ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

東京ミッドタウンの記事

街づくりを通じ新たな価値を!10周年の「東京ミッドタウン」:r000016002009 | PARAFT [パラフト]

2017.01.17

東京ミッドタウンの記事2017.01.17

ふとした休息に出向きたい場所

街づくりを通じ新たな価値を!10周年の「東京ミッドタウン」

keyword: 東京ミッドタウン コンセプト 歴史 開発 オフィス

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京ミッドタウンがグランドオープンを迎えたのは2007年3月。間もなく開業10周年を迎えます。ホテルや美術館、ショップやレストランなど130もの商業施設、オフィス、住居や病院などの施設が同居する東京ミッドタウンは、いったいどのようなコンセプトで誕生したのでしょう。開発に至るまでの足跡や、現在に至るまでの使われ方を調べてみました。

2017.01.17 文章 / PARAFT編集部

元々は毛利家の下屋敷、自衛隊の駐屯地だった時代も

東京ミッドタウンがある場所は、実は江戸時代から「一般には閉ざされた土地(施設HPより)」とされてきました。それは江戸時代には荻藩・毛利家の下屋敷(大名屋敷のうち、郊外などに構えた控えの別邸「大辞林第三版」より)、明治時代に入ると陸軍駐屯地、戦後はGHQによって米軍将校宿舎として使われていったから。この地が日本に返還されたのは1960年のこと。その後は陸上自衛隊の駐屯地となり防衛庁(現在の防衛省)の庁舎も建てられました。

そして2000年に、防衛庁本庁が檜町から新宿区の市ヶ谷へ移転。これによって東京のど真ん中、六本木と赤坂の中間地点に10ヘクタールもの緑豊かな土地が突如残されました。この土地をどう生かすかというところから、東京ミッドタウンの開発はスタートしたのです。

東京ミッドタウンのコンセプトは新しい価値の創造

防衛庁跡地をどんな場所にするか。どんなコンセプトを持ってミッドタウンが作られたのかをみていきましょう。(引用:東京ミッドタウンHP『東京ミッドタウンについて』より)

コンセプトとして中核にあったのは地域と日本、そして世界に貢献したいという考え方。どんな街を作れば世界に貢献することになるのか追求した結果、今までにないものを生み出すことという答えにたどりつきました。新しいビジョンを持つ人たちが集まって、新しい価値を生み出す場所、さまざまな人が共有し共鳴し共創する。そんな場をもたらす緑の空間を作るという考えのもと、東京ミッドタウンの開発はスタートしたのです。

さまざまな人が一つの場所に集うというコンセプトのもと作られたミッドタウンだからこそ、オフィスの隣に美術館がある、最先端のファッションを扱うブランドショップのすぐ横を幼稚園帰りの親子が通るという、東京ミッドタウン独自のミックス文化が誕生しました。

東京ミッドタウン内には100種類以上の植物が!

もうひとつ、東京ミッドタウンの開発で忘れてはいけないのは、緑の存在です。ミッドタウンガーデンや、防衛庁時代から残された桜の木など、敷地には都心とは思えないほど緑が溢れています。航空写真を見れば一目瞭然。この界隈で緑豊かなのは、東京ミッドタウンと檜町公園を除けば、氷川神社ぐらいなものです。

東京ミッドタウン内には100種類以上もの植物が育っているそう。東京ミッドタウンが歴史を重ねるごとに、それらの植物もしっかりと根付いて育ち、葉を広げています。人に癒やしを与え、創造を授けてくれるものとして植えられた緑が、地域の環境へも好影響を与えているのです。

周辺の開発がどんなに進んでも、東京ミッドタウンが現在のコンセプトを捨てない限り、これらの緑は守られ続けることでしょう。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

外国人の男性たちがビジネスランチをする隣で、ファッションモデルのような女性たちがお茶を飲み、ふとテラス席の外に目をやると、水鉄砲を持って追いかけ合う子どもたちが遊んでいる……。東京ミッドタウンに集まる多様な国籍の多様な世代。そんなどこでもない場所であることが、東京ミッドタウンの魅力なのかもしれません。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
街づくりを通じ新たな価値を!10周年の「東京ミッドタウン」:r000016002009 | PARAFT [パラフト]

OTHERS

ふとした休息に出向きたい場所

RELATED POST

関連記事はありません

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]