ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

企業城下町の記事

企業の盛衰が地方都市の盛衰に直結! 「企業城下町」とは?:r000017002227 | PARAFT [パラフト]

2017.02.14

企業城下町の記事2017.02.14

日立など大手メーカーのおひざ元

企業の盛衰が地方都市の盛衰に直結! 「企業城下町」とは?

keyword: 企業城下町 地方 働き方 メーカー 日立

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本には有名な企業城下町がいくつか存在します。企業名がそのまま都市名となった街も多く、有名なところでは、茨城県日立市や愛知県豊田市などを挙げることができます。今回は、この企業城下町の成り立ちや発展、ここに住む人たちの働き方、そして企業の盛衰に伴う街に変化について具体例を挙げながら説明します。

2017.02.14 文章 / PARAFT編集部

企業城下町が形成される背景とは?

まず、企業城下町とはどのような意味なのかを説明しましょう。企業城下町とは、特定の1企業がその街で事業を興し、企業の発展とともに事業所、工場、関連会社や下請け会社などが次々に設立され、企業の発展が街の発展に直結する状態となった自治体のことを指します。

多くは、高度経済成長期の地方都市によく見られる現象であり、トヨタ自動車のおひざ元である愛知県豊田市、日立製作所の発祥の地である茨城県日立市をはじめ、山口県宇部市の宇部興産、石川県小松市の小松製作所など、地名と企業名がイコールになっている街が多く存在します。また、地名と企業名に関連はありませんが、千葉県野田市のキッコーマン、福岡県久留米市のブリヂストンなど、企業の発祥地であり、その企業の盛衰が街の発展に大きく影響を与えた自治体は他にも数多く存在するのです。

鉱山の街から発展した茨城県日立市の歴史

では、具体的な都市を例に挙げ、その歴史を紐解いてみましょう。茨城県日立市は、元々日立鉱山のある鉱業都市でした。昭和に入り、鉱業から分離独立した日立製作所が大きく業績を伸ばしたことに影響を受け、日立製作所で働く労働者が増加し、関連会社や下請けの部品メーカーも次々と日立市に設立され、街の労働者の大半が日立製作所関連企業で従事することとなります。

日立製作所が本社を東京に移してからも、生産拠点としての工場は日立市に残り、操業。現在でも、市内には多くの日立関連工場が存在しています。しかし、不況に伴う企業再編の波を受け、いくつかの工場は閉鎖や移転してしまい、日立市の人口も1985年の20万6,074人をピークに減り続け、2015年には18万5,054人に減少しています。(引用元日立市ホームページより

企業城下町での働き方や、その問題点

企業城下町の場合、多くの住民がその企業や下請け企業で働くこととなります。企業城下町を形成する企業の多くは、重厚長大産業が多く、大規模な工場や施設などを保有しているため、多くの働き手を必要とし、企業の盛衰がその自治体の税収や住民の生活に直結することとなります。

万が一、その企業が業績不振などの事態に陥った場合、リストラや工場の海外移転などによって住民の多くが職を失うこととなり、街が急速に衰退します。企業城下町の場合、美術館や病院などもその企業の資本で運営されている施設も多く、また住民もその企業に依存した働き方をしているため、生活を維持していくためには街を出るしか方法がないといった事態に陥ることもあります。つまり、企業城下町では、企業の危機が街の存続を左右してしまうことになるのです。

そのような状況を打開しようと、近年、茨城県日立市の下請け企業の間では、自立を模索する動きが活発だそうです。日立市内には、日立製作所と直接・間接に取引がある企業は数百社ほどありますが、例えば、エレベーターのモーターなどを日立製作所に納めてきた茨城製作所は、非常用電源などに使える高効率な小型水力発電機を、初の自社製品として2013年12月に発売しました。また、自立を目指すのは企業ばかりではなく、日立市は、地域再生コミュニティビジネス推進協会(東京都新宿区)と組んで、住民らが事業を通じて地域課題を解決するコミュニティビジネスの起業支援を2012年度から開始し、事業計画を選考し、優秀なものは支援金や専門家の助言で支えているそうです。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

このように、企業城下町は安定と脆さの両方を兼ね備えた自治体であると言えます。近年、産業の空洞化とともに企業と命運を供にするような都市の衰退が各地で見られ、企業城下町から脱却する方法を各自治体が必至に模索しています。これからの自治体には、一企業だけに頼らない自立や、例えばドローン特区となるなど最先端技術の誘致や移住者受け入れの強化など、多角的な施策が求められているのではないでしょうか。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
企業の盛衰が地方都市の盛衰に直結! 「企業城下町」とは?:r000017002227 | PARAFT [パラフト]

OTHERS

日立など大手メーカーのおひざ元

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]