ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
一人で悩まないで!育児の辛さ・悩みは無料相談でストレス緩和:r000016001896 | PARAFT [パラフト]

出典:Pixabay

子育て悩み相談の記事

一人で悩まないで!育児の辛さ・悩みは無料相談でストレス緩和:r000016001896 | PARAFT [パラフト]

2017.01.05

子育て悩み相談の記事2017.01.05

子育てが辛い時は無料相談

一人で悩まないで!育児の辛さ・悩みは無料相談でストレス緩和

keyword: 子育て悩み相談 育児 電話 無料 サイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
待ち望んだはずの子ども、かわいいはずの子どもなのに、子育てがツラい……。そう悩むママは大勢います。核家族化が進み近くに頼れる親も親戚もいない、生まれ育った街を出て近くに友人もいない、旦那は毎日帰りが遅いとなれば、いったい誰に相談したらいいのでしょう。子育て悩み相談を受け付けてくれる場所を調べてみました。

2017.01.05 文章 / PARAFT編集部

子育てに悩んだら、まずは地域の子育て支援センターに!

出典:Pexels

子育てに関する悩みを相談したい、育児のアドバイスがほしい、ただグチを吐き出したい……。もし、話す相手が誰もいないと一人で苦しんでいるなら、まず地元の市役所や区役所に行ってみましょう。各市町村には、子育て支援センターがあります。子育て支援センターとは、地域ぐるみでの子育てを支援するための施設です。子育て支援センターに行くと、どんな援助をしてもらえるのでしょう。

子育てサークルがあれば、それを紹介してもらうことができます。同じぐらいの月齢の赤ちゃんがいるママやパパと話したり、一緒にヨガやベビーマッサージ、リトミックをしたりするうちに、ママ友ができるかもしれません。先輩ママから「うちもそうだったよ」と体験談を聞いたりするだけで、自分だけじゃないと思えて心が軽くなることもあるでしょう。

ためらいは不要! ささいな悩みも相談を

出典:Pexels

育児支援センターの中には、民間のベビーシッターを頼むよりも格安の値段で、託児をしてもらえる施設もあります。ほんの1~2時間、赤ちゃんと離れてリフレッシュすることで、また前向きに育児に取り組めるかもしれません。

電話で相談してただ不安や悩みを聞いてもらうことも可能です。「赤ちゃんが泣いてばかりいる」「寝付きが悪い」「赤ちゃんがかわいいと思えない自分は母親失格に思える」など、どんな相談も受け止めてもらえますし、必要であれば、保健センターや小児科など、他の施設と連携して手助けしてくれることもあります。

赤ちゃんが泣いているそばで電話なんてできない……という人は、公園をお散歩中に赤ちゃんがベビーカーで眠ったなどのちょっとした隙間時間に電話をかけらるよう、電話番号をメモして持っておくだけでも心の支えになるかもしれませんよ。

民間や保育協会の無料電話相談を利用するのも手!

出典:Pixabay

民間企業の育児相談を利用するのも手です。おすすめは森永乳業の『エンゼル110番』(電話0800-5555-110)。妊娠中から、小学生の子どもを持つママまでを対象とした子育て悩み相談のサービスで、保育士や管理栄養士、心理相談員などのスタッフが、無料で電話相談を受け付けてくれます。サイトにも子育てに関するさまざまな情報が載っていて、特に赤ちゃんの成長や体、食事にことについての情報が満載、一見の価値ありです。

また、日本保育協会では『子育てホットライン ママさん110番』(電話03-3222-2120)を開設。こちらも通話料は無料になっており、さまざまな育児相談に乗ってもらうことができます。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

誰にも相談できないと思うと、ますます追い詰められた気分に陥るもの。育児ばかりで仕事復帰なんて、夢のまた夢のように感じてしまうかもしれませんが、助けてくれる人、話を聞いてくれる人は必ずいます。育児に不安を感じたら決して一人で悩まずに、まずはこれらの施設に電話をかけ、話を聞いてもらいましょう。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
一人で悩まないで!育児の辛さ・悩みは無料相談でストレス緩和:r000016001896 | PARAFT [パラフト]

BALANCE

子育てが辛い時は無料相談

RELATED POST