ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
可処分時間を有効に使って余暇や学習の時間を持つという働き方へ:r000017002238 | PARAFT [パラフト]

出典:Pixabay

可処分時間の記事

可処分時間を有効に使って余暇や学習の時間を持つという働き方へ:r000017002238 | PARAFT [パラフト]

2017.02.14

可処分時間の記事2017.02.14

サヨナラ!長時間労働

可処分時間を有効に使って余暇や学習の時間を持つという働き方へ

keyword: 可処分時間 働き方 長時間労働 生産性 余暇

このエントリーをはてなブックマークに追加
働き方の多様化に伴い、ワークライフバランスを追究し時間的な余裕を重視する人が増加しつつあります。仕事や睡眠、通勤など、毎日決まって費やさなければならない時間は誰にでもありますが、それ以外のいわゆる自由時間をどう過ごすかは人それぞれ。今回はこの自由な時間の過ごし方にスポットを当ててみます。

2017.02.14 文章 / PARAFT編集部

1日の中で自由に使える時間のことを可処分時間という

出典:Pixabay

1日は24時間です。これは全人類共通の条件であり、人間はこの24時間をどう使うかを工夫して生活しています。多くの人は家族を持ち、あるいは仕事や学業を持ち生活しており、一定の睡眠時間を必要とするため、自分の自由に使える時間は限られています。

この仕事や睡眠など生活のために必要不可欠なことに費やす時間を除き、自分の意思で自由に使える時間を可処分時間と呼び、可処分時間の使い方で人生の充実度が変わってくるのです。

可処分時間の時間数は人によって異なります。一般のサラリーマンを例にとると、普段から残業が多く長時間労働の環境で働いている人は可処分時間が短くなりますし、逆に定時で業務が終了し職住近接の環境にある人の可処分時間は長くなります。

可処分時間に何をしているかで人生が変わる?

出典:Pixabay

このように、可処分時間は自分で何をするかを決めることができる時間であるため、この時間の使い方が人生の豊かさや将来を決めると言っても過言ではありません。

多くの人は友人と会って話をしたり、テレビやDVDを見たり、あるいは趣味などの余暇の時間に充てます。中には資格取得のための勉強時間に充てたり、見聞を広めるために交流会やセミナーに参加したりする人もいるでしょう。

要は、この可処分時間に何をやるかという目的意識を持つことが大切です。将来の自分への投資と定義したり、仕事のストレスを解消し心の健康を保つ時間と定義したり、あるいはさらなる高みを目指して自己研鑽に励むといった具合に、可処分時間に意味を持たせて過ごすことが大切なのです。

1日の可処分時間を増やす工夫とは?

出典:Pixabay

サラリーマンの可処分時間は、多くの場合勤務時間に左右される傾向にあります。職場と自宅を往復する通勤時間や残業の時間を削減できれば、可処分時間がぐんと長くなるのに!…という人が大半なのではないでしょうか。

政府主導の働き方改革が現実味を帯びて来たいま、在宅勤務やリモートワークは可処分時間を増やす一つの手段となるかもしれません。また、残業時間に制限を設ける動きも出てきているので、ここ数年で働き方を”変えざるを得ない”人も急増するでしょう。それをチャンスと捉え、可処分時間が増えればスキルアップや人脈構築といった「未来の収入の糧」を得ることもできるのではないでしょうか。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

世界的なIT企業の創業者には、1日5時間をインプットに当てると公言した人もいます。つまり、本を読んだり、自主研究をしたり、技術者であれば実験をしたりなど……。知的好奇心を満たす時間を多く持つことで、次のビジネス・イノベーションの芽を自ら生み出し、収入につなげるという好循環を維持するという生き方は、見習いたいものですね。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
可処分時間を有効に使って余暇や学習の時間を持つという働き方へ:r000017002238 | PARAFT [パラフト]

TIME

サヨナラ!長時間労働

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]