ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
イベントにまつわる「主催・共催・協賛・後援」の違いとは:r000017002195 | PARAFT [パラフト]

出典:Pexels

イベントの記事

イベントにまつわる「主催・共催・協賛・後援」の違いとは:r000017002195 | PARAFT [パラフト]

2017.02.09

イベントの記事2017.02.09

イベントの関わり方で変わる名称

イベントにまつわる「主催・共催・協賛・後援」の違いとは

keyword: イベント 主催 協賛 共催 後援

このエントリーをはてなブックマークに追加
イベントでよく耳にする、主催や共催、協賛などの意味にどんな違いがあるかご存知ですか?主催は何となく分かりますが、どの順番で偉いのか、お金を出しているのは誰なのか気になっている人もいるかもしれません。 今回はイベントにまつわる仕組みとキーワードについて調べてみます。

2017.02.09 文章 / PARAFT編集部

イベントを開催するのは主催です

出典:Pexels

まず分かりやすいところでは、イベントをメインで開催するのは主催です。主催とはそのイベントの中心となって企画、運営を行う個人や団体のことを指します。つまりイベントの責任者にあたります。例えば東京ガールズコレクションで説明しますと、主催は、東京ガールズコレクション実行委員会になります。

主催が複数になる場合、共催という言葉を使います。共同開催という場合もあります。まれに主催が複数いたり、主催と共催が並列しているイベントもありますが、どちらも実際には共催が正しい表現となります。

一般的にイベントの責任を負うのは主催、共催になります。後ほど説明しますが、協賛、後援の場合は基本的に責任を負う立場ではありません。

協賛はどの程度イベントに関わるのか

出典:Pexels

協賛はいわゆるスポンサーと同じ意味です。テレビで、ご覧のスポンサーの提供でお送りしました、というセリフをよく聞きますが、そのイベントの趣旨に賛同し、お金やサービスやモノなどを協賛してくれる企業などのことです。協賛することで企業側にもメリットがあると判断された場合、資金協力や人的、物的協賛をします。最近ではパートナーということもあります。ただお金を出すというイメージのスポンサーよりもパートナーの方がより協力感が出るからです。オリンピックの協賛企業もパートナーと呼ばれています。

東京ガールズコレクションを例にとると、資生堂、OWNDAYS、相模屋、(以下略)とパートナーの名前が並んでいますが、最後に、※ランク別・50音順、と注意書きがしてあります。つまり、資生堂が、協賛ランクのなかで一番上だということが分かります。

後援とは何を後ろから応援するのか

出典:Pexels

例として挙げている東京ガールズコレクションでは、後援は、観光庁、渋谷区、国連の友Asia-Pacific 、と国家規模で後援されています。

しかし、後援というのは実際には運営に関わることがなく、公共性の高い公共団体などが名を連ねる場合が多いです。イベントの箔付けや格上げに名義を貸すというケースも見受けられます。

他に、特別協賛、特別後援など、頭に特別をつけられている場合、他の協賛、後援よりも比較的多く金銭的、物的提供をしています。協賛額の格が違いますよということを示しています。

また、協力、というケースもありますが、協力の場合は資金提供よりも人的に運営に協力したり、場所を提供した場合に使われます。協賛よりもお金がかからない応援と考えるとわかりやすいでしょう。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

イベントによく出てくる言葉を解説してきましたが、まとめてみますと、主催もしくは共催>協賛>後援>協力の順番でイベントに深く関わっていることになります。次回参加したイベントでこれらをチェックしてみてはいかがでしょうか。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
イベントにまつわる「主催・共催・協賛・後援」の違いとは:r000017002195 | PARAFT [パラフト]

EVENTS

イベントの関わり方で変わる名称

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]