clear
  1. 転職・応募に役立つ情報をいち早くゲットできる!
  2. 気になる企業に直接エントリーができるようになる!
  3. 履歴書・職務経歴書がカンタンに作成できる!

clear

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. ご入力いただいたメールアドレスが既にご登録いただいている
clear

clear

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

02.07

tue
PROFESSIONS

人材コンサルティング業界の記事

2017.02.07

人材コンサルティング業界の記事2017.02.07

よりよい転職の支援する

人材コンサルタントの仕事内容、働き方について

keyword: 人材コンサルティング業界 仕事内容 働き方 会社 人材コンサルタント

このエントリーをはてなブックマークに追加
人材コンサルタントとの接点というと、主には転職のタイミングです。また、人事部などで採用の仕事をしている場合も、人材コンサルタントと顔を合わせる機会が多いと言えます。企業と個人を繋ぐ仕事として、大変でありながらもやり甲斐のある魅力的な仕事です。ここではそんな人材コンサルタントについてまとめました。

2017.02.07文章 / PARAFT編集部

人材コンサルタントの仕事内容とは

人材コンサルタントは企業と個人を繋ぐのが仕事です。戦力となる人材を求める企業に対して、仕事を求めている個人を売り込むのです。そのためには企業側が求める人材の特性をしっかり把握していなくてはなりません。また、仕事を求める個人に対しては、資格や職歴、スキルなどからどんな働き方を提案すべきか考えます。

企業側がどんな人材を求めているのかは、直接出向いて取材をすることが大切です。人事担当者と面識があるかどうかで、自分が推薦する求職者に面接のチャンスが生まれることも珍しくありません。

求職者に対しては、転職に向けたカウンセリングを開いたりハローワークで相談に乗ったりします。その求職者が仕事に対してどんな希望を持っているか、どんなスキルがあるか、これらをしっかり知っておくことも大切です。

人材コンサルティング業界での働き方

人材コンサルティング業界には様々な会社があります。専門性の高い人材を紹介する会社もあれば、幅広い要望に応えるために多くの人材を抱える会社もあり、中には週末だけの限定的な人材コンサルタントとして働く人もいます。

人材コンサルタントとして共通していることは、幅広い分野の仕事内容への理解です。専門的なことやビジネス常識などもきっちり押さえておかなければならないので、日々の勉強も大切になってきます。特定の分野に精通することも必要な場合もありますが、多くの職種、職場のあり方など、現代社会でのその仕事について詳しく知っておくと良いでしょう。

また、超ベテランの人材コンサルタントとして、年齢を積み重ねた人が活躍している業界でもあります。

人材コンサルタントに向いている人とは

ある会社が人材を採用する場合、企業としては人件費という固定費を抱えることになりますし、募集や選考にかける費用もちろん入社後の研修から備品の手配・資産の貸し出しなど多くのお金が必要です。そのため、人材コンサルタントには、適した人材をピンポイントで紹介することが求められます。

また、求職者の立場から見ると、就職・転職は求職者にとって一生の仕事になるかもしれず、人材コンサルタントは人の人生の選択に関わっていることになります。就職という”結果”を急ぎすぎず、求職者の相談に乗りながらより良い仕事に就けるよう導くことが大切です。そうすれば、入社後のアンマッチを防ぐことができ、「長く勤めパフォーマンスを上げてくれる人材を紹介してもらえた」と企業からの評価も上がるでしょう。

つまり、目先の結果よりも信頼を高めたうえでの結果に重きをおける人が人材コンサルタントに向いているといえるでしょう。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

昔と違い現在は1つの会社で定年まで働かないことも珍しくありません。転職をスキルアップやキャリアアップの機会ととらえ、どんどん自分の価値を高めていく人も増えています。そうした人材を戦力を求める会社に紹介することで、会社にも求職者にもプラスになるというように、大きな価値を生み出していくのが人材コンサルタントとしてのやり甲斐と言えます。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。

“PROFESSIONS”

よりよい転職の支援する

RELATED POST