ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

零細企業の記事

「零細企業」の中小・ベンチャー企業、自営業との意味の違いとは:r000016001812 | PARAFT [パラフト]

2016.12.11

零細企業の記事2016.12.11

パターンいろいろ小さな会社

「零細企業」の中小・ベンチャー企業、自営業との意味の違いとは

keyword: 零細企業 会社 自営業 中小企業 ベンチャー企業

このエントリーをはてなブックマークに追加
零細企業や中小企業という言葉をよく聞きますが、イメージとして有名企業、大手企業以外は中小企業、中小企業より規模の小さい企業が零細企業だと考えている方が多いのではないでしょうか。ですが、あまりよいイメージを持っていないという人も多いのではないでしょうか。零細企業とはどのような企業を指すのかを調べてみました。

2016.12.11 文章 / PARAFT編集部

まずは「中小企業」の規模を知ろう

零細企業の前に、中小企業の定義を紹介しておきます。比較することで零細企業のイメージがよりわかりやすくなると思います。

中小企業庁によると、中小企業の定義は下記のようになっています。

▼ 製造業その他 資本金の額又は出資の総額が3億円以下の会社又は常時使用する従業員の数が300人以下の会社及び個人

▼ 卸売業 資本金の額又は出資の総額が1億円以下の会社又は常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人

▼ 小売業 資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社又は常時使用する従業員の数が50人以下の会社及び個人

▼ サービス業 資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社又は常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人

業種によって資本金や従業員の数が違っているのがわかります。また、個人でもこの規模であれば中小企業と呼ばれます。

次に、「零細企業」の企業規模を見てみよう

一般的に中小企業より小規模な企業が「零細企業」と呼ばれますが、実は正式名称ではありません。法律でも零細企業という言葉は出てきませんし、中小企業庁でも中小企業より規模の小さい企業を零細企業とは呼んでいません。正式に用いられる言葉は「小規模企業者」。具体的な定義を見てみましょう。

▼ 製造業その他の場合 従業員20人以下

▼ 卸売業、小売業、サービス業の場合 従業員5人以下

となっています。資本金についての定義はありません。従業員数によって定義されることになります。また、従業員が少なくても資本金が中小企業の定義の額を超えていれば中小企業ということになります。

製造業を例にとると、小規模企業者が20人以下というのは納得しやすい規模ですが、中小企業は従業員が300人いても21人でも中小企業となります。中小企業の幅がかなり大きいことがわかりますね。

零細企業と自営業、ベンチャー企業はどこが違う?

「自営業」というのは幅広い意味で使われます。特に自営業という定義はないのですが、一般的には会社に雇われるのではなく、自分で仕事をしていれば誰でも自営業です。零細企業を経営している社長などは、自分のことを自営業と称することもありますが、経営者と称することが一般的です。

また、自営業という場合は「個人事業主」を指すことが多いですね。法人を設立していないで仕事をしている場合は、個人事業主になります。ライター、デザイナー、システムエンジニアなど、クリエイティブな仕事をしている人が多く、法人組織にしたとしても業務上の必要な設備も少ない場合が多いので、小規模企業者いわゆる零細企業ということになります。

ベンチャー企業はどうでしょうか。確かにベンチャー企業は少人数で立ち上げることが多いため少規模であることが少なくありません。ですが、ベンチャー企業は新しい領域や方法論でビジネスを行う企業の事で、中には希少なスキルを付加価値としてグローバルに事業展開し莫大な収入を得ている場合もあります。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

「零細企業」にはさまざまな背景やケースがありますが、正式には定義づけされていない言葉です。中小企業と比べて規模が小さいという意味で使うなら、正式に定義されている「少規模企業者」という言葉を用いたほうが無難ですね。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
「零細企業」の中小・ベンチャー企業、自営業との意味の違いとは:r000016001812 | PARAFT [パラフト]

CAREER CHANGE

パターンいろいろ小さな会社

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]