採用ご担当者様へ

clear
  1. 転職・応募に役立つ情報をいち早くゲットできる!
  2. 気になる企業に直接エントリーができるようになる!
  3. 履歴書・職務経歴書がカンタンに作成できる!

clear

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. ご入力いただいたメールアドレスが既にご登録いただいている
clear

clear

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

02.05

sun
PROFESSIONS

医業経営コンサルタントの記事

2017.02.05

医業経営コンサルタントの記事2017.02.05

医療現場の黒子に徹する

医業経営コンサルタントとは?仕事内容、働き方を紹介

keyword: 医業経営コンサルタント 認定登録 仕事内容 働き方 使命

このエントリーをはてなブックマークに追加
医業経営コンサルタントという仕事を耳にしたことはありますでしょうか?医療や介護・福祉に関わる企業や団体からさまざまな経営課題を解決するプロフェッショナルとして頼りにされ、専門コンサルタントとして活躍する医業経営コンサルタント。今回はそんな医業経営コンサルタントについて仕事内容や普通の経営コンサルタントとの違いについてご説明いたします。

2017.02.05文章 / PARAFT編集部

試験を受け資格の認定を得なければならない

医業経営コンサルタントになるには、公益社団法人日本医業経営コンサルタント協会が実施する指定講座を受講し、筆記試験及び論文試験に合格した後に当社団の認定登録を受けなければなりません。また、3年間に100時間の継続研修履修義務が課されるなど、、常に資質の向上を図ることが義務付けられています。

公益社団法人日本医業経営コンサルタント協会は、「より良い地域社会の発展に貢献するために医療・保健・介護・福祉に関する調査・研究等を推進し、医業経営に係わるコンサルタントの水準の確保と資質の向上を図ると共に医業の社会公共性を経営面から支援活動することにより、医業経営の健全化・安定化に資する」ことを目的としており本部は東京都にあります。

医業経営コンサルタントの仕事内容とは?

医業経営コンサルタントの仕事内容ですが、医療や介護・福祉といった分野で事業を展開する組織や企業に対する経営コンサルティング業務を主としています。

具体的には、経営環境分析や財務診断、人材組織活性化診断、開業支援、人事労務管理など多岐に渡るコンサルティングを担当し、医業経営の健全化と安定化に貢献することを目指しています。

また、個人だけでなく、法人に対しても資格認定を行っています。公正・中立に業務が遂行できるなどの条件を満たした企業は医業経営コンサルタント法人資格を認定され、医業経営コンサルティング業務を行うことができるようになるのです。このように、医業経営コンサルタントの仕事は健全な医療経営を陰で支える重要な役割を持った仕事なのです。

通常の経営コンサルタントとの違いとは?

一見、通常の経営コンサルタントとあまり変わらない業務を行っているようにも見える医業経営コンサルタントですが、実は社会構造の変化に伴う特殊な事情が背景にあるためこのような独立した資格となっています。

それは医療費負担の問題や医師不足の問題、そして医療介護に関する多数の専門法規の存在です。急速に進む高齢化社会の到来に伴い、医療業界は独自の課題を内包しています。地方においては深刻な医師不足に直面し、医療過疎地という社会問題は解決待ったなしの状況です。また、医療業界はその独自性ゆえに法による規制や縛りが多く、コンサルティングに当たってはそれらの法規を十分に理解しておかなければなりません。

このように独自の問題性を解決し、高い専門性を要求される医業経営コンサルタントは、高い使命感を持った働き方ができる仕事なのです。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

適切な医療機関の運営は国民の健康を守るために必要不可欠なこと。少子高齢化社会を迎えるにあたり、ますます医業経営コンサルタントの役割は増す一方であると言えるでしょう。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。

“PROFESSIONS”

医療現場の黒子に徹する

RELATED POST