ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

グリーン経営の記事

運輸事業者が「グリーン経営」を推進・認証取得するメリットとは:r000016002019 | PARAFT [パラフト]

2017.01.18

グリーン経営の記事2017.01.18

地球にも経営にも優しく

運輸事業者が「グリーン経営」を推進・認証取得するメリットとは

keyword: グリーン経営 推進 認証取得 国土交通省 地球に優しい

このエントリーをはてなブックマークに追加
地球温暖化防止や、エコといった地球にやさしい経営が求められるようになってすでに長い時間が経ちました。その中で、トラックなどの長距離の運送などで多量に排出される排気ガスを少しでも減らすなどの環境保全に対する取り組みグリーン経営が推進されていることをご存知でしょうか。今回は、運輸業者のためのグリーン経営について紹介していきます。

2017.01.18 文章 / PARAFT編集部

運輸業者のためのグリーン経営とはどのようなものか

グリーン経営とは、環境負荷の少ない経営のことを指す言葉です。環境汚染の問題がクローズアップされている中で、環境と経済の両立を目指し、地球に優しい持続可能な社会を作るために、環境負荷のない経営が運輸事業者にも求められています。また、そういった取り組みをしている事業者(トラック事業、バス・タクシー事業、旅客船、内航海運、港湾運送、倉庫業)は、財団法人交通エコロジー・モビリティ財団に申請することで、グリーン経営認証を受け、様々なメリットを受けることが可能です。

また、グリーン経営に対する取り組みをサポートするため、国土交通省と、財団法人交通エコロジー・モビリティ財団は、グリーン経営推進マニュアルを作成し、運輸業者に対し、環境負荷の少ない環境保全ができるような経営を推進しています。

グリーン経営を行うことのメリット

では、具体的に、グリーン経営を行うことでどのようなメリットがあるのでしょうか。

メリットは大きく3つあり、銀行などからの低金利融資制度、認証料金助成制度、燃費の向上といったものがあげられています。

▼ 低金利融資制度

名前の通り、一部の銀行や自治体では、グリーン経営認証事業者にむけた低金利融資のプランが用意されています。

▼ 認証料金助成制度

グリーン経営認証取得にかかる費用の一部を助成される制度です。自治体や協会によって助成金額には違いがありますが、費用の半額や、100,000円程度がサポートされます。

▼ 燃費の向上

財団法人交通エコロジー・モビリティ財団によると、トラック、バス、タクシーといった業種であれば、取得2年後に1.5~3.8%燃費が向上しているとのことです。また、倉庫、港湾運送、旅客船、内航海運では取得2年後に2.1~7.8%CO2排出原単位が低減しているとのことです。それに伴い、交通事故、荷役事故、車両故障、設備機器類の故障なども減少する傾向があると報告されています。

他にも、職場モラルの向上や、グリーン経営認証を受けていることで、取引先や顧客からの環境に対する取り組みをしている事業者として評価が向上することもメリットとしてあげられます。

グリーン経営認証を受けるためには

グリーン経営認証取得のためには、一定以上の取り組みをしている事業者が、財団法人交通エコロジー・モビリティ財団に認証の申請をし、審査を受け、基準を満たしていればグリーン経営認証を取得できます。

認証のための項目は、トラック、バス、タクシー、倉庫、空輸など業種によって違いがあるものの、環境保全のための仕組み・体制の整備、エコドライブの実施・低公害車の導入などの排出ガス量定価の取り組み、自動車や船などの点検整備、リサイクルの促進、管理部門における環境保全の促進などの項目が設置されています。それぞれの項目で一定以上の基準を満たすことが認証取得のためには必要です。

また、審査が通った場合の認証有効期間は2年間とされており、その後継続して認証を受けるためには、改めて更新する必要があります。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

いま、地球にやさしく環境と共存できる経営が求められており、こうした経営が対外的にも評価を受ける時代です。「グリーン経営」は推進していくことで、経営にも地球にもプラスに働くような仕組みになっているのですね。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
運輸事業者が「グリーン経営」を推進・認証取得するメリットとは:r000016002019 | PARAFT [パラフト]

OTHERS

地球にも経営にも優しく

RELATED POST

関連記事はありません

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]