ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

広告代理店の記事

日本とどう異なる?アメリカの広告代理店の特徴:r000017002184 | PARAFT [パラフト]

2017.02.02

広告代理店の記事2017.02.02

広告業界とメディア成長の歴史?

日本とどう異なる?アメリカの広告代理店の特徴

keyword: 広告代理店 アメリカ 転職 海外 広告

このエントリーをはてなブックマークに追加
グローバル化する現在、海外で展開する際に広告戦略を立て実行するためには、現地の広告代理店とともに仕事をする機会もあります。日本では高給で華やかなイメージのある広告業界。海外の広告代理店はどういったビジネスをしているのでしょうか。アメリカの広告代理店の特徴をみていきましょう。

2017.02.02 文章 / PARAFT編集部

世界最大規模のアメリカの広告代理店

2016年5月にアドエイジ・エージェンシーが発表した『2016年度エージェンシーレポート』によると、世界で最も大きい広告代理店はイギリスのWPPです。2015年度売上金額では2位に30億ドルの差をつける圧倒的な規模となりました。

そんなWPPに次ぐ、世界2位の広告代理店がアメリカ・ニューヨークに本社を置くオムニコム・グループです。第3位はフランスのピュブリシス・グループ、そして4位にはまたもやアメリカのインターパブリック・グループがランクインしています。日本一の電通は世界ランキングでは5位となりました。

どの企業も世界展開しており、合併や買収によって他分野の子会社を傘下にもつ大企業です。ランクインしたアメリカの2社の業績を見てみると、オムニコム・グループの2015年度の売上高は151億3,400万米ドル、インターパブリック・グループが76億1,380万米ドル。1ドル115円のレートで計算すると、オムニコムの売上高は1兆7,404億1,000万円となります。膨大な金額ですね。

アメリカの広告代理店の立ち位置

広告代理店の仕事の始まりは、メディアとクライアントの仲介代理をすることでした。日本の広告代理店の多くはメディアがもつ広告枠を企業に売ることが収入の大きな割合を占めますが、アメリカの広告代理店はその逆、クライアントの代理となりメディアから広告枠を買うスタンスをとります。

そのためアメリカのように“クライアントの代理”という立場になると、そのクライアントとライバル関係にある同業他社を扱うことをしません。日本のスタイルでは広告代理店がメディア側に立つことから、広告枠の買い手として同業複数社と取引を行うこともあるため、広告代理のスタイルが大きくことなることが分かります。

アメリカの広告代理店のポリシーと役割

アメリカ最大の広告代理店であるオムニコム・グループは、100を超える国々に展開し、5,000社を超えるクライアントを持っています。広告はもちろん戦略的メディア・プランニング、デジタル&インタラクティブ、ダイレクト&プロモーション・マーケティング、パブリック・リレーションズ、その他の専門的コミュニケーション・サービスまでと、幅広い業務を行います。

またオムニコム・グループは「世界をより良いものに変えるために創造的な才能と財源を使い、コミュニティのよりよい未来を作り出すために、時間と想いと資源を使う」というポリシーを掲げています。労働環境としても、人種の違いといったものを尊重し合うことで強みに変えていくという考え方があり、様々な人々がそれぞれの個性を活かして働くことができ、転職先としても人気のある企業となっています。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

アメリカのCMの中には1分近くあるミニドラマのようなものや、他社製品との比較がはっきりしていて対決ゲームのようになっているものも。広告にはその土地らしさや風土が表れることがよく分かります。グローバル展開する企業であるからこそ、その地域に関する情報をもった人材が活躍するチャンスがあると言えます。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
日本とどう異なる?アメリカの広告代理店の特徴:r000017002184 | PARAFT [パラフト]

OTHERS

広告業界とメディア成長の歴史?

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]