ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

東京オリンピックの記事

2020年の東京五輪に向けて上向きな産業とは:r000017002164 | PARAFT [パラフト]

2017.01.28

東京オリンピックの記事2017.01.28

働き方を見直す機会にも

2020年の東京五輪に向けて上向きな産業とは

keyword: 東京オリンピック 産業 業界 働き方 サービス

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年まで後3年。東京五輪で注目されている業界、そして私たちの働き方にどのような変化が訪れるのかを考えてみましょう。大会運営などのさまざまな問題点を浮き彫りにしながらも、2020年の開催に向けて着々と準備が進んでいます。働き方を見直すよい機会にしてみませんか。

2017.01.28 文章 / PARAFT編集部

2020年に向けて、ダイナミックに動き始めるニッポン

五輪で”熱が入る”産業と聞いてまず思い描くのは、スタジアムなどに代表される建設や不動産業界。揺れに揺れた国立競技場の建て替え問題は、まだ記憶に新しい出来事です。

経済動向を予測している2つの報告書を見てみましょう。2013年9月27日に発表されたみずほ総合研究所の『2020東京オリンピックの経済効果』では、東京オリンピックの直接効果として建設と観光を、そして2015年12月28日に発表された日本銀行の『2020年東京オリンピックの経済効果』でも、筆頭には建設需要を、もうひとつは観光を挙げています。

2020年の東京五輪では競技種目が33種。それに伴い、種目別の競技施設の確保や新造、交通網である道路整備など、まさに建設・不動産を中心とした業界が活躍する、大規模な都市整備が加速しています。

大会との相乗効果で、インバウンド観光を拡大

もうひとつの直接効果である観光は、順調に訪日客を伸ばし、昨年には初の2000万人を突破。一時期は”爆買い”の流行語を生み出した、インバウンド観光がもたらす影響は凄まじいものです。

政府は新たに明日の日本を支える観光ビジョン(観光庁、2016年3月)を策定し、2020年には4000万人の訪日客と消費額8兆円を目標に掲げました。

このなかで、一部の都市に集中しがちな観光ルートを地方へ拡大する地方創生回廊を整備。目論見にある4000万人もの観光客を、全国各地へと送り届ける計画です。これらがうまく機能すれば、観光やサービス産業が今まで以上に活性化。経済に与えるインパクトはもちろん、多様な働き方が生まれる絶好の機会になるでしょう。

日本のクリエーティビティーに世界が釘付け

日本の首相がマリオにふんしたことがニュースとして世界中に配信された、リオデジャネイロ大会の閉会式。ゲーム・漫画・アニメなどのサブカルチャーと、日本の音楽シーンを掛け合わせた新たな日本文化の演出に、会場はもちろん世界の人々を魅了しました。

2020年の東京五輪では、文化庁や東京都が主体となる、日本の伝統的文化をアピールするスキームを企画しています。

昨年公開の映画「君の名は。」の中国での大ヒットのように、日本のクリエイティブ産業が国境を越えてアピールできることはすでに証明済み。経済産業省のクールジャパン戦略とともに、観光の目的としても認知されつつあるポップカルチャーを支えるこれらの産業もまた、2020年に向けた注目株です。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

外国人観光客の受け入れ数増加にあたり急務といわれるのが宿泊先の問題。東京オリンピックで急増する訪日者数を考えると、昨今話題に上がりがちな民泊への本格的な法整備も待ったなしです。シェアリング・エコノミーの代表的なサービスであるAirbnbを活用して働き方を見直す機会とする人も増えるのではないでしょうか。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
2020年の東京五輪に向けて上向きな産業とは:r000017002164 | PARAFT [パラフト]

EVENTS

働き方を見直す機会にも

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]