ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

東京人材銀行の記事

既に廃止となった?「東京人材銀行」とは:r000017002132 | PARAFT [パラフト]

2017.02.02

東京人材銀行の記事2017.02.02

5年で消えた職業相談所

既に廃止となった?「東京人材銀行」とは

keyword: 東京人材銀行 ハローワーク 廃止 人材バンク 職業相談

このエントリーをはてなブックマークに追加
かつて、人材銀行という国の事業があったのをご存知でしょうか。国が実施していたのは平成22年度から平成26年度のわずか5年間なので、知らない人も多いかもしれません。果たして人材銀行はどんな事業をしていて、そしてなぜ5年で廃止となってしまったのか。人材銀行の目的や、現在はどうなっているのかについて調べてみました。

2017.02.02 文章 / PARAFT編集部

技術者や専門知識のある人材に特化した人材バンク

そもそも人材銀行とは何なのでしょう。簡単にいえば、就職したい人と働いてほしい人を結びつけるマッチングサービスで、厚生労働省が行っていた事業です。東京人材銀行や埼玉人材銀行など、全国に6か所(平成22年度、23年度は12か所)設置されていました。公的な就職あっせんサービスや人材バンクといえば、ハローワークが知られていますが、人材銀行とハローワークの違いはどこにあるのでしょう。

それは、扱っている職種です。厚生労働省のHPによれば(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12602000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Roudouseisakutantou/0000093620.pdf)人材銀行では、『中小企業を中心とした経営管理、生産管理等についての専門的知識・技術を有する人材』の求人を主に扱い、専門職に携わる人や技術者の就職あっせんをしてきました。

情報端末を使えば仕事を探したい人が情報を得ることができるだけでなく、従業員を探している会社側が人材を検索することも可能。また担当者制を導入していたため、細かな条件や要望を踏まえた職業相談ができると、利用者にとってありがたいサービスが充実していたのです。

たったの2年で、事業所の数が半分に削減!?

もともとは人材銀行の業務を民間でやるという可能性もありました。平成19年から22年の3年間は、全国12か所の人材銀行のうち、東京、福岡、神奈川の3か所は民間事業者が事業を実施していたのです。しかし就職率においても、利用者の満足度においても、民間実施の地域より国が実施していた地域のほうが上回っていました。

民間の人材バンクには限界がある、やはりこの事業は国が受け持ったほうがいいということで、平成22年度からすべて国が実施することとなりました。国が実施することが望ましかったはずの人材銀行ですが、12あった事業所はたった2年で6か所に削減。予算も削られてしまいます。いったいこの2年で、何が起きたというのでしょう。

事業仕分けの対象となり、予算削減。民間に任せる方針に転換……

人材銀行が国に切り替わった平成22年、その前年の平成21年には、民主党政権が発足しています。現在民主党の党首を務める蓮舫氏の「2位じゃダメなんですか?」発言で印象深い、事業仕分けの真っ最中。行政刷新会議「提言型政策仕分け」により、人材銀行の設置箇所は減り予算が削減されたのです。

その後、民間のノウハウを活用して事業を進めたほうが効果がありそうだ、予算の削減にもなる、ハローワークもあるんだし民間の人材バンクとハローワークが手を取り合ってやっていけばいいじゃないか……というわけで、平成28年3月31日をもって業務終了、廃止となったのです。

利用者に対する今後の支援としては、民間の人材バンクについて周知をしてハローワークを使うことを勧めると、厚生労働省のサイトには記されています。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

ハローワークのほかに採用コストをかけずに無料で利用できる人材銀行を便利だと考えていた企業もあるでしょう。ユーザーにとっても専門スキルを携えた中高年の転職は難航するケースが多い中、「専門」の人材銀行は安心感あるものだったのではないでしょうか。事業が引き継がれたハローワークに期待を寄せたいですね。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
既に廃止となった?「東京人材銀行」とは:r000017002132 | PARAFT [パラフト]

OTHERS

5年で消えた職業相談所

RELATED POST

関連記事はありません

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]