ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

映画業界の記事

映画業界で働く!仕事・働き方・やりがいなどを紹介!:r000017002161 | PARAFT [パラフト]

2017.01.29

映画業界の記事2017.01.29

映画の仕事に携わりたい

映画業界で働く!仕事・働き方・やりがいなどを紹介!

keyword: 映画業界 働き方 仕事 転職 エンターテイメント

このエントリーをはてなブックマークに追加
毎年、多くの映画が新たに制作され、映画館のほかにもテレビや放送配信サービスでも多くの映画が放映されています。さらに最近だど4D映画館のように映画を見るだけでなく体感できるような映画も増えてきています。今回は、そんな映画業界の仕事や働き方、やりがいを紹介していきます。

2017.01.29 文章 / PARAFT編集部

現在の映画業界で必要とされる職種と仕事内容

現在の映画業界で必要とされている職種や仕事内容はどのようなものがあるのでしょうか。

映画業界と一言で言ってもいろいろな仕事内容があります。ここでは簡単に職種と、仕事内容を紹介します。


映画製作の仕事

▼ 映画監督

映画の監督です。演技の指示や、全体の構成を決め、映画を完成させる仕事です。

▼ 映画俳優、役者

映画に実際に出演する仕事です。

▼ 脚本、シナリオライター

映画の脚本を書いたりストーリーを作る仕事です。

▼ カメラマン

映画の撮影を実際に行うカメラ仕事です。

▼ 照明

映画のライトアップや、明るさ暗さなどを調整する仕事です。

▼ 美術

映画の舞台となる空間を作る仕事です、ヘアメイクや特殊メイクなども含まれます。

▼ CG

3DCGなどのCG映像を制作する仕事です。

▼ スクリプター

映画の記録をとる仕事です。スケジュール管理や撮影記録をとる仕事です。

▼ 編集

撮影した映像を編集して一本の映画にまとめる仕事です。

▼ 翻訳

海外の映画の字幕を作ったり、吹き替え用の日本語を作る仕事です。

映画配給・映画興行の仕事

▼ 映画配給会社

撮影された映画を映画館に売り込んだり、海外の映画を買い付けたりする仕事です。

▼ 映画館

映画を実際に放映する場所での仕事です。

映画業界の仕事の働き方・やりがい

映画業界の仕事の働き方、やりがいといっても、職種によってもだいぶ違いますが、全体的に言える点を紹介していきます。

まず、映画は何といってもエンターテイメント。自分たちが作った作品、買ってきた作品で、多くの人が楽しんでくれる、自分たちの考え方が広まっていくといったエンターテイメントを提供する仕事としての魅力が大きいです。

また、監督、役者、脚本、美術など多くの人が交わっていく中で、一つの作品が出来上がっていくモノづくりとしての楽しさもあげられます。そして、そんな大変な苦労の末出来上がった映画を世の中に出していくという責任感と使命感も大きなやりがいにつながります。

働き方としては、まず制作側は、映画製作中は非常にハードスケジュールです。撮影時間に合わせて行動し、深夜や早朝の撮影も多く、天気や脚本変更などイレギュラー対応も求められるハードな環境です。映画配給会社などであれば、ほかの一般的な企業とそれほど変わりありません。また、マスコミ系やクリエイティブ系の業界との接点が比較的多く、活気ある雰囲気を魅力的に感じる人は多いでしょう。

映画業界に就職・転職するためには

まず映画製作に就職・転職したいのであれば、職種ごとにもとめられる専門技術を身に着けることからスタートです。演技や脚本、カメラ、美術などどのジャンルでも基本的に専門学校があります。専門学校以外でも週1や夜間のスクールなどもあり、そういったところで勉強するのが一般的です。他にも弟子入りしたり知り合いに教えてもらうといった方法もあります。その上で、劇団や事務所へ所属する、制作会社に就職するといった流れになります。また、コネが非常に強い業界でもあるので、業界人とのつながりを作ることも有効です。

次に、映画配給会社や映画興行会社に就職・転職する方法は、基本的に一般的な新卒採用活動・転職活動と同様ですが、特に映画配給会社はあまり求人が多くはありません。そのため、業界にコネを作ったり、映画業界でアルバイトなどして、業界の中に少しでも入っていくことが就職・転職できる可能性を高めます。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

映画というエンターテイメントにかかわる仕事は非常に魅力的ですが、映画制作の仕事は基本的にどれも専門職になるためしっかりとした技術を身に着ける必要があります。また、映画配給会社も狭き門となっているため、映画業界で活躍するためには準備とアプローチする戦略を怠りなく。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
映画業界で働く!仕事・働き方・やりがいなどを紹介!:r000017002161 | PARAFT [パラフト]

OTHERS

映画の仕事に携わりたい

RELATED POST