clear
  1. 転職・応募に役立つ情報をいち早くゲットできる!
  2. 気になる企業に直接エントリーができるようになる!
  3. 履歴書・職務経歴書がカンタンに作成できる!

clear

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. ご入力いただいたメールアドレスが既にご登録いただいている
clear

clear

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

02.03

fri
PROFESSIONS

バックオフィスの記事

2017.02.03

バックオフィスの記事2017.02.03

専門性で差をつける!

バックオフィスでキャリアアップを目指すための資格とは?

keyword: バックオフィス スキルアップ 資格 働き方 事務

このエントリーをはてなブックマークに追加
総務や事務、人事業務に就く方のなかには、さらなるスキルアップを目指している人もいるでしょう。ぜひおすすめしたいのが資格取得。資格取得は具体的な目標になりますし、取得することで周囲からの評価が上がる可能性もあります。そこで今回は事務職として働くうえで自分を高めるのに役立つ資格をご紹介します。

2017.02.03文章 / PARAFT編集部

業界問わず活用できるハイレベル資格

業務を効率よく進めていくうえで、パソコン操作に関する知識やスキルは欠かせません。実践的でかつ有名なパソコン関連の資格といえばMOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)があげられます。MOSは多くの人にとって業務に直結する資格なので、強みにしたい人はチャレンジするといいでしょう。スペシャリストレベルとエキスパートレベルがあるので、自分のスキルに合わせて受けることができますよ。

あとは英語に関する資格、検定もあらゆる企業で強みになります。特に商社など外国との取引がある場合、事務職であっても英語力が武器になることがよくあります。グローバル社会である現在、TOEICなどで高いスコアをとれるように努力すると、仕事の幅が広がるのは間違いありません。

組織をまとめる際に役立つ! マネジメント系の資格とは?

組織をまとめる際に役立つ資格をここでは2つ、「メンタルヘルスマネジメント検定」と「衛生管理者」ご紹介します。

メンタルヘルスマネジメント検定とは、大阪商工会議所が実施する、心の健康管理をする上で必要となる知識を問われる公的な検定試験です。昨年末には所定の従業員を雇用する事業所にストレスチェックが義務付けられるなど、職場におけるメンタルヘルスへの関心は高まっており、近年受検者数は増加傾向にあります。I種:マスターコース(人事労務管理スタッフ、経営幹部向け)、Ⅱ種:ラインケアコース(管理職向け)、III種:セルフケアコース(一般社員)とレベルに分かれているので、自身の職級などにあわせて受検できます。

また、国家資格の衛生管理者は法律によって、50人以上が常に働く職場では、最低でも1名在籍させないといけないことになっています。試験には第一種(全業種可)・第二種(情報通信、金融・保険、卸売小売など制限あり)があり、労働者の安全を守るための作業環境管理や健康管理に関する知識を問われることになります。衛生管理者を任されることの多い総務系の部署で働いている人は取得しておくと重宝されるでしょう。

資格を取ってスペシャリストになることもできる

事務職というと何でもこなすジェネラリストというイメージがあるかもしれません。しかし、専門の資格を取ることで、ある分野のスペシャリストになることも可能です。

たとえば経理や会計といった仕事をするうえで役に立つ日商簿記検定がそれにあたります。合格率の低い2級や1級を取っていれば高い専門性を有しているといえるでしょう。

そして難易度は高いですが、社会保険労務士も企業側から重宝されます。人事や総務で働いている人は強力な武器になります。

しかし、重要なのはこれらの資格を活かせる働き方があるかどうかという点です。資格を取ったとしても、個人の満足で終わってしまってはもったいないですよね。実際に活用できるかどうかを見極めた上で勉強を始めることが大切です。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

今回は事務職として働くうえでスキルアップにつながる資格について紹介しました。MOSや英語系の資格など業種を選ばない資格取得を目指すのもいいですし、社会保険労務士などスペシャリストを目指すのもいいでしょう。ただし、資格が必ずしもキャリアアップにつながるとは限らないので、しっかりと吟味したうえで勉強をスタートさせることが大切です。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。

“PROFESSIONS”

専門性で差をつける!

RELATED POST