ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

プランタン銀座の記事

プランタン銀座閉鎖から消費者動向を読む:r000017002237 | PARAFT [パラフト]

2017.02.15

プランタン銀座の記事2017.02.15

働く女性を取りまく環境に変化?

プランタン銀座閉鎖から消費者動向を読む

keyword: プランタン銀座 OL ファッション 消費低迷 主婦層

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年3月15日、銀座の一等地にオープンするマロニエゲート銀座2&3は、2016年12月までプランタン銀座が営業していた場所。OLファッションの聖地とまでいわれたプランタン銀座が閉店した背景には何があったのか、どんな戦略をもってマロニエゲート銀座として生まれ変わるのか……。気になるアレコレ、調べてみました。

2017.02.15 文章 / PARAFT編集部

一流ブランドのニュープレタ服がOL必需品だった80~90年代

プランタン銀座が開業したのは1984年のこと。今でこそ、OLがオフィスに着ていく服としてユニクロやH&M、ザラなどのファストファッションで事足りますが、当時発売された『CanCam』『JJ』『ViVi』といったいわゆる赤文字系雑誌のバックナンバーを見てみれば、ニュープレタ服・一流ブランド・デパートのファッション、といったキーワードが並びます。OLは会社に着ていく服に今よりずっと、コストをかけていましたし、そうせざるを得ない環境でもありました。

そんなOLたちにとって、プランタン銀座は最新のファッションが並ぶトレンドの発信地でした。

一流ブランドからかわいいプチプラ服へトレンドが変化

時代は移り2000年代後半になってくると、OLファッションに変化が起き始めます。前述の赤文字系雑誌のキーワードにも、プチプラ(プチプライス)・賢いオシャレ・安くてかわいい、といった文字が目立つようになります。

リーマン・ショックで景気動向も不安定、上がる気配のない給料、夫婦共働きが約半数を占めるなど、未来の経済的不安が、これまで人気を博したニュープレタ服や一流ブランドのバッグにかけるコスト減少に拍車をかけることとなりました。

また、ボディコンシャスなスーツにワンレングスといった服を求める傾向も薄れ、会社にもカジュアルな服装で出社できるようになってきたことで、プランタン銀座の特徴でもあったコンサバファッションから遠のく若い女性が増えることに。

マロニエゲート2&3は、雑貨中心のラインナップで勝負

世の流れに合わせプランタン銀座にもユニクロや主婦層に人気のニトリが入店しましたが、プランタンはそもそも、フランスの歴史ある百貨店・Printemps(プランタン)社と商標登録を結んで営業していました。プランタン社は、高級ブランドのテナントを入れてほしいと要求するものの両者の思惑は合わず、契約解除となりました。

新たにオープンするマロニエゲート2&3の出店予定のラインナップを見ると、ファッションの中でも衣類よりもバッグやコスメといった雑貨が主体の展開になるようです。プランタン銀座にも出店していたニトリ、ユニクロのほか、屋上階ではThe 銀座 de フットサルというフットサルコートは継続して営業を続けています。

果たして銀座OLにとっての新たな聖地となれるのか、今後の動向に注目です。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

閉店間際のプランタン銀座は、有楽町マルイが入るイトシアやルミネ有楽町といった若い女性が溢れるファッションビルや、ハイブランドのショップが並ぶ百貨店に対して、強みが見えにくくなっていたのかもしれません。マロニエ通りに再びオシャレな女性たちが集まる日が来るのか、楽しみにしたいですね。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
プランタン銀座閉鎖から消費者動向を読む:r000017002237 | PARAFT [パラフト]

OTHERS

働く女性を取りまく環境に変化?

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]