ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

日本の技術の記事

世界に誇れる日本の技術力! その理由、背景とは?:r000017002183 | PARAFT [パラフト]

2017.02.07

日本の技術の記事2017.02.07

日本が誇れる技術力

世界に誇れる日本の技術力! その理由、背景とは?

keyword: 日本の技術 世界の反応 理由 背景 国民性

このエントリーをはてなブックマークに追加
自動車や家電製品を始めとした日本ブランドの技術力の高さは、すでに世界中に知られるところとなっています。近代化にあたり、日本の技術は西洋の模倣だと揶揄されていたこともありましたが、現在はそんな声もすっかり聞こえなくなっています。世界の反応を変えた理由はどこにあるのでしょうか。日本の技術力の根っこにあるものとは?

2017.02.07 文章 / PARAFT編集部

鉄砲伝来から明治の殖産興業まで

歴史上、日本の技術力を飛躍的に発展させるきっかけとなったのは西洋文明の導入でした。古くは1543(天文12)年、種子島に漂着したポルトガル人による鉄砲伝来です。当時の種子島領主、種子島時堯は家臣に鉄砲製作法や火薬の調剤法を学ばせ、鉄砲の国産化を実現させました。このころすでに日本には優れた鍛工技術を持つ刀鍛冶がおり、その技術力により、迅速に普及したといわれています。

その後、長らく鎖国を行っていた日本ですが、幕末のペリー来航により、日本よりはるかに進んだ西洋文明を目の当たりにし驚愕します。そして明治維新後、欧米列強へ追いつけ追い越せとばかりに、殖産興業のスローガンの下、西洋技術を積極的に取り込みます。紡績や鉄道、造船といった事業を官営で行い、国を挙げて発展させました。

第二次世界大戦後の復興から高度経済成長期へ

第二次世界大戦での人的、資産的損害はかなり大きいものでした。戦後すぐに日本で生産された工業製品はまだ品質が悪く、海外に輸出しても「安かろう、悪かろう」と相手にされないような状態でした。

1960年代に入り、発展途上国が世界貿易に参加するためには、技術移転や開発により製品の質や量の向上を図る必要があるという考えが広まり、発展途上国は技術移転要求をするようになります。日本も欧米の工場を視察し、技術を習得し日本に持ち帰りました。この技術移転は、勤勉さや器用さといった日本人の国民性も手伝い、国内の技術に発展をもたらし、先進国の仲間入りをすることができました。そして、国際市場において競争力をつけるために常に技術革新を進めてきた民間企業の努力により、日本の技術力は高く評価される結果となります。

医療や環境の分野でも注目される日本の技術

かつては、自動車や家電製品といった分野で名を馳せた日本の技術ですが、昨今は医療の分野においても優位性が認められています。大腸内視鏡の挿入技術や小さな大腸がんを見つける技術など、日本の内視鏡技術は世界のトップにあるといっても過言ではありません。すでに、内視鏡治療において優れた技術を持つ医師が世界各国で指導や講演を行い、技術の普及に努めています。

また、水インフラ技術においても、日本は注目を集めています。産学共同で開発された海水淡水化技術が中東のサウジアラビアで導入されることになりました。これは逆浸透膜を使い、海水を淡水化する技術です。塩分と水の分離を可能にしたこの逆浸透膜は、日本の繊維技術の高さを物語っています。環境省が発行した『平成22年版 環境白書、循環型社会白書、生物多様性白書』によると、地球上の水のうち、約97%が海水で、飲料水に使える真水は0.01%しかありません。人口増加や深刻な水質汚染など、水の需要が増える要因は世界各地にあり、今後も市場規模は拡大すると予想されています。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

始まりが西洋技術の導入であったとしても、それを習得し、改良を重ねて独自の技術とすることは日本のお家芸といえるでしょう。その背景にあるのは、繊細な技術を要する職人としての技であり、工夫を得意とする国民性でもあります。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
世界に誇れる日本の技術力! その理由、背景とは?:r000017002183 | PARAFT [パラフト]

OTHERS

日本が誇れる技術力

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]