ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

広告運用の記事

目的によって使い分けリスティング広告とディスプレイ広告の違い:r000017002222 | PARAFT [パラフト]

2017.02.13

広告運用の記事2017.02.13

違いを知っていますかWeb広告

目的によって使い分けリスティング広告とディスプレイ広告の違い

keyword: 広告運用 リスティング広告 ディスプレイ広告 リマーケティング Google

このエントリーをはてなブックマークに追加
Webページ上での広告手法として定着しているリスティング広告とディスプレイ広告。普段Webページを閲覧しているとあまり意識はしませんが、この2つの広告手法にはさまざまな違いがあり、それぞれに目的があります。 そこで今回はリスティング広告とディスプレイ広告について、その概要や目的、効果などについて解説いたします。

2017.02.13 文章 / PARAFT編集部

検索連動型広告として一般的なリスティング広告

リスティング広告とは、Yahoo!やGoogleなどといった検索エンジンを利用して特定のキーワード検索を行った際、その検索結果に連動して表示される広告のことです。テキストを主体として検索結果ページの上部や右部に表示され、広告であることが分かるように表示されます。

リスティング広告は、ユーザーの検索ワードに基づき、その結果を反映させる形で関連する広告が表示されます。したがってユーザーの興味や関心を惹きつける見出しを多く使用することでクリックされる確率が高まり、結果的に顧客獲得につながるという仕組みになっています。また、検索結果に上位表示させるSEOとは異なり、広告料を惜しまなければ必ず検索結果の上部に表示させることができるタイプのため即効性も高いといえます。

見込み客を獲得するディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、Webページ上に表示される広告のことを指します。例えばYahoo!のトップページの場合、右上部に表示される広告がディスプレイ広告です。リスティング広告とは異なり、Flashなど動きのある表現を使って目立つ広告を出せる点が特徴です。

このディスプレイ広告には特定のアドネットワーク上に広告を拡散するという手法が使われており、そのなかでも代表的なのはリターゲティングという配信方法です。リマーケティングと呼ばれることもあります。これは、ユーザーが過去に一度訪問したページをリスト化し、そのリストに応じて広告を配信する方法で、広告主から見ると、自社に興味関心があるユーザーに絞って広告を出せることとなり、顧客獲得率は高いといえます。

それぞれの特徴を見極めて広告を運用する

企業にとってはリスティング広告もディスプレイ広告も重要なマーケティングツールです。広告運用の際には、それぞれの特徴を見極めて少ない広告費で大きな効果を生み出す仕掛けが必要となります。

リスティング広告の場合、「そのキーワードで何かを探している人」なので、キーワードの設定が上手にできていれば「興味がある層」にリーチできます。

一方のディスプレイ広告ですが、こちらは「まったくそのことを意識しないでネットを見ている人」にもリーチしているものの、リスティング広告よりも目立つ表現なので、すごくおトクな情報の場合、「知らなかった人、意識してなかった人も振り向かせられる」という点で優れています。したがって、新商品の案内やお得なキャンペーン、あるいは関連商品の購入などを目的としてユーザーに訴えることとなります。

また、リスティングとディスプレイ両方を活用して、Webページにアクセスしたユーザーやアプリユーザーのリスト(リマーケティングリスト)をためて、リマーケティング広告を配信する、という手法もよく用いられる方法です。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

企業にとって今やWebページからの集客は無視できない手段となっています。リスティング広告とディスプレイ広告を巧みに使い分け、より多く、そしてより深い顧客とのリレーションシップを構築することがWebページ広告運用のカギとなるでしょう。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
目的によって使い分けリスティング広告とディスプレイ広告の違い:r000017002222 | PARAFT [パラフト]

OTHERS

違いを知っていますかWeb広告

RELATED POST

関連記事はありません