ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

建設業界の記事

東京五輪前後の建設業界における動向予想について:r000017002178 | PARAFT [パラフト]

2017.02.06

建設業界の記事2017.02.06

人材不足が課題の建設業界

東京五輪前後の建設業界における動向予想について

keyword: 建設業界 東京五輪 仕事 都市開発 建設物

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年の東京五輪開催へ向けて、各方面で準備が進んでいます。そのうちの一つが建設業界。競技場や選手村の建設はもちろんのこと、世界中から人が訪れるので、宿泊施設をはじめとした都市開発が続いています。しかしこれらの需要は長続きするのでしょうか? 今回は東京オリンピック前後における建設業界の動向についてまとめていきたいと思います。

2017.02.06 文章 / PARAFT編集部

東京五輪へ向けて建設業界は市場成長が続いている

東京五輪へ向けて建設業界は市場成長が続いています。競技場や選手村など直接的な需要以外にも以下のような理由で、建設ラッシュが生まれています。

▼ 東日本大震災の復興需要

▼ 外国人観光客の増加にともなう宿泊施設の需要増加

▼ アベノミクスによる公共事業の増加

▼ 低金利を背景としたオフィスビルや商業施設の需要増加

このように様々な要因が重なり、今建設業界では需要超過の状態です。人手不足と賃金の高騰が生じ、工期が遅れ、住宅建築にまで影響が生じています。

なかでも外国人観光客の増加は著しく、2016年に日本政府観光局が発表した『平成27年 訪日外客数・出国日本人数』によると、2015年は前年に比べて47.1%増。東京五輪で訪れた外国人がリピーターになれば、高い水準で今後も推移していくと考えられます。

東京五輪後は国内需要の縮小、海外展開の拡大

東京五輪後に関しても建設業界への需要は一定程度続くと考えられています。先ほど紹介した五輪関係の施設に関しては多少落ち着くと仮定しても、建物の老朽化にともなう耐震補強工事や、リニア新幹線の建設工事といった需要が続いていきます。

また、大手ゼネコンに関しては海外からの案件が増えることも予想されています。日本は地震大国ということもあり、耐震面での技術は世界トップレベル。こうした技術は、新興国のインフラ整備などからニーズが高く、活用されてきているところです。

ただし、国内のインフラ整備に関しては不透明であることは確かです。公共事業に関しては、ときの政権の方針によっても左右されるため予想が難しいのが現状です。

一番の課題は人手不足の解消 仕事の魅力伝達が鍵

ここまで建設需要に関する話をしてきましたが、建設業界が抱える一番の課題は人手不足です。人手不足が続き、人件費が高騰しているというのも事業主としては痛手になっています。

そもそも少子高齢化が進み、労働力人口が減少している日本。なかでも建設業界は高齢化が顕著で、さらに女性労働者が少ないことも問題視されています。

この問題を解決するために、国土交通省と厚生労働省では、人材確保、人材育成、魅力ある職場づくりの推進といった対策・施策を進めています。また、国では建設雇用改善助成金制度も設けており、建設事業主が労働者の技能向上や雇用管理の改善のための経費を助成するものです。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

今回は東京五輪前後の建設業界の動向について考えてみました。今、建設業界は需要超過の状態で、人手不足に悩んでいます。今後の予測は不透明な部分も多いですが、耐震技術など日本の企業が持つ技術は優れています。長期的な面でも短期的な面でも、労働者をいかに確保していくかという点が大きなポイントになりそうですね。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
東京五輪前後の建設業界における動向予想について:r000017002178 | PARAFT [パラフト]

BIZ ETIQUETTE

人材不足が課題の建設業界

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]