ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

企業研究の記事

就職・転職活動で欠かせない「企業研究」3つのポイント:r000016001817 | PARAFT [パラフト]

2016.12.03

企業研究の記事2016.12.03

リサーチはあの手この手で

就職・転職活動で欠かせない「企業研究」3つのポイント

keyword: 企業研究 就職活動 転職 ポイント 業界研究

このエントリーをはてなブックマークに追加
これから就職活動や転職活動を行うという人にとって、企業研究や業界研究は欠かせません。しかし、いざ始めようとしても何を頼りにすればいいのかの正答はなく、「これでいいのかな?」と漠然とした不安が残るという人もいるのでは。そこで今回は企業研究・業界研究の方法や情報の調べ方を紹介します。

2016.12.03 文章 / PARAFT編集部

企業ホームページ、SNS、パンフレットも活用しよう

応募する企業がどんな会社であるのか、また雇用契約の内容は企業研究や業界研究をする際に真っ先に調べておかなければならない事項です。こうした情報の大半はインターネットの公式サイトや会社情報サイトに掲載されているため、一通り目を通しておくことをおすすめします。見落としがちですが、企業情報や採用情報だけではなく、会長や社長の言葉、また社内スローガンや社訓も熟読することがポイントです。どんなことを大切にしている組織なのか、会社の価値観が伝わります。

そして企業が運営するSNSをチェックするのは、いまや必須。企業のホームページよりも更新頻度が高く、企業の最新情報をリアルタイムに入手することができます。

応募者のために企業パンフレットを郵送してくれる会社も多いので、初めて就職活動をするという人は遠慮することなく取り寄せてみるのもおすすめです。パンフレットはいわばその企業の顔。デザインのトーンや紙の質感などからも会社の雰囲気を感じ取ることができるでしょう。

インターネットの就・転職レビュー情報も参考に

基本的な会社の情報は公式サイトから得ることができますが、実際に働いている人はどのように感じているのか、また会社の細かい規則が気になることってありますよね。面接では聞きたくても聞けないことが多いものです。

そんなとき、ひとつの参考になるのが、みんなの就職やみんなの転職といった就職情報口コミサイト。実際にその企業で働いたことがある人が書き込んだ会社の内情や、長所・短所、場合によっては試験を受けるときのポイントなども見つけることができます。

例えば海外の求人情報『Glassdoor』では、口コミだけではなくレビュワーが付けた点数も見ることができます。応募の前に第三者の評価・意見をチェックするのは、すでに一般的な動きとなっています。

ただ、匿名性の高いサイトが多いため、すべてを信じていいというわけではありません。特に、その会社を辞めた人が個人的な不満を漏らしているケースや、書き込んだ年数が古く実態とはかけ離れている可能性には要注意です。

OBやOG訪問やインターンシップでリアルな情報を集める

信頼できる人から、仕事現場の生の声を聴きたいと考えている人にはOBやOG訪問がやっぱりおすすめです。

古くから続いている制度ではありますが、最近はインターネットで声が聴ければいいと考えている人が多いのでは?しかし前述したとおり、匿名であるインターネットは信頼性に欠けるという大きなデメリットがあり、OBやOG訪問で実際にその人に会って情報を得られる機会はとても貴重です。実際に会って話を聞いてみると、より具体的に応募する企業や業界について知ることができます。また、OBやOGは若年層が多く、比較的話を聞き出しやすいというメリットもあります。

学生であれば実際に企業で働くインターンシップ制度を利用するのがよいでしょう。その会社での実業務を担うため、レクチャーしてくれる人の対応や仕事の進め方、職場の雰囲気までリアルに感じ取れることができるのでおすすめです。また、その業界のトレンドや同業他社のことなどを聞く機会にも恵まれやすく、業界研究に深みが増すといえます。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

企業研究や業界研究をすることで知識が深まり、これまで知らなかった業界への興味が湧いてくることもあります。幅広い視野を持つことで、希望に沿った職場・仕事を選ぶ力を養えるのです。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
就職・転職活動で欠かせない「企業研究」3つのポイント:r000016001817 | PARAFT [パラフト]

CAREER CHANGE

リサーチはあの手この手で

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]