ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
起業支援にカギ?フィンランドがイノベーション大国な理由:r000017002152 | PARAFT [パラフト]

出典:Pixabay

フィンランドの記事

起業支援にカギ?フィンランドがイノベーション大国な理由:r000017002152 | PARAFT [パラフト]

2017.02.05

フィンランドの記事2017.02.05

テックイベントSlush開催も

起業支援にカギ?フィンランドがイノベーション大国な理由

keyword: フィンランド Slush イノベーション 先端技術 スタートアップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
フィンランドがイノベーション大国であることをご存知ですか? テケス(フィンランド技術庁)による起業家サポート、テックフェスティバルで「スラッシュ」が大きな反響を呼んだりと、先端技術と産業振興の状況は世界から注目されています。今回はフィンランドがイノベーション大国である背景や理由について探ってみます。

2017.02.05 文章 / PARAFT編集部

残業が少なく休暇も長い? フィンランド人の働き方について

出典:Pexels

フィンランドは資源に乏しく、少子高齢化が進んでいるという点で日本と共通しています。しかし、働き方には大きなちがいがあります。フィンランド人は残業が少なく、夏休みも4週間ほど取るのが一般的。実際に、OECDが2014年に教員を対象に調査したところ、1週間の平均勤務時間は日本が54時間なのに対してフィンランドはわずか32時間。仕事ばかりではなく他のことに時間を割くのが、フィンランドの働き方です。

日本とは働き方が大きく異なるフィンランドですが、近年では先端技術の開発で世界をリードしています。なぜ労働時間が少ないにもかかわらず技術革新が進んでいるのか、その秘密を探っていきましょう。

ノキアの時代からイノベーションの時代へ

出典:Pixabay

フィンランドで有名な企業といえばどの企業を思い浮かべますか? 雑貨好きの人であれば、花柄のテキスタイルが有名なマリメッコ(marimekko)を思い浮かべる人もいるかもしれませんね。しかし、ここで注目したいのはノキアという企業。スマートフォンが主流になるまでは携帯電話シェア世界第1位の企業でした。しかし、スマートフォンへのシフトに乗り遅れ、2013年にはアメリカのマイクロソフトに買収されました。そして、多くの技術者が外部に流出することになります。

しかし、幸いなことにノキアを去った技術者たちが新たな企業を立ち上げ、フィンランドはイノベーション大国へと成長して行くことになります。テケス(フィンランド技術庁)が起業家向けの共有オフィスを整備したり、専門家によるプログラムを提供したりし、全面的にバックアップしたという事実も背景にはありました。

テックフェスティバル「Slush(スラッシュ)」が広がりを見せている

出典:Pexels

起業支援イベント「SLUSH」は2008年にスタート、今や欧州最大の起業家支援イベントといわれる規模で、2016年5月には幕張メッセで「Slush Asia 2016」を開催。Slushは世界的な広がりを見せています。

Slushでは起業家と投資家の商談スペース、ビジネスコンテストなどが盛大に行われます。まるでライブ会場のような派手な演出も魅力の1つ。多くの学生スタッフがイベントを支えます。

Googleやサムスン電子といった大企業のブースもあり、IT業界の巨頭も若手起業家の動向に注目しています。ヘルシンキで行われるこのイベントは世界各国を巻き込んで、新たなイノベーションを生んでいるのです。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

フィンランドがイノベーション大国といわれる理由について紹介してきました。携帯電話で一時代を築いたノキアの技術力が土台にあり、国も起業家を全面バックアップ。スタートアップの祭典「Slush」は世界から注目されるまでになりました。少子高齢化が進み、資源に乏しく、技術力が高いなど日本と共通点の多いフィンランド。日本は学ぶ点がたくさんあるのではないでしょうか。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
起業支援にカギ?フィンランドがイノベーション大国な理由:r000017002152 | PARAFT [パラフト]

LOCATION

テックイベントSlush開催も

RELATED POST