ロゴ | PARAFT [パラフト]
clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

海外出張の記事

海外へ出張時、ファースト、ビジネス、エコノミーはどう違う?:r000016002045 | PARAFT [パラフト]

2017.01.22

海外出張の記事2017.01.22

クラス別空の旅

海外へ出張時、ファースト、ビジネス、エコノミーはどう違う?

keyword: 海外出張 ファーストクラス 海外格安 エコノミークラス ビジネスクラス

このエントリーをはてなブックマークに追加
成田からアメリカ西海岸やヨーロッパ便は最短でも9時間、香港や北京でも5時間はかかり、リオデジャネイロなどの南アメリカとなると直行便はなく乗り換え必須で最短でも22時間前後、海外へのフライト時間は長時間になります。海外出張時には到着後、効率よく仕事をするためにもできるだけ快適な移動時間を過ごしたいものです。国際線の各クラスでどういった違いがあるのか、ご紹介します。

2017.01.22 文章 / PARAFT編集部

国際線エコノミークラスのサービス内容

エコノミークラスは最も座席数が多く、それだけに座席間の距離やリクライニングの角度も小さくなっています。飛行機に預け入れることのできる荷物も23㎏が1つか2つまで、機内持ち込みの手荷物も8㎏から12㎏。機内食は、各航空会社ごとに工夫が凝らされていて、JALの場合はフードスタイリストが監修した和食を中心にしたメニューが出されますし、飲み物も、ワインやビール、ノンアルコールのジュースなどが提供されます。

中・長距離路線では、アイマスクや耳栓などのアメニティグッズも提供されます。映画や音楽などの機内エンターテイメントは、中・長距離路線であれば、前の座席の後ろについている画面で楽しむことができます。海外格安チケットを販売しているLCC便になると、預入荷物や機内食、飲み物などのサービスはほとんどが有料となります。

国際線ビジネスクラスのサービス内容

ビジネスクラスは、受託手荷物や手荷物の数がエコノミークラスよりも多く設定されています。機体によりますが、シェル型や隣席との間に仕切りがある形になっているので、隣席との距離も充分にある座席になっており、フルフラットになってベッドのように足を延ばして横になれる座席もあります。

機内食も豪華です。まず、有名シェフのコース料理などが陶器の食器で提供されます。ドリンク類は特にアルコール飲料の種類が、エコノミークラスよりも多くなっています。アメニティグッズには、スリッパやモイスチャーマスクなどが加わり、ケースもオシャレなものになりますので、食後の時間もゆったり快適に過ごせることでしょう。

パソコン用の電源が各座席あり、各座席についている映画などの機内エンターテイメントが楽しめる画面も、エコノミークラスよりも大きくなっています。エアアジアなどの海外格安航空会社でも、エコノミークラスの上位クラスとして、ビジネスクラスに当たるクラスを設定している航空会社が増えてきています。ビジネスクラスの魅力の一つは、空港でのラウンジの使用が可能なこと。特に乗り換えがあるフライトの場合には便利です。

国際線ファーストクラスのサービス内容

ファーストクラスは、空のスイートルームと呼ばれています。ファーストクラスのラウンジには個室がある空港もありますが、機内でも高めの壁で仕切られ、プライベート空間となっています。フルフラットで2メートルのベッドになる座席は、特に長距離の海外出張の際にぐっすり眠れて快適です。

機内食は、一流レストランのコースメニューが提供され、シャンパンなど最高ランクの飲み物が用意されています。機内エンターテイメントも、ノイズキャンセリングヘッドホンなど上質の機材で楽しむことができます。

また、有名ブランドとコラボレーションしたアメニティキットや、くつろげるルームウェアなども用意されているのは驚きです。エアラインによっては、空港までのリムジン送迎がつくこともあります。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

エティハド航空には、ファーストクラスの上のレジデンスルームがあり、シャワールームもついています。エコノミークラスにプレミアムクラスを設定する航空会社も増えており、旅のスタイルに合わせて、様々なクラスを選ぶことができるようになっています。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
海外へ出張時、ファースト、ビジネス、エコノミーはどう違う?:r000016002045 | PARAFT [パラフト]

OTHERS

クラス別空の旅

RELATED POST

関連記事はありません

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]