ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

労働力人口の記事

アジア各国の労働力人口の推移について!時代の流れから読み解く:r000017002136 | PARAFT [パラフト]

2017.02.06

労働力人口の記事2017.02.06

減り続ける日本の労働者人口

アジア各国の労働力人口の推移について!時代の流れから読み解く

keyword: 労働力人口 推移 外国人雇用 ロボット 人工知能

このエントリーをはてなブックマークに追加
労働力人口が今後どのように推移していくかご存知ですか? 自分には関係ないと感じるかもしれませんが、労働力人口の推移は私たちの働き方にも大きな影響を与える重要な指標です。そこで今回はアジア地域の労働力人口がどのように推移してきたのかをまとめ、今後の大きな流れを読み解いていきたいと思います。

2017.02.06 文章 / PARAFT編集部

まずは労働力人口の推移を確認しよう

まずは労働力人口という言葉について理解しておきましょう。労働力人口とは15歳以上の人のうち就業者、休業者、求職中の失業者のいずれかに当てはまる人のことをいいます。

それでは早速アジア各国の労働力人口の推移を確認していきましょう。 (出典:ILO単位:千人)

▼ 中国(1990年……652,080、2015年……807,610)

▼ インド(1990年……328,578、2015年……501,612)

▼ インドネシア(1990年……75,662、2015年……125,457)

▼ 韓国(1990年……19,202、2015年……26,291)

この4国は労働力人口が増え続けており、1997年をピークに減少へ転じている日本はアジアの中でも数少ない存在だということが浮き彫りになっています。

日本では労働力の確保が大きな課題

日本のような労働力人口が減少している国では労働力の確保が大きな問題となっています。急速に高齢化が進み年金や医療費がふくらんでいるのにもかかわらず、少子化に歯止めがかからず労働力人口の増加を見込めない状況に陥っているのです。

このような状況を改善させるために、海外からの労働力に解決策を求める動きもじわりと浸透しています。実際、『「外国人雇用状況」の届出状況まとめ』(平成28年10月末現在)によると、外国人労働者数は約108万人で、届出が義務化されて以来、過去最高を更新したとのこと。国籍別に見ると、中国、ベトナム、フィリピンからの労働者が多くなっています。

ちなみに前年は約91万人で、その当時は「過去最高」だったことを考慮すると、海外からの働き手を受け入れる動きは拡大するとみてよいでしょう。

ロボットや人工知能が人間の仕事をサポートする

そして近年注目されているのはロボットや人工知能の存在です。工場では産業用ロボットの導入が進んでいますし、介護の現場では早くもロボットと会話することで認知症が進むお年寄りの心のケアを行うといった実践的な取り組みも始まっています。

ほかにも、定型化やマニュアル化を図りやすい業務をロボットで代替し、人間はよりクリエイティビティを発揮できる業務に特化できるよう業務の見直しを行う企業も出始めました。

人工知能の技術では人間以上のスピードで学習しながら作業の精度を上げていくことが可能になっています。これらの技術はいずれ人間の仕事を奪うとも言われていますが、別の見方をすると人間の仕事をサポートする存在にもなり得るのです。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

日本の労働者人口が減少する流れを受けて、企業側にも「人材不足」の焦りがじわりと出始めて入る昨今。よりよい働き方を目指すためにも、雇用環境のこグローバル化、IT技術変革にといった大きな変化も視野に入れつつ、自分らしいキャリア設計に踏み出すときなのではないでしょうか。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
アジア各国の労働力人口の推移について!時代の流れから読み解く:r000017002136 | PARAFT [パラフト]

OTHERS

減り続ける日本の労働者人口

RELATED POST