ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
2017年の2月から開始!プレミアムフライデーとは?:r000017002202 | PARAFT [パラフト]

出典:Pixabay

プレミアムフライデーの記事

2017年の2月から開始!プレミアムフライデーとは?:r000017002202 | PARAFT [パラフト]

2017.02.10

プレミアムフライデーの記事2017.02.10

花金復活かプレミアムフライデー

2017年の2月から開始!プレミアムフライデーとは?

keyword: プレミアムフライデー 対象 経団連 働き方 経済

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年2月から実施される、プレミアムフライデーをご存知でしょうか。祝日ではありませんが、ビジネスマンにとっては仕事時間の短縮になるかもしれない、今までにはなかったような取り組みのことです。プレミアムフライデーの概要や、その効果、どんな企業や人が対象になるのかを見ていきましょう。

2017.02.10 文章 / PARAFT編集部

プレミアムフライデーとはなにか

出典:Pixabay

プレミアムフライデー は、経済産業省と経団連が連携して行う取り組みです。第1回目は2017年2月24日(金)を予定しています。

プレミアムフライデーとは、月末の金曜日の午後3時には仕事を終わらせて、余暇を楽しみ、生活を豊かにしようという活動です。

余暇の時間をどのように過ごすのかについては特に指定はありませんが、経済産業省と経団連が連携している取り組みですので、もちろん経済の活性化も狙っています。

プレミアムフライデーにはゆっくり買い物をしたり、外食をしたり、旅行に行ったりすることで、日本全体の消費活動が活発になることが期待されています。

また、長時間労働の見直しや仕事の効率化を進めるなど、ワークライフバランスのとれた働き方へ変革していくことも望まれています。

プレミアムフライデーの対象となるのは?

出典:Pixabay

プレミアムフライデーは、全国各地、業種も問わずに実施ができます。申請すればプレミアムフライデーのロゴマークも使えるようになります。ロゴマークはイベントやキャンペーンに無償で使えるという、プレミアムフライデーの普及を狙ったものなので、マークがないからといって、プレミアムフライデーが実施できないというわけではありません。

プレミアムフライデーは企業が自主的に実施します。ただ、経済産業省が実施を提案しており、「役所が休まなければ一般企業も休みにくい」との声もあることから、まずは一部の公務員からプレミアムフライデーが実施される可能性があります。

ちなみに、プレミアムフライデーなので金曜日を主軸にしていますが、業種によっては金曜日に休みを取るのは難しいこともあることから、前後数日間と幅をもたせて柔軟に時短勤務日を設定するよう呼びかけています。

プレミアムフライデーで何が変わる?

出典:Pixabay

プレミアムフライデーは、もともとアメリカのブラックフライデーを参考にして考えられています。ブラックフライデーとは、アメリカの感謝祭の翌日にあたる11月の第4金曜日に、小売店などが安売りをする日のことをいいます。アメリカでは、この日が最も消費活動がさかんになります。

それを参考にしているので、まず期待できるのが消費活動の活性化です。外食や食事、レジャーなど、仕事があるとなかなかできないことをしてもらおうというものです。

また、働き方を見直す機会になります。仕事を早く切り上げる必要があるので、仕事の進め方を考えなければなりません。これが効率化をはかるチャンスになります。

有給をなかなか取りづらいという企業にとっては、官民連携しての活動なので、休みやすくなるというメリットもあります。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

プレミアムフライデーは未知数の可能性を秘めた取り組みです。受け皿となるサービス業への負荷も課題としてあるでしょう。すぐに効果が出るかは分かりませんが、少なくとも、自分自身の働き方やワークライフバランスを見直すよいタイミングではないでしょうか。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
2017年の2月から開始!プレミアムフライデーとは?:r000017002202 | PARAFT [パラフト]

TIME

花金復活かプレミアムフライデー

RELATED POST

関連記事はありません

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]