名物ELAとは?

国際基督教大学(ICU)は有名なリベラルアーツ・カレッジで、秋篠宮文仁親王の第二女子である佳子内親王が2015年に入学したことで話題になったと言えば、思い当たる人も多いことでしょう。リベラルアーツとは、文系・理系を最初から区別するのではなく、まずは幅広い知識を学んだ後に専門性を深めるという教育でで、国際基督教大学は語学力のあるグローバルな人材の育成に非常に力を入れている大学です。

その語学教育の特徴は、なんといってもELA(リベラルアーツ英語プログラム)と呼ばれるプログラムにあります。ELAとは、国際基督教大学のホームページによると、4月入学生が1年次の大半を費やして、集中的に英語運用能力を伸ばす科目とのこと。各科目では少人数クラスに分かれ、文献を読み、議論し、小論文を書くなどのプログラムを、全て英語で行うことで英語能力向上を図ります。

充実の外国語学習環境がそろう上智大学

出典:

上智大学も、外国語教育に定評のある大学です。外国語学部を有していて、英語・ドイツ語・フランス語・イスパニア語・ロシア語・ポルトガル語の6言語の学科があり、いずれの学科も入試は難関で、特に英語学科は私立の最難関の一つです。

特徴は、「3言語×3視座」を身に付け、世界規模で人を、地域をつないでいく人物に、という目標を掲げていることです。3言語とは、日本語・英語・専攻語(英語学科は第2外国語)、3視座とは、日本発信力地・域多様性理解力・地球課題発見解決力を指しています。

”知識の獲得だけでなく、ものごとから問題を発見する能力、そしてそれを解決する能力を養うことを目指します。”とする同校のスタンスは、これからグローバル社会を乗り切っていく私たちビジネスパーソンにも参考になる考え方だと言えるでしょう。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

英語を学ぶなかで、問題発見力や解決力、創造力を養おうというこれらの大学のスタンスは、非常に興味深いものです。大学へ入り直す余裕なんてないという人も、これから語学を学ぶ際のひとつの指標として、ぜひ覚えておいてくださいね。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
グローバルに活躍したい学生が選ぶ、語学+αが身につく大学とは:r000016001758 | PARAFT [パラフト]

SKILLS

学ぶべきは英語だけじゃない

RELATED POST