ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

設備投資の記事

企業が設備投資を行う目的とは:r000017002201 | PARAFT [パラフト]

2017.02.09

設備投資の記事2017.02.09

企業発展に欠かせない設備投資

企業が設備投資を行う目的とは

keyword: 設備投資 税金 中小企業 会社経営 工場新設

このエントリーをはてなブックマークに追加
商工中金が2016年に発表した 「中小企業設備投資動向調査」によると、2016年度中に設備投資を計画した中小企業は42.7%います。景気との関係も密接な設備投資、企業は何のために、どういった投資を行っているのか、税法上の優遇などのメリットはあるのかご紹介します。

2017.02.09 文章 / PARAFT編集部

企業が設備投資を行う要因と目的

設備投資は、企業が成長していくために欠かせないものです。現状を維持するためにも設備投資は必要ですが、生産力を高めるために不可欠となります。上述の調査によると、2015年度に設備投資を行った企業の投資目的は、46.5%が「設備の代替」、26.6%が「維持・補修」で、現在ある設備に対する必要不可欠な処置が上位を占めています。3位に来るのが、「増産・販売力増強」で新たなアプローチのためのものとなっており、この項目は、国内向け、輸出向けともに増加しています。2016年度に計画されている設備投資では、新たな行動に向かう設備投資として、「新製品の生産」が7位に入っています。逆に、「合理化・省力化」「地球環境問題への対応」は、割合を減らしています。

企業が行っている設備投資の内容

どういった設備投資が行われているかというと、日本政策銀行が2016年8月4日に発表した『大企業の全国設備投資計画調査』によると、自動車など輸送機器メーカーでは、「環境・安全・快適性を高める新技術を活用した自動車のモデルチェンジ対応や生産効率化に向けたライン改革などの投資」、素材メーカーで工場新設を含む「新素材向け投資」、運輸関連では、「安全防災対策や東京オリンピック・パラリンピックを見据えた都市機能強化」、不動産業では東京圏を中心に、「国際ビジネス拠点・防災機能も備えた大型開発案件」などが増えています。研究開発や人材確保のための人的投資も広義の設備投資としてとらえられており、人材不足を受けて力を入れる企業が増えています。

設備投資で重要なのは費用対効果と経済性

上述の日本政策銀行による調査によると、「国内市場の成長が期待できないため」「財務体質強化を優先」といった理由で、設備投資を抑えている企業があります。設備投資は、実施した投資に見合う収益をあげられなければ、企業活動にダメージを与えてしまいますから、実施する際には費用対効果を見極める必要があります。生産ラインの改善や先端設備の導入といった、生産性をあげるための設備投資に関しては、「生産性向上設備投資促進税制」という制度があり、税金の優遇措置を受けることができます(2017年3月まで)。中小企業の設備投資を支援する制度である 「中小企業投資促進税制」は、その年の法人税額の20%を上限としてIT化や生鮮性向上のための設備投資額が税金から控除できます。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

設備投資は、企業活動を活性化させ、収益をあげるために有効な手段です。税制上の優遇措置も検討しつつ、費用対効果を計算して的確な設備投資を行うなら、企業の発展につなげることができます。人的資源に関する設備投資は、働きやすさを進めるもので働く側にとってもメリットがあります。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
企業が設備投資を行う目的とは:r000017002201 | PARAFT [パラフト]

OTHERS

企業発展に欠かせない設備投資

RELATED POST