ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

人月単価の記事

システムエンジニアにおける「人月単価」とは:r000017002090 | PARAFT [パラフト]

2017.01.28

人月単価の記事2017.01.28

非エンジニアも知っておこう

システムエンジニアにおける「人月単価」とは

keyword: 人月単価 システムエンジニア 会社 プロジェクト 見積もり

このエントリーをはてなブックマークに追加
システム開発会社へ仕事の見積もりを依頼した際、その見積り明細が「人月単価」になっているのを見たことはありますでしょうか?この人月単価はシステムエンジニア業界における独特の考え方として業界内で浸透していますが、外の業界からは少しわかりにくいと言われています。今回はこの人月単価について、使い方や意味などについて解説いたします。

2017.01.28 文章 / PARAFT編集部

システム開発プロジェクトの見積もりは?

システム開発プロジェクトの場合、受託するシステム会社は見積もりを作る際に「この仕事は何人のエンジニアがどのくらいの期間で開発できるものだろうか?」と考えて作成します。多くのプロジェクトは短期間で終わるものではなく、数か月~1年以上かけて行うため、1人のシステムエンジニアが1か月作業をする場合の作業工数とその人の単価を基準にするのです。これが、「人月単価」と呼ばれるものです。

その人がプロジェクトのどの工程でどれほどのパフォーマンスを発揮できるかを、過去の経験やスキルセットなどから見積もり、「人月単価」を設定しますが、この見積もりが甘いと、プロジェクトを完遂できないほどの難局を迎えることになってしまうため非常に神経を使います。

人月単価の金額の算定根拠とは?

では、この人月単価は誰がどのようにして定めているものでしょうか?

多くの場合、システムエンジニアの単価設定は受託するシステム会社の基準で設定されます。例えば、ベテランのシステムエンジニアは1か月100万円、新人のシステムエンジニアは1か月40万円といった具合に、その人の持つ経験やスキル等を考慮して定めているのです。

また、この単価はシステム開発会社ごとに独自の単価テーブルが存在します。同じようなスキルと経験を持ったシステムエンジニアでも、企業によって人月単価が変わるという事はよくあります。同様に、同じ会社の同じシステムエンジニアであっても、プロジェクトの業務内容や仕事の難易度によって単価が変わることもあるのです。

見積もりにおける人月単価の使い方

システム開発の見積もりにおいては、この人月単価を積み上げて総額を算出するという方法を取ります。例えばあるプロジェクトでベテランのシステムエンジニアが2人、新人のシステムエンジニアが10人、それぞれ6か月で業務を行うとした場合、前述の例で言うとこのような金額となります。

➀ベテランシステムエンジニア
100万×2人×6か月=1,200万

②新人システムエンジニア
40万×10人×6か月=2,400万

合計が3,600万円です。このケースではベテラン12人月、新人60人月という言い方で見積もりを作成するのです。

なお、この人月単価はシステムエンジニアが受け取るお給料ではありません。この単価からシステム会社の利益や間接経費、雑費などを引いた額がシステムエンジニアの手取りとなるのです。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

IT化が加速するいま各所でエンジニア不足が叫ばれており、限られた予算のなかで高スキルのエンジニアを低単価で獲得することに躍起になっているという現場の声も聞こえてきます。ITをコスト部門ではなく”未来への投資”と捉える経営判断が求められているのではないでしょうか。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
システムエンジニアにおける「人月単価」とは:r000017002090 | PARAFT [パラフト]

BIZ ETIQUETTE

非エンジニアも知っておこう

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]